話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

結婚式の155時間前〜逃げ出そう〜 ②


「そうだ。侵入者が出入りしたことについて、ボディーガードさんは気づいてるのかな?」

 控え室をノックして聞いてみようと思ったけど、やめた。
 闇雲に誰でも彼でも疑ってはいけない。
 だからって私が情報を持っていることを、むざむざ相手に知らせる必要もない。

「でもドアから出れば、ボディーガードさんといやでも鉢合わせるするんだよね~」

 かといって天井から脱出しようにも、床から五~六メートルは高さがある。
 ピアノの上に椅子を乗っけても届かないだろうし、天井裏にも山ほどセンサーが仕掛けられているに違いない。

 テラスから雨樋を伝わって降りるのも無理。
 庭にはドーベルマンを放っているのだ。
 私も餌をあげているけれど、覚えてくれてなかったら噛みつかれちゃうし、吠えられちゃう。

 思考を戻した。

 ……透也くんの私的スペースは私の部屋の倍の大きさがあったりするらしい。
 らしい、というのは嘉島の本宅でもどこでも、いつも透也くんが私の部屋に来てくれる。
 二人でソファに並んで腰かけては眼が合って(以下略)。

「透也くんはお客様も多いしね」

 待っていただく控え室もあるし。
 教えてもらってないけれど、彼の部屋には秘密の部屋とか隠し通路もあるんだろうか。
 あるのなら、そこから脱出するのが一番手っ取り早い。
 でも留守中に、透也君の部屋に入るなんて考えたことなかったし、本人の許可なしの立ち入りはしたくない。

 四の五の言ってられないんだけど、習った礼節が私に歯止めをかける。

 次期当主部屋からの脱出はあきらめ、ついで迎賓館の見取り図を頭の中に思い浮かべた。
 警備のコントロールセンターに、執事さんやメイドさんたちのお部屋と巨大な厨房。
 温室、図書室、温泉をひいたプール付きのジムにオーディオルーム、ダンスホールを備えている。
 あとは、高速WIFIやリビングとバスルーム付き客室が十数室。
 これで次期当主の結婚式にしか使用しない建物だというのだから、驚く。 

「それはおいておいて。本館と迎賓館て、繋がっていないんだもんなあ。メイドさんたちが行き来するのに地下道とかあるのかな」

 あるにしても、この家の設計図を探し出さなくてはならない。
 メイドさんに訊いたところで教えてもらえないだろうし、透也くんがそんなものを迂闊に管理しているわけがない。

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く