話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

本当のハネムーンまで168時間〜出発〜 ①

 午後一時。
 結婚式が終わって、透也くんのご両親と私の両親と会食が終わった。

 ……なんだかんだ遊びに来ては、母とラブラブいちゃいちゃ、そして私のことを可愛がってくれる庭師の小父さんが『オ父サン』だった。
 私が驚いた時の、みんなの顔ったらなかった。

「私の最愛の夫、そしてあんたの父親じゃなければ、誰があんたに近寄らせるものですか」

 母が仏頂面で言う。
 ご尤も。

 透也くん一家は微妙な表情をして――きっと笑いをこらえていたからだ――、小父さんじゃなくてオ父サンは世にも悲しそうな顔をしていた。

 私は『オ父サン』へ必死になって謝り、頬に『ゴメンネ』のキスを贈った。

 それを見て、透也くんのお父様は羨ましそうな顔になり、透也くんは『オ父サン』に殺意を向けた。

 ……なんて一幕も笑いながら終わり、今はヘリコプターの中。

 閉所恐怖症があるらしい私だけど、高い処や狭い移動手段はなぜか平気である。

 透也くんがスポンサーであるF1プライベーターの、ファーストレーサーによるサーキット走行会もそうだったけど、プロが動かしてくれる乗り物はへっちゃらなんである。

 ヘリで何度か旅行や遊覧飛行デートに連れていって貰っているし、鳥になったみたいで楽しいのもあるけれど。
 ……多分、透也くんが一緒だからだ。
 彼の視線や私にどこかしら触れてくれているから、ドキドキを嬉しくて幸せなものに感じられる。

 勿論、透也くんの執事さんや秘書さんに、ボディガードさん達。
 それに、私が閉所恐怖症を発症しちゃったときに備えて、お医者さんも同乗してくださっている。

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く