話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

詩集/0

中山吉

迷子


いつも玄関前で

迷子の迷子のカギを探して

バッグの中をゴソゴソ漁っています


いつもレジ前で

迷子の迷子の財布を探して

バッグの中をかき混ぜ混ぜしています


ちゃんとそこに居てって

いつも言ってあるのに


迷子の迷子の君たちを探して

今日も私の指先が迷子です



「詩集/0」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く