話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Fog HOTEL

二重丸 大牙

第一章 Hotel 〜1〜






 私は重くなった足を引きずりながら、
目の前の建物を見つめていた。
その年代を感じさせる堂々とした佇まいに身震いしてしまう



「これは・・・ホテル・・・?」



私は冷えた体をさすりながら、その建物の入り口を探した。



私は友達と計画を立てたこのキャンプを楽しみにしていた。
日が傾きキャンプ場がヒグラシの心地よい音色と幻想的なオレンジに包まれた頃
私は焚火に使う木材を調達するため、一人山に入った。

当初は、日が沈む前に戻る予定が突然の雷雨で方向感覚を失い
一人山の中を彷徨う事になってしまったのだ。

どれぐらいの時間を歩き続けただろうか
何かに導かれるように歩き続け
最後のオレンジが暗闇に覆われる頃日
木々の間から私を救うかの如く暖かな光が覗いた。

そうこのホテルの光が・・・・。




 私はホテルの入り口に辿り着いた瞬間
肩に重く得体のしれない何かがのしかかるような不安を感じた。




その不安から逃れようと
自然にホテルを去ろうと振り返ると
今まで歩いて来たはずの森がついに暗闇にのみこまれ森に引き返すのを阻止するかのように木々が動き不気味なうなり声をあげた。




私は唾を飲み込み、覚悟を決めると
もう一度だけホテルを見つめ力強く足を進めた。
今の状況から助かるために
この異様な雰囲気が漂うホテルを選んだのだった。








 大きく重い扉は嫌な音をたてながらゆっくりと開いた。やっとの思いで中に入いると
私は目に飛び込んできたその光景に息を呑んだ。
真っ赤にどこまでも引き詰められた絨毯
高価であろうと思える甲冑の飾りや
装飾が飾られているキャンドルスタンド
壁も大きな絵画で飾られていた。
場違いな場所に迷い込んだと感じながら



「すみませ~ん」



声も自然に小さくなってしまう



誰の返事も聞こえず薄暗い部屋の中を歩き奥へと進む
するとある事に気が付いた。



このホテルの明かりが、今の時代では考えられないが蠟燭で灯されているのだった。
見渡す装飾品もそうだが過去にタイムスリップしたような、不思議な空気を漂わしていた。



ロビー前に辿り着くと呼び鈴を鳴らしてみる。胸の奥から湧き出る不安を必死で抑えながら待つ。
しかし、どれだけの時間が経ったのだろか?
誰も現れず、人の気配が感じられない
明かりは灯っているのに、生きたモノの気配が感じずシーンと静まり返っている恐怖に身震いすると



「ようこそいらっしゃいませ。
お客様、当ホテルをご利用ですか?」



突如、私の前に色白の紳士が優しく微笑みながらロビーの前に立っていたのだ。
彼がいつ現れたのか分からず
動揺している私の顔を見ながら



「お客様、失礼でございますが……
ご予約の方では御座いませんね」



手元にある帳簿を見て少し困った顔をした。



「あっ、私は山で迷ってしまって・・・・」



私の言葉に優しく頷きながら彼は続けて話を進めた



「それは、大変で御座いましたね・・・」



彼の雰囲気も言葉も優しいのだが何故か漠然とした不安とともに私は彼に恐怖を感じていた。
その時だった、私の背後から



「あれ、優、飛び入りのお客様か?」



快活さを感じさせる男の人が声をかけてきた。



「恵吾、山で迷われたそうだ・・・・」



彼の言葉に、恵吾と呼ばれた男は納得した顔をしながら



「だから、そんな酷いカッコをしているのですね」



そう言いながらロビーに入って行く
彼の言葉に私は自分の服を見ると
先ほどの雷雨のせいで嫌に肌に張り付いた服に泥や葉がへばりついていたのだ。
突然、恥ずかしくなった私は急いで汚れを払いながら



「あっ、あのぉ・・電話を貸して頂けないでしょうか?」



彼らに頼みごとをしながら手が微かに震えているのを抑えられなかった
そんな私を見透かしているのか、彼らはクスッと笑うと



「昼間の雷雨のせいで、当ホテルの電話線が切れてしまい今は復旧を待っている状態なのです」



そう告げると静かに頭を下げた。



「なら、貴方の携帯を貸して頂けないでしょうか?私、ここに来るまでに落としてしまったようで」



必死に頼む私に、優と呼ばれた彼は冷たい瞳を見せ



「ここは山奥のために、電波は来ておりません。ゆえに、我々は携帯を所持しておりません」



その冷たい言葉に私は崩れ落ちるように力が抜けてしまい床に座り込んでしまった。



「・・・そ、そんな・・・」



乾いてない服が冷えた体を余計に冷やして行くのを感じ
助けを求めた先で受けた絶望に戸惑っていた。



その時だった。



「なぁ、俺さ、腹がそろそろ限界やねんけど・・・」



怠そうに言うと少しイライラしているのか乱暴に頭を掻き一人の男が現れた。
しかし、床に座り込んでいる私を見るなり



「あ、足りそうやわ・・・」



意味深にニヤリと笑ったのだ。




「零士 お客様の前で失礼だぞ!」



優は一喝するように言うと
ロビーからゆっくり出て来き私の前に立ち止まった。



「お客様、こちらからのご提案なのですが・・・」



落ち着いた声で話しかけてきた。
彼の言葉で私の顔が上がるのを確認すると



「今夜は当館でお休みになり
明日の復旧を待って
ご連絡をされてはいかかでしょうか?」



彼の提案に私の心に希望が生まれる。



「えっ、良いのですか?でも私、あまり持ち合わせがなくって・・・・」



そう言いながら、慌てて鞄を開けお財布の中身を確認しようとすると
優と呼ばれていた彼が、私の鞄に手を添えた。
驚き彼の顔を見ると



「大丈夫ですよ、助け合いってことでね!」



恵吾と呼ばれた彼が優しく微笑みながら言うと優もあわせて微笑んだ。


彼らの気持ちと好意に私の心が動揺していた。



「あと・・・・その様子では、身体も冷えているでしょう?体調を崩しても大変ですし・・・」



零士と呼ばれた彼も、私に微笑みながら言う。



「本当に良いのですか?」



私は藁にも縋るすがる思いだった。
先ほど歩いて来て、家など一軒も見てないのだからここを出れば確実に、野宿だろう・・・・

しかし・・・・・
何故か、私の心がざわついているのだ



「どうか今夜は、当館でお過ごしください」



そう言いながら零士は微笑んでみせる。
その時、その後ろに下がって行った優が
口角を下品に上げて笑ったのを私は見逃さなかった。



外の闇に出ていく勇気のない私は
力なくゆっくりと立ち上がると



「お金は帰ってから、必ずお支払いしますので今夜はどうぞよろしくお願いいたします」



その言葉を聞いた瞬間、三人は同時に頭を下げ



「Fog Hotelにようこそ。お客様へ最高のおもてなしをさせて頂きます。」



声をあわせて言った。
驚いている私の前で優は綺麗な右腕を上げると指をパッチと鳴らした。
その音と同時に私の背後から



「お部屋にご案内させて頂きます。お荷物をどうぞ。」



いつ現れたのかも分からない、背の低い男の人が私の荷物を預かろうと手をだして待っていた。
またしても、気配が感じられない従業員に驚きながらその男の人に荷物を渡す。



「青空、特別室で・・・・」



優は背の低い彼に言うと、静かに頷いた。



「ちょっと待ってください。そんな高級なお部屋では、お支払いできないので普通のお部屋に変えてください!」



慌てて言う私に、優は静かな声で



「これも、何かの縁です。お代は通常のお部屋でかまいませんので我々の歓迎の気持ちと思って頂きごゆっくりお過ごしくださいませ」



本来なら、嬉しいはずの彼の言葉
何故か、私は納得できずにいたが



「お客様、こちらでございます・・・」



青空は言うなり部屋へ案内するために歩き出した。私は慌てて彼の後を追う。




そう、私は知らなかったのだ。
これから起こる恐ろしい夜を・・・。
運命に苦しめられることを・・・・。
私の未来がこのホテルで決まることを・・・・・。
















 優は、青空が客を連れて行く後ろ姿を思案顔で見送っていた。
頭脳明晰なリーダー的存在であり、今後の計画を綿密に組み立てていたのである。
二人の姿が消えたのを確認するとカウンター奥に隠された部屋へと進んだ。



その部屋は薄暗く、本棚や従業員の休憩に使われるソファーが
無造作に並べられていただけで、窓はないが不思議と圧迫感を感じさせない。
優が静かにその部屋の扉を開くと5人の男がいた。



奥のほうに隠されたように置かれた長ソファーに、寝ている男が
静かに目を開き



「あの客を受け入れたんや・・・・」

とポツリ言葉をこぼした。

その言葉を聞き優は小さく笑った



「光、寝てなかったのか?
客が居ないと寝ているお前が起きているのは珍しいな」




光と呼ばれた男も笑いながら



「不吉な臭いがしていたら、目も覚めてしまう・・・・のんきに寝てはられないだろ?」



感の鋭い光はそう言いながら鼻をこすった。
優はゆっくりと部屋の中を歩き
空いている場所のソファーに腰を掛けると



「そろそろ、みんなも限界のタイムリミットだよな」



優の言葉に、零士が口元で光る歯を見せながら



「たまらん、あの香り・・・・
今すぐにでも喰らいたい・・・・」



客を思い出すかのように呟くと
寝ていた光が身体を起こし




「あの女から、嫌な感じがするのは
俺だけなのか?誰も何も感じないのか?」



そう仲間に問いかけた



「光、お前も感じているのだな・・・
何かが起こりそうな予感を・・・・」



光と優は顔を見合わすと、どちらともでなく頷いた
互いに理解が出来たという合図のように
しかし、壁を叩く大きな音と共に



「どういう事か、ちゃんと説明しろや!」



理解の出来ない零士は怒りをあらわに怒鳴り散らした
こうした零士の衝動的な行動をなだめるのが恵吾であり、
仲間から相談役として認められている所以である。
二人を睨みつけるが、零士をなだめようと恵吾は零士の肩を軽く叩きながら



「まぁ、まぁ、落ち着けって・・・・
今夜の事は今までなかったことやから
誰もが驚いて戸惑っているのと違うのかな?
俺はそう思うけどな」



その言葉に零士は大きなため息をついた。
その音を聞き男たちは小さく笑った。
しばらくの間、誰の口を開かなかった。
無言の空気が流れ、誰もが今夜の事を考えていた時だった。



「俺は、審判の日が来た気がする・・・・」




光の発言にざわめきが起こった。



「審判か・・・・・」



優は考えるように言った。
すると部屋の隅の暗がりに立っていて今まで何も発言しなかった男が
ゆっくりと歩み寄って来た。




「この身体の俺たちの存在と行為の審判だね・・・」




そう寂しそうに自分の右手を胸に当てながら仲間に言った




「歩夢もここに居たのか・・・・
相変わらず、存在を消すのが上手いな・・・」



優は声をかけて来た歩夢に尋ねると
誰よりも信心深い歩夢は無言で微笑んで見せた。




「その審判って事は・・・
僕たちの存在が消えてしまうってことだよね・・・」



歩夢が出てきた暗闇から後を追うようにもう一人の男が現れた。
しかし彼は不安げでみんなにすがるような表情だった。
そして、仲間の言葉に恐怖し身体を震えさせていた。



「快、笑わせるなって!俺らがなんで消えなアカンねん」



零士は吐き捨てるように言う
心の優しい快は瞳を伏せながら立っている、どう答えて良いか分からないのだろう



「それは、俺らが罪人だから・・・・
この日が来るのを誰もが知っていたはず?」




光は何故かこの状況が楽しいのかのように笑いながら仲間に言う。
そんな光の前に恵吾は立つと



「俺は過敏にならなくても良いと思う!
ただの気のせいってかも知れないし、あの客は偶然に来ただけかも知れないだろ?
今の段階では答えはみつからないだろ?」




この場の空気を換えようと恵吾が仲間の前で明るく振る舞いながら説得をすると



「答えは分からないが・・・・
まぁ、いずれは来ると思っているし
それが今なのか、まだ未来なのか・・・・」



優は考え込むように呟いた




「もし、それが今だったら・・・・僕たちは、もうここでは暮らせないね
今すぐにでも逃げ出した方がいいのかも」



不安が爆発しそうな快に恵吾は寄り添うように並び、背中をさすると



「もう、話はここまでで終わり・・・
このままでは埒が明かないだろ?」


恵吾の言葉を、Yesの言葉の代わりに口をつぐんだ。
しかし、零士は頭を掻きながら



「なら、いつもの様にすればええだけやん
それで、何もかも問題は解決やん」



零士の言葉に男たちの中にざわめきが起こる
その中で優だけは嬉しそうに笑うと




「零士の言う通りかもな・・・・
もし審判の日ならそれに挑むとするか・・・・」



その言葉と同時に、彼の瞳が赤く光を放ったのだ。
そう獲物を見つけた獣の瞳のように・・・・・。





「Fog HOTEL」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

  • ゆうきち

    次が楽しみです

    0
コメントを書く