話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。

克全

第4話:後始末

「お邪魔にならないように逃げますよ」

 ありがたいことに、パトリシアは素直に逃げてくれました。
 彼女の目から見ても私たちが優勢なのでしょう。
 私たちが劣勢だったら、刺客に手を貸していた可能性もあります。
 仮想戦記版だとそう言うルートもありました。
 ただ私は十八歳までは殺されないはずなのですが……
 確かめるために危険を冒す気はありません。

「「「「「ギャッ」」」」」

 王家が抱えている刺客は最精鋭のはずですが、以外と弱いです。
 クローディアたちは、我が家のにいる女性戦闘侍女の中では最強ですが、ここまで簡単に勝てると気になりますね。
 父上や兄上を狙っては失敗しているので、生き残っている刺客のレベルが下がっている可能性もありますが、王妃が単独でやらせた可能性もあります。

「残っている二人は生け捕りにしてください。
 拷問して命じた人間を吐かせます」

 この世界が本当にゲームの世界なのか、それともゲームを元に作られた電脳世界や異世界なのか、私には分かりませんが、確かめるために死ぬ気にはなれません。
 どのような世界であろうと、圧倒的な力を手に入れて生き残るだけです。

「「グゥッ」」

「チィ、申し訳ありません。
 自害してしまいました」

 敵は刺客としての戦闘力は二流でも、覚悟だけは一流だったようです。
 拷問される前に自害する覚悟があるのですから。
 いえ、私の戦闘侍女が超一流なのでしょう。
 だから一流の刺客が二流に見えてしまったのですね。

「クローディア、直ぐに学園に報告しなければいけませんね」

「はい、厳重な警備をしているはずの学園で、オードリー様が襲われたのです。
 学園長や警備責任者には厳しい罰を与えなければいけません」

 確かにその通りではありますが、下手に突くとブルーデネル公爵家に好意を持ってくれている者が追い出されて、王家に媚を売る者が増える可能性もあります。
 まあ、その辺はクローディアが上手く加減してくれるでしょう。
 それに、私が襲われたのですから、人事案も父上の意見が通るでしょう。

「ですが、この場から離れると刺客の遺体が持ち去られる可能性がありますね。
 誰か一人を使者にすると、その者が害される可能性もあります。
 何かいい手はありませんか、クローディア」

「その点は何の心配もありません、オードリー様。
 まず間違いなくパトリシア様が学園に知らせておられます。
 自分たちが刺客に無関係であることを、アピールする必要がありますから」

 言われてみればその通りですね。
 私とパトリシアが挨拶を交わしている時に偶然襲われたと言っても、貴族社会ではそんな言い訳は通用しません。
 噂好き、特に悪意を持った噂を流して、上位貴族を引きずり降ろそうとする者たちからすれば、格好の材料になりますから。
 
 パトリシアの祖父は現役の後将軍でしたね。
 後将軍職は、血筋と実力を考えればパトリシア父親が継ぐのが普通です。
 ですが娘が、いえ、グロヴナ公爵家が私を殺そうとしたという噂が流れれば、他の者が後将軍になるかもしれません。
 後将軍の座が欲しい者は、全力で悪い噂を流そうとしますからね。
 グロヴナ公爵家ができる限りの善後策を講じて言い訳をするのは当然ですね。

「オードリー様!
 おお、ご無事でしたか」

「悪役令嬢戦記:死ぬしかない悪役令嬢に転生したので、無双を目指す事にしました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く