話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

結婚式の164時間前〜ドレスが苦しい〜 ③

 
「円佳さま、なにか?」
「いえ」

 思わずつぶやいた言葉を拾われてしまった。
 マダムに微笑むと、ドレスに思考を戻した。

 今日、フィッテイングするドレスは何十着ものデザインから、透也くんと私が選んだ一品。

 当然オートクチュールで、手製のレースにダイヤや真珠がふんだんにあしらわれている。
 下品なことを言っちゃうと、四LDKの家が一軒建つほどのお値段。

 なのに透也くんてば、そんなドレスを何枚も作ってお色直しをさせようとした。
 やんわりとお断りし、このドレス一着にしてもらった。
 だから、とても思い入れのある一枚である。

「きついところや動かしづらいところはございませんか?」

 マダム・デュポワに訊かれて、私は腰をねじったり腕を伸ばしたのち、頷く。

 今はビスチェを着て、調整をしてもらっているところである。
 サムシングブルーをあらわす下着。
 あえてドレスと連動していないデザインにした。
 ふふ、そのほうが脱がせた時に二度おいしいかなって。
 いやん、私ったらエッチ~!

「ウエストが少し細くなられましたね……。もう少しお詰めしてよろしいでしょうか」

 私はまたも頷く。

「ウ」

 きゅ、とウエストを締められた途端、息が詰まった。

「っ、円佳さま、申し訳ありません!」

 マダム・デュポワが慌てて緩めてくださったけれど、眼の前が真っ暗になった。

「誰かっ、お医者さまを!」

 私のただならぬ様子に気づいたのだろう、マダムの声が大きくなる。

「だ、いじょうぶです……。たちくらみ……」

 私は声の主になんとか呟いたけれど。

 うずくまってしまった私に覆いかぶさってきたものが誰なのか、ヒトなのかすら認識出来ない。
 そんな外的感覚がおろそかになるほど、私は内的感覚に沈ませられていた。

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く