話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

結婚式の156時間前〜謎の女〜 ②


「執事がまた馬鹿正直に透也さまに報告するし。この女が有頂天になるってのがわからないのかしら、あのボンクラ!」

 誰かな、この人。
 悪し様に罵る言葉を心に残さないようにしながら、一生懸命スタッフの顔を思い出そうとする。

『人を使う人間は、最低でもスタッフの顔と名前。それから出身地や誕生日は覚えているものよ』

 透也くんのお母さまに教わってから、記憶力を鍛えたはず。なのに出てこない。

 結婚式にそなえて、本宅からも各地の別宅からもスタッフを呼び寄せたと聞いていた。
 臨時の人は教育が間に合わないから雇わなかった、て説明を受けてたんだけどな?

 蓮っ葉な言葉遣いに、妙に甲高い声。全然聞き覚えがない。
 抑揚もアクセントも抑えているから年齢不詳。女性かな、くらいしかわからない。
 普段は声を変えて勤務しているのなら、相当したたかな人だ。

 ……プロだとすると、透也くんがらみだよね。
 私を誘拐して身代金を要求するのかな。もしかしたら、殺されるとか?
 恐怖のあまり、叫びだしそうになる。

 一生懸命、私は人形……て言い聞かせながら、気配を探る。
 多分、一人きり。
 でもプロなら、ど素人の私に悟らせないよね。
 反対に私の動揺なんて、丸わかりだろうなあ。

 どうやって警備の人を呼ぶんだっけ。
 警報装置のスイッチはどこ。
 慌てているせいか、思い出せない。

「ねえ、起きてるんでしょ?」

 ぎくり。
 この人は明らかに私に呼びかけている。
 どうしよう、『ハイ』って返事をしたほうがいいの?
 いやいや。
 目が合ったら、なにをされるかわからない。
 私は穏やかな呼吸を心掛ける。

「やあだ、嘉島に嫁ぐくせに、薬物訓練も受けてないの? 危機感なさすぎじゃない? ちょっと、無視するんじゃないわよ。少なくとも意識あるんでしょ?」

 さらなる挑発をされた。
 む。
 あんまり私を舐めないでほしい。
 のほほんと生きてきたけれど、めそめそするなんてタイプじゃない。
 馬鹿にされたままじゃ、女がすたる。

 反論しようと息をすいこみかけ。
 ……やめとけ、私。
『すぐに首を突っ込むの、円佳の悪い癖だよ。いくら僕のバックアップがあるとはいえ、少しは考えて行動をしなサイ』

 いっつも透也くんにお小言を言われてるんだから。
 勿論、それについては意見を言いたい。
 けれど、相手の目的がわからない今は、素直に彼の注意にしたがったほうがいい。

 ああ、それにしても。
 透也くん。
 早く、帰ってきてよー!

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く