話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

「お前女と話したことないだろ?」 と馬鹿にされたので、勢いで出会った美女に告白したが、なんと彼女は冒険者ランクSSでした
ファンタジー

連載中:5話

更新日:

「お前女と話したことないだろ?」 と馬鹿にされたので、勢いで出会った美女に告白したが、なんと彼女は冒険者ランクSSでした

  • あらすじ

     「お前女と話したことないだろ?」
     そう知り合いに笑われた。確かに、その通りだった。僕はひ弱で、身長も低くて、冒険者ランクもDと一番下。こんな僕がモテるわけない。けど、それが悔しくて、情けなくて、僕は勢いで、ギルドで一人お酒を飲んでいた美女に声をかけた。
     彼女は全く僕に興味を示さなかった。
     けど、拒絶もしなかった。僕が話しかけると何かしらの反応は示してくれた。僕は馬鹿だったと後悔している。
     僕は、その反応を見て、「いける」と思ってしまった。
     「あ、あの......好きです! 一目惚れをしました。付き合ってください!」
     その相手がその辺の女性だったら、
     「馬鹿じゃないの? 無理に決まってるでしょ」
     と断られただけで終わっただろう。
     しかし、僕は気がついてなかった。
     自分にギルド内の全ての視線が集中していることに。
     なぜなら、僕が声をかけたのは、
     世界に4人しかいない、SSランクの冒険者だったから。
     
     ※ちなみに、この世界には魔法もあるし、スマホとかも存在します。

「「お前女と話したことないだろ?」 と馬鹿にされたので、勢いで出会った美女に告白したが、なんと彼女は冒険者ランクSSでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品