話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

ほんとうのハネムーンまで二十五時間〜丁々発止〜⑤

 
 私の強気な発言にも、ブラウンは沈黙しなかった。

「そうだね。では、陰たる君は光の助力が得られなかったら?」

 ブラウンが囁きながら、薄く笑みをうかべた。
 庶民を甘く見るな。
 コネはないけれど、庶民わたしには根性があるのだ。

「そんなの、助力が得られなかったら正攻法に決まってるでしょ? アポ取れるまで何十回も連絡しまくるわ。大体、私の仕事なのよ、透也くんだってヒマじゃないの。貴方なにを言ってるの?」

 私は首をかしげる。
 ブラウンと周りの男達、それとなぜか船長さん達もあっけにとられてる?

 くっくく……。
 透也くんも、私達夫婦のガードさん達も我慢をするのをやめたようだ。

「これでわかっただろう。貴君は僕の愛おしい妻を貶めたいようだが、彼女こそが光だと」

 透也くん、大げさ!

「どこかの貴族のように、己の誉れのために彼女は児童福祉を考えているんじゃない。僕の名声が高まるからではなく、本当に彼らの幸せを願っているからだ」

 内助の功も出来ない女と、他ならぬ夫に断言されてしまった。
 しゅん……。

「僕の円佳は、他人を幸せにしたいと考えることを『欲得』と考えるような女性なんだよ」

 優しい声とともにキスが頭に降りてきた。

「そろそろいいかな。回線を繋げ」

 透也くんの独り言のようなつぶやきに、回線を弄っていた一人が敏感に反応した。

 タブレットを慌てて覗きこむ、ハニーブロンド。
 いきなりブリッジの映像がライブ配信されたのだ。
 うろうろと目を彷徨わせた彼女はブラウンの姿を見るや、悲鳴をあげた。

『お兄様っ。私のお兄様になにをしてるの! トウヤ、不敬よ。ただちに解放させなさいっ』

 相変わらずドイツ語だ。
 それにしても、不敬とな。
 この二人、透也くんのセキュリティ会社のスタッフと、その家族じゃないのかしら。

 ん?
 ヨーロッパの王家の写真とか、なんか似たような顔立ちの人いなかったっけ?

 確か、『世界で結婚したい貴公子ランキング一〇〇』に透也くんと一緒にランクインしていた公爵閣下と、その妹君とか。

「ねえ、透也くん」

 もしかして?

「オーギュスト・ミュレー、エヴァ・ミュレー」

 私が最後まで言い終わるまえに、透也くんが兄妹の偽名を呼ばわる。私も、ハニーブロンドも口をつぐんだ。

 余計なことを言うなと、彼女と私に言い聞かせたんだろうな。
 フランス?の名前かな。
 たしか、公爵のお住まいの国はドイツ語……。
 ふ、ふーん。あくまで社員として扱うのね、いいのね?

 そ、そうだよね。
 ヨーロッパの名家と知れたら色々面倒、だよね?  じゃあ、私も知らんぷり?

 で、なにをするつもりなのかな、透也くぅん! 目が笑ってないんですがっ。

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く