話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間

水田歩

結婚式のなんと6年前〜結婚式リスケ〜①

 
 透也くんと距離を置こうと決心したその日は、彼の高校の卒業式だった。
 母に話を切り出す前に、彼からメッセージが届いた。

『円佳ちゃんの大好きな絵が日本に来たんだ。これから迎えに行くから、美術展を見に行かない?』

 私は最後のデートにふさわしい、最上級のおめかしをして彼を待った。

 リムジンが嘉島家の玄関に到着した。
 車内から出てきた透也くんは、なぜか制服ででかけたはずなのに三つ揃いのスーツに着替えていた。
 普段、流している前髪をきちんと抑えていて、凛々しさ倍増である。

 彼の胸に挿した、ブートニアと同じ花で作ったミニブーケを渡される。
 抱き寄せられて額にキスされた。
 ……いつのまに、こんなに背が高くなっていたのだろう。
 フルパワーではないのに力強かった。
 触れられた指は長かったけれど筋張っていた。

 エスコートされて車に乗り込む。
 横顔がシャープになっていた。
 あ、喉仏。
 かすかにアフターシェーブローションが薫る。

 男の人、だった。

 心臓がどっきんどっきんしはじめる。

 車内でお気に入りの紅茶と、大好きなパティスリーのお菓子を頂いた。
 透也くんが話しかけてくれるのだけど、微笑みのおかげで味も内容もわからない。

 建物の入口でこそスタッフの方に迎えられたものの、建物のなかはしん……としている。
 訊けば美術館を借りきったのだという。

 びっくりしているうちに私は、大好きな絵の前に透也くんと二人で立っていた。

「家永 円佳さん。愛しています。結婚してください」

 突然、ひざまづいた彼に手を取られ、四重奏が流れてくるなかプロポーズをされた。

 固まっているあいだに、左手の薬指に大っきなダイヤの指輪をめられた。
 薬指にキスされて、見上げられた。
 まさか、そんな。

「両親は僕たちの仲を認めてくれてるよ」

 慌てて断ろうとしたら、私を見上げた透也くんに先に言われてしまった。
 確かに透也くんのお父様やお母様は、私のことを住み始めた当初からウエルカムだった。

『円佳ちゃんは親友のお嬢さんで透也の妻、ということは娘だから! わたくしのことはママンって呼んでいいのよ』
『じゃあ私のことはダディと呼んでくれるかな』

 顔をあわすたびおっしゃってくださるけれど、それとこれとは……!

 私が固まっていると、透也くんは微笑んでくれた。

「色々な軋轢あつれきは僕が全て受け止める。僕の大好きな円佳ちゃんに、一生そばにいてほしい」

 喉に熱いものがこみあげてきて、言葉を紡げない。

「……結婚、してくれるでしょう?」

 何度か喋ろうとして失敗したので黙っていたら、透也くんに不安そうな顔をされてしまった。

 ああ、もう!
 外堀埋められちゃったらイエス、ていうしかないじゃない。
 泣きださないよう力をこめすぎたあまり、変顔になりつつなんとかうなずいた。

 透也くんは愛おしそうに私の手の甲にキスをしたのち、すっくと立ち上がると百万ドルの笑顔で宣言した。

「良かった……! 円佳ちゃん、明日の式は十五時からにした。それだけ時間あったら、支度は大丈夫だよね」
「は?」

「ヤンデレ御曹司から逃げ出した、愛され花嫁の168時間」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く