話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

結婚式の156時間前〜謎の女〜 ③

 
 トラブルには一人で対処してみせると偉そうにしながら、この体たらく。
 情けないけれど、私は大好きな彼に救難信号を送ってみる。

 当たり前だけど、寝室のドアを破るように開けて飛び込んでくる透也くんはいない。
 彼だけでなくセキュリティスタッフすら来る気配がない。
 ん? 
 それっておかしいな。

 芽生えかけた思考は断念させられた。

「……まあ、いいわ」

 女(仮)はしばらく私の返事を待っていたみたいだったけど、諦めてくれたみたい。

 ううう、凝視されている気がする。
 薄目を開けて彼女を見たいけれど、ここは我慢。
 お願い、このまま立ち去ってぇ!

「あんたも可哀想よねえ」

 私の必死の祈りもむなしく会話が再開されたので、意識を耳に集中させた。

 しかーし!
 馬鹿にされた声で憐れまれると、余計イラつくもんだなぁ。
 平常心を取り戻すため、愛しの婚約者様のことを考える。

 ……ああ、透也くんに逢えたら、どうしてくれようか。
 まずは抱きついて、感動の再会をする。
 二人になったら、『甘えさせて』っておねだりされるだろうから、膝枕してあげて髪をなでなでして、おでこにちゅうして。

 アヤしい雰囲気になったら、なしくずしに二人は。
 にへら。
 いかん、現実逃避より寝たフリを続けなくちゃ。

「透也さまは、あんたが相続する、父親の特許を占有したいからご機嫌とりしてるってのに。いい気なもんだわ」

 衝撃の言葉に、彼女への怯えの気持ちが一瞬で吹っ飛んだ。

 ……父親? 
 嘉島家に落ち着くまで、母は私を連れて転々としていたが、父らしき人物はいなかった。父がどういう人なのかは憶えていないし、写真もない。

 母がまったく話さないから死別、もしくは結婚すらしていなかったのかもしれない。
 私にとっては、母の恋人だという小父さんが父代わりだった。

 私は母と二人家族なのに、この人はなにを言ってるの?
 今は嘉島家の庭師をしている小父さんを勘違いしているの?

 耳に全神経を集中させる。

「あーあ、嘉島財閥の命運を左右するような特許の持ち主の子供に、あたしもなりたかったなぁ」

 ええと、特許?
 なんだろう、私の人生に存在していないワードがいきなり二つも。

「結婚式の日にサインする結婚誓約書に、『家永 円佳が将来相続する父親の特許を、嘉島 透也に譲渡する』って書かれているのを知らないから、のんきな顔をしていられるのね」

 それって透也くんが特許目当てだって、彼が私を愛してないって言ってるのも、同然だよね。
 お生憎様、私たちはすっごく愛し合ってるだからね!

 ……でも。
 本当にそう?
 疑問が湧く。
 そういえば、透也くんはなんで私を好きなんだろう……。

 二人っきりのときは見つめ合うのに忙しくて、そのうちイチャイチャしだしちゃって、きちんと聞いたことがなかった。

 むしろ訊こうとするたび、はぐらかされてきたような……?
 幼い頃からの刷り込み? それとも。
 心にじわじわと不安が満ちてくる。

「結婚さえしちゃえば、浮気し放題。ううん、あんたの不貞をでっち上げて離婚が成立。晴れて、透也さまは自由の身。あんないいオトコだもの、バツイチだろうが気にしないわ」

 くすくすくす。
 自信満々な笑いがベッドに覆いかぶさってくる。
 言葉の刃が切りつけてくるのを、抵抗も出来ず受け止めるしかない。

「あんたなんかより、あたしのほうが断然美人だし。あたしが誘惑して落ちないオトコなんて、いないんだから!」

  気分が高揚したのか、女(仮)声が大きくなった。 彼女は慌てて口を噤むと、私の様子を伺ったようだった。
 だんまりを続けている私に安心したのか、また話しかけてくる。

「ふふ、透也さまの恋人と妻の座はもらっちゃうけど、悪く思わないでね」

 絶対に駄目!
 透也くんは私のものなんだからっ。

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く