話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Fog HOTEL

二重丸 大牙

第五章 渇き ~4~







 私は彼らから逃げのびて、ステンドグラスの部屋にやって来ていた。
ここを知っている人間は限られていると歩夢が言っていたのを思い出し、ここなら絶対に助かると思ってやって来たのだ。



ここは、本当に静かで落ち着く場所だった。
本当に部屋なのかと思うほど、外の空気を感じるのだ。
それが余計に私の感覚を狂わせている

私は、ゆっくり白い棺に歩いて近いた。
棺の周りの花は嬉しそうに綺麗に咲き誇っている。そう歩夢の愛のように・・・
これだけを見ても、二人の愛を感じられる・・・
愛し合う二人を思った瞬間、胸がチクッと痛む。そうこれは嫉妬だ。



ゆっくりと棺を開けると、中の少女は穏やかに眠っている。



「今にも起きそう・・・・」



私はポッツと呟いた。
彼女の寝顔を見ていると、私の頭に邪な思いが浮かんでは沈んでいた。もし彼女が目覚めることがないと気が付けば、歩夢は私に振り向いてくれるのだろうか・・・・?
でも、これだけ愛している歩夢なら待ち続けるだろ・・・
もし彼女より私の方が先に会っていたら・・・少しでも可能性があったのだろか・・・
私が頑張れば、もしかしたら・・・・


そんな馬鹿な事を考えている自分に恥ずかしくなり、静かに首を振り冷静になった。
あれから、どれぐらいの時間が経ったのだろか・・・
歩夢は無事なのか・・・・そう、心配した時だった、人の気配を感じ
やっと迎えに来てくれたのかと思い喜んで微笑んだが、私の目に映ったのは歩夢ではなかったのだ。



「歩夢ではなくって、申し訳ない・・・・」



そう言って優は静かに頭を下げた。
彼の表情はいつもと変わらずに冷静だったが、どこか落ち込んでいる雰囲気が私には感じ取れた。



「あっ、あのぉ・・・何かあったのですか?」



優の表情は変わらない、だけど胸の奥から不安が沸き上がって来る
不安げな顔の私に優は一瞬だけ表情が悲しみに染まったが突如、全身全霊を込めて頭を下げたのだ。



「お願いします。どうか、歩夢と零士を助けてやって欲しい」



彼のその姿に鬼気迫ったものを感じた。
きっと歩夢に何かあったのだろ・・・
私は急いで、優に駆け寄より



「歩夢さんに何かあったのですか?」



彼から真意を問いただそうと必死になった。優の瞳は悲しみの色に染まっている。その様子に私は全てを察してしまい、悲しみのあまりに後ろに力なくフラフラと下がって行った。


歩夢さんに何かあったのだ・・・私を助けるために・・・



その事が私の脳裏にぐるぐると巻き込みながら走り回る、優は棺に寝ている彼女に目線を送ると静かに語りだしたのだ。



「私は、最初から反対していたのですよ・・・生きた人を愛する事を死人に許されているわけがないから・・・・」



優の言葉からは後悔の感情が流れ出ているようだった。
歩夢と彼女の恋は仲間からは反対されていた事が伺えた。



「俺は彼女にも伝えた、人間は食すだけの存在だから俺たちの前から消えろと・・・」



もし、私だったらと考えていた・・・
それでも、愛を貫く事が出来るのだろか・・・
歩夢は普通の人ではないのだ、今更ながら私はその事に痛感していた。




「しかし、彼女は言って来たのです。我々を救いたいと・・・歩夢を救いたいと・・・
その言葉で我々は、彼女を信じてみようかと・・・」



私には信じられない言葉だった。
ずっと私は自分の事ばかりを考えていたから・・・
彼に愛されたい・・・生い立ちが不幸だったから私はずっと寂しかったのだと・・・
いつも、自分が救われる事しか考えていなかったのだ。



私も眠っている彼女の方を向く。
愛情の深さを知った彼女の顔は、どこか誇らしげに私には映っていたのだ。
しかし、目の前の優の表情が一変して曇る



「そんな、彼女を村人は許さなかったのです。彼女を騙し心を奪った歩夢を憎み・・・
我々を倒せる銀の弾丸で歩夢を撃ち殺そうとしたのです」



私が知るはずもなかった、歩夢の過去に私は言葉を失っていた。
彼女が、こうして眠っている事実・・・
そんな事が起きていたなんて、私にはどう捉えていいのか分からなかったのだ。



「すると、彼女は言葉通りに歩夢を救うべく、歩夢を庇い自ら命を落としたのです」



そう、私に語ると話が終わった合図のように、棺を静かに閉めたのだ。
そして、私の方に向き直ると、真剣な瞳で私を見つめ思いつめた面持ちで



「今度は、貴女が歩夢と我々を救っては頂けないでしょうか?
もう、貴女の血に頼るしか方法はないのです・・・
どうかお願いします」



彼の思いが私の胸に伝わってくる。
彼は仲間を救いたく、私に助けを求めて来たのだ・・・
彼の言葉を聞き、私の心臓は大きな音を立て始めていた。
私の血が彼らを救う・・・
その言葉を聞き私の脈が波打ち始めたのだった。


私も、彼女のように・・・・
そう思うと胸が熱くなっていったのだ。
この私でも出来るのなら、彼女のように救いたい
そう決断した私は、自分がより闇の深みに沈むことも知らずに優の後に着いて行くことに決めたのだった。





「Fog HOTEL」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く