話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

追放から始まる成り上がり

時雨古鷹

領地

 奴隷を買った翌日。
 俺は王城に呼び出されていた。まあ内容は「お前に与える領地を考えるからこい」ということだ。

「ハルト準男爵、参上いたしました」

 陛下の執務室の扉をたたくと「はいれ」と言われたので入った。中に入ると書類の山が俺に向かって倒れてきた。俺は右にずれて押しつぶされることは回避したがたくさんの書類がちらばってしまった。

「これだから国が滅んだあとの処理が追い付かんのだ。ハルト拾いながら伝えるのは悪いが渡せる領地が見つからんのだ。どうすればよいかなとおもってな」

 そんなことかそれなら領地を増やせば解決するな。

「領地増やしたいですか?」

「増やせるなら増やしたいが…まさか戦争をしようとして」

 おっとそれ以上はいけない。俺は言葉を遮るようにして説明した。

「俺のスキルがあれば領地増やすことも可能ですよ。スキル【世界創造ワールドクリエイト】」

 俺は一回限りのユニークスキルを使用した。すると目の前に小さい扉が現れた。扉というより扉の形をした空間が現れその先に一面の草原が広がっている。

「これは夢でも見ているのか?草原が見えるのだが」

「夢ではありませんよ。俺のスキルで新たな世界を創りだしたのです。そこを俺の領地としてください。戦争難民は俺の領地で預かるんで」

 陛下は急いで領地登録に行き俺は帰された。まあ領地が増えたのだから当然だろう。まあ俺も人間卒業して神になってしまったけど。
 とりあえずで俺は世界を詳細に創るために地形をいじり深くなったところに海水を入れると小さな日本列島が五つできてしまった。もう一度やり直したら絶景になった。アルプス山脈みたいな地形が広がっているのを眺めながら俺は歌を詠んだ。

「青き空 自然あふれる この土地に 栄えたる街 ともに築かん」

 その瞬間さわやかな風が吹く。草が波打つように揺れる光景を目にしながら俺の意識は遠のいていった。

「追放から始まる成り上がり」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く