話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

結婚式の155時間前〜逃げ出そう〜 ⑤

 
 というのも小学校の時、友達と夢中になって林の中で遊んでたら、警察・消防隊も含む数百名規模の大捜索をされてしまったのだ。

『林』っていっても山の中じゃなくて、小学校に隣接している公園の中の話である。
 うたた寝しているところにライトが当たって、眼を醒ましてみたら大勢の人に覗き込まれていた。

 透也くんが涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら飛びついてきたから、『大げさだなあ』と笑い飛ばすことは出来なかった。
 彼を抱きしめながら、透也くんのご両親をみれば、苦笑されていた。
 私にしがみついて離れない彼が愛おしくて、寝つくまでベットであやしたのだった。

 結果、彼は私のあとをさらについて回るようになってしまい、反省した私は透也くんに『報連相』をする習慣がついたのである。
 連絡をしておけば、彼は動かないと約束してくれたのも大きい。

 今回もまずは執事さんを呼び出し、事実を確認した。……あのひとの言っていたことは本当だった。
 父は家永博士。工学の世界では名前を知らない人はいないそうだ。
 意外。ちゃんと入籍していたんだ……。
 ただ、母は孤児だったから、離婚後も父の姓を名乗ったのだろう。苗字が変わる私への気遣いもあったんだろうし。

「にしては、オ父サン、ニュースやメディアで見かけないです」

 政財界にかかわるような著名人はチェックする習慣になっている。

「各国軍部から研究結果を狙われており、居を移さざるを得なかったと伺っております。博士の奥様、円佳様も同様にございます。その為、博士の所在については国家機密となっております」 

「国家機密……」

 嘉島家にたどり着くまで、一ヶ所に長く入れられなかったのはそのためだったんだ。

 父が私達と一緒にいられない理由は理解した。
 けれど、一度も会いに来ないって、私や母への気持ちは残ってないんだろうか。

 ううん、母には既に小父さんがいる。
 名乗りたくても状況が許さないのかもしれない。
 母だって、父と長い間離れ離れなら、身近な男性に心惹かれても仕方ないんだろう。
 親には親の事情がある。

「……それで、『父』の特許の譲渡と引き換えに、私と母は嘉島家に保護されたんですね?」

 高待遇に納得した。
  軍部が欲しがる研究なら、嘉島家にも価値はある、ハズ。

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く