話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

追放から始まる成り上がり

時雨古鷹

宴会

「ハルト兄ちゃん、聞かせてくれよ!冒険談」

その日の夜村では宴会が開かれていた。もちろん主役は俺である。村のやんちゃな子供たちが絡んでくるので適当に相手をしながら、ご飯を食べていた。

「なあハルト。出稼ぎに行った結果はどうだ?」

父さんがそう聞いてくる。村の人たちもそれを知りたがっていたので答えた。

「それなりの成果はあったよ。それと改めて自己紹介をするね」

「なんで自己紹介をするんだ?」

そう呟いている父さんをよそに俺は立ち上がり前に出た。カイシスとレイネが俺の考えを読み取って左右についた。全員の視線が俺に集まる。

「改めて自己紹介を。Sランク冒険者のハルト準男爵です。そして左右にいるのは」

「ハルト様の専属騎士、Sランク冒険者のカイシスです」

「同じくハルト様の専属騎士、Sランク冒険者のレイネです」

3人あわせ礼をする。顔を上げると呆然と立ち尽くしている父さんたちがいた。

「S…ランク、冒険者だって…」

父さんがそう呟く。その言葉を機に村の人たちが騒ぎ出す。俺は安心してご飯を食べ始めると案の定、質問攻めにあった。その後の記憶は思い出したくもない。
翌日…。俺たちは王都に帰ることになった。

「また戻って来いよ」

そう言いながら涙を浮かべる父さんをよそに俺は見送りに来てくれた人たちに向き直った。

「そしたら半年後にまた来ます。もし魔物の大群がこの村を襲ってきたときには冒険者ギルドに依頼をお願いします」

そう言い残し俺は王都に向けて出発した。

その頃はるか東の大陸では1人の邪神が誕生していた。

「ようやく復活できたぜぇ。これでようやくすべての力を手に入れることができる。まずはこの大陸を支配しようか」

この邪神の名前はスシヌ。ハルトにより処刑されたスシヌの魂は憎悪や憎しみなどの負の感情をため込みすぎたことで身体を形成したのだ。
後に世界に大混乱を引き起こすことになる。

馬車の中ってすることないよね。この世界に邪神が生まれたことを知らないハルト…俺たちは王都への帰路についていた。

「追放から始まる成り上がり」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く