話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Fog HOTEL

二重丸 大牙

第五章 犯人 ~2~







 意識を失っていた私は長い長い夢の中にいた。



その夢は不思議な感覚がするものだった。身体が動いている感覚はあるが、それは自分ではなく誰かの記憶を夢として投影されているのだと私が気づいた時、大きな屋敷の前に立っていたのだ。
その屋敷は、よく見るとホテルの面影を残しており、今よりは少し小さいが、それでも大きな庭が特徴的な屋敷だったのだ。


その屋敷の入り口の門の所で、私は男の人と立っていた。そして、少し離れた場所で5人の男が楽しそうに話していたのだ。
目の前の男の人にある事を伝えようと口を開いた。




「歩夢、あの屋敷には行かないで・・・皆にもやめるように言って
あの屋敷は危ないって噂があるのは知っているでしょう?」



私は、あれ・・・この女性は私?
姿は違うけど、意識が私と同じ気がする・・・
自分の中でこの女性と時間が進む中でシンクロしていく自分を感じていた。



私は、目の前の歩夢を必死で止めていた。
歩夢の腕をしっかりと掴み、離すと歩夢がどこかに行ってしまうような予感がしており
絶対に離さないと思いながら歩夢に頼んでいたのだ。



そんな私を見つめ少し困ったように微笑むと歩夢はあくまでも優しい口調で伝えてきた。



「本当に相変わらず心配性だな・・・みんなも一緒だから大丈夫だよ!
あと、女には分からないかも知れないけど、男には引けない事もあるんだよ」



そう言った歩夢の顔は、私が見ていた歩夢の顔と変わらなかった。
でも、少し寂しさや影のない顔をしている・・・・
これが人間の時の歩夢さんの顔なんだ・・・・



「本当に知らないからね、もう、何があっても心配しないから!」



私は拗ねて歩夢に背を向けた。


私はとてつもなく嫌な予感がしていた。
だから、とてもとても心配していたのだ。彼を困らせてでも屋敷に行かすことを止めさせたかったのだ。



そんな私に少し困惑そ、歩夢は少し躊躇したように考え込んでいたが、何かを思い出すと歩夢は顔を明るくさせた。



「そうだ、これを渡すのを忘れていた・・・」



そう言いながらズボンのポケットからあるモノを取り出してきた。背中で彼の様子が気になり私は横目でチラッと見ると、それはあの取り上げられたロザリオだった。



「ロザリオ・・・・・」



私の口は自然に動いていた。その私の言葉を聞きながら歩夢が優しく私の首にロザリオを通しながら



「父親が牧師の君には相応しいプレゼントだろ?」



そう告げると、私と唇を重ねたのだ。
そして嬉しそうに微笑む彼に、もう私は怒る気になれずにいた。
何を言っても彼は仲間と行くのだろ。
歩夢にとって、彼らは特別なのだから・・・・
子供の時から一緒に過ごしてきていた、言わば家族の様な存在に私が勝てるはずもない・・・・

そう理解した私は、少しだけ嫌味の様に大きな溜息をつくと



「本当に気を付けてね・・・・絶対に戻って来てね」




そう願いながら伝える私の頭を歩夢は優しく撫でると



「約束するよ!絶対に帰って来るから、待っててね!」



それだけ言うと私に背を向け、仲間のもとに走って行ってしまったのだ。




そして、みんなが屋敷の中に入って行くのを私は手を振りながら見送っていた。
扉が閉まるまで、一瞬たりとも目を離さずに見ていた。
そして、彼から貰ったプレゼントと共に家に戻ったが、私はやはり後悔する事になった。



あの時、何があっても止めていたら・・・・・




夜中に村に大きな騒音が響き、誰もが慌てて音の元にやって来ると
屋敷が崩れ果てていたのだ。
しかし、不思議な事に村人たちが歩夢たちを助けようと崩れた屋敷を必死で探したが、6人の姿はどこを探しても見つからなかったのだ。


村の人は神隠しにあったとか、悪魔に襲われたとか色々と噂をしていたが私には信じることが出来なかった、どうしても現実を受け入れる事が出来なかったのだ。
そんな私を胸に光るロザリオだけが支えていたのだった。


歩夢はもしかしたら生きているかもしれない・・・
どこかで生きているかも知れない・・・
何かの理由で帰って来れないだけかも知れない・・・



彼とした最後の約束を私は信じていた・・・



しばらくの月日が流れた頃、宣教師だった父がこの土地を離れ、他の場所で神の教えを広める事になった時も、私は一人この土地に残った。



彼をまだ信じていたから・・・・
もし、彼が帰って来るかも知れない、そんな時に私が居なかったら彼が悲しむだろ・・・
彼を愛していたから、どうしても忘れる事は出来なかった・・・・
どれだけの時間が過ぎようが思いが消える事がなかった。


彼が帰って来なくても神のもとで歩んでいくと決めていた・・・・
奇跡が起こるなら、神にすがりたいと願っていた・・・



父が去った後の教会で私は一人で生きていた。
一人静かに彼を思いながら、奇跡を信じながら・・・・



そんなある日の事だった、村に不穏な噂が流れ始めたのだ。



死人が夜に走り回っていると・・・・
死んだ村人には一滴も血が残っていなかったと・・・・


頭からフードを被った男が私に教えてくれたのだ。

『死人はあの屋敷からやって来ている・・・・
消えた男たちが死人となって、やって来ている・・・』



その男はそれだけ言うと、村人の間をすり抜けるように消えて行ってしまった。
その人は誰だったのだろか?疑問に思いながらも、その男の人の言葉に胸騒ぎがし
真相を確かめたく、私は勇気をだし屋敷に向かった。




そこで、私が目にしたのは屋敷の中で行方不明になっていた歩夢だった。
そして他の仲間も居たのだがその姿は一瞬で見て分かる死人だった。

そして、彼らは私の事を忘れ去っていたのだった・・・・





彼らは吸血鬼になり、村人の血を啜り、いつの間にか建て直っていた屋敷で暮らしていたのだ。



私は歩夢とまたこうして会えた事が、とても嬉しかった。
それこそ神の奇跡のように感じていた。
また、一緒に過ごせる事が何よりも嬉しかったのだ。



私と歩夢は、しばらくするとまた恋に落ちた・・・・
今度は誰にも許されない恋に・・・・
神に背いた恋に・・・・


だがしばらくの間は、彼と幸せな日々を過ごしていた。
彼らが欲する血をどうするべくか思案しながら、吸血鬼と人間が共に生きられる道を歩夢と探していた。



しかし、村人たちは違っていた。
吸血鬼の存在を恐れる村人たちは屋敷を焼き払い彼らを抹殺しようと計画していたのだ。
その事を、偶然に聞いた私は村人を説得しようと立ち上がったのだ。



歩夢と目指している未来・・・・
共存できる世界を信じて、村人を説得したのだ。
歩夢を助けたかったし、彼らを助けたかったから私は必死に訴えかけたが、その姿が余計に村人からすると異様に見えたのだろ。
私が彼らに取り込まれたと勘違いしたのだ。



そんな彼らを許せなかった村人は、いつもの様に私と会っている歩夢に銀の弾丸を撃ち放ったのだった。



私は、歩夢を二度と失いたくなった・・・・
それが神に背く行為になったとしても。
彼には生きていて欲しかったのだ、許しの来る日まで・・・・
何があっても生きていて欲しかったのだ・・・・



だから、私は躊躇せずに彼の前に立ちふさがり、歩夢を庇って銀の弾丸を受けた。




私の願いを届けたくって・・・・
二人で永遠を歩める日まで、今度は歩夢に待っていて欲しくって・・・



私の寂しかった思いや、苦しかった日々を・・・・
歩夢を待ちながら遠い空を見つめていた事を思い出しながら私は永い眠りについたのだった。








「Fog HOTEL」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く