話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

本当のハネムーンまで153時間〜透也〜 ②

 
 多分、僕は愛されることに狎れすぎていて、同じ熱量で誰かを愛したかったのだろう。
 乗馬用の馬も、庭に放たれていたドーベルマンも、そこまで深い愛情の対象にはなりえなかった。

 たまたま出逢った円佳に、全ての愛情を注ぐことになったのは偶然か必然か。
 彼女が欲しいものを差し出せば、円佳が手に入るだろうか。
 親に頼んで、服も本も玩具も与えてもらったら、笑顔を返してくれた。
 もっとと贈ったら困った顔をする。

『持っていけないから』と。

 彼女はいずれ嘉島を出るつもりなのだとわかり、わんわん泣いた。
 どうやら生まれてから転々としていたせいで、定住という考えがなかったらしいのだが。
 彼女に置いていかれることが怖かった。

『円佳ちゃん、どこにもいかないで!』

 子供のように泣き喚き、僕の執着する姿を初めて見た両親は、円佳を嘉島に迎えることを許してくれた。
 円佳のご両親は彼女が望めばと、条件付きで了承してくださった。

 彼女が物に執着しない人なのはすぐにわかった。
 といって飽きやすいのではなく、一つのものをながく丁寧に使う。

 円佳の父上は研究と妻子以外に興味はなく、母上は小さな鞄一つで移動を繰り返ししていたから、お二人の影響もあるのだろう。

 自分の手で持てるだけのものしかほしがらない、その生き方は鮮烈だった。

 ならば、僕こそが円佳が持てるものになろう。
 彼女の心に棲めるように自分を作っていこう。

 嘉島の跡取りになることを周囲に期待され、自分は人の上に立つのに適していると気づいてからは、円佳に憧れても同じことは出来ない。

 一流品しか使わない嘉島に納品すれば、メーカーの誉れになるし、経済効果は図り知れないから、贈り物を断ることは無理だ。
 せめて不要なものは、僕らの母上達が育った乳児院に寄付してもらうようにした。

 ……自分が計算高く策略家なのは幼いころから気づいていたから、上手に隠したつもりだった。

『とうやくん、うそをゆうとき、めがくろい』

 円佳は的確に僕を見抜いた。
 僕が背負う嘉島に怖じない人間は、彼女だけだった。

 反省した僕は手を変え品を変え、甘い毒を円佳にたらしこんだ。
 何年もかけて愛をささやき、今はこうして円佳も応えてくれるようになった。
 

 健やかな寝息をたてている彼女へ、キスを送る。

「一生、側にいて」

 円佳がいてくれれば、他にはなにもいらない。

「君が僕から離れたら」

 僕は狂気のまま世界を滅ぼすだろう。

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く