閉じる

病夢(びょうむ)とあんぱん

ぢろ吉郎

病夢とあんぱん その39

 
 この戦いにおけるやなゆうの優れていた点を挙げるとするならば、「最後まで不意打ちにこだわった」という点にあるだろう。たとえ、「扉の陰から切りかかる」という典型的な不意打ちだったとしても、真っ向勝負を挑むよりはマシだった。
 真正面からの勝負では、全然相手にならなかったからだ。
 柳瀬が考えていた通り、戦闘経験のまったくない柳瀬と、戦闘経験を積んだやくでは、戦いのステージが違いすぎる。何の抵抗もでぎずに、数分程度で決着は着いていただろう。
 不意打ちは、柳瀬にとって最善の策だった。
 そして逆に疫芽ただしの優れていた点を挙げるとするならば、「不意打ちに対しても冷静に対処した」という点だろう。
 逃げ出した柳瀬をがむしゃらに追いかけ、乱れた心のまま屋上に突入していたならば、彼の首はかき切られていたかもしれない。
 疫芽の冷静さは、彼を圧倒的に有利にした。
 では不意打ちを失敗し、二撃目には武器さえ奪われてしまった柳瀬は、その後どんな行動をとったのか?
 それは、とても現実的とはいえない行動だった。
 柳瀬は・・・扉を閉めた。
 疫芽が向こう側にいる状態で、もう一度扉を閉めたのだ。
 この行動には、さすがの疫芽も失笑を禁じ得なかった。そんな行動に何の意味がある?
 ただ単に、現実逃避をしただけだろう。不意打ちが失敗したからといって、敵を閉め出したところで、何の解決にもならない。押さえつけていたとしても、力づくで扉をこじ開けられ、再びご対面することになるだけだ。
 疫芽は二、三歩後ろに下がり、体当たりで無理矢理扉を開こうとし・・・。


 爆発した。


 この戦いにおける疫芽忠の失敗を挙げるとすれば、それは優れていた点と同じく、「冷静だった」ということだろう。たとえ柳瀬が扉を閉めようが焦らず、冷静に外に出ようとした疫芽は、とても落ち着いていた。
 しかし。
 彼は焦るべきだったのだ。
 柳瀬が扉を閉めようとしたその瞬間に、慌てながらも飛び出すべきだった。
 そうすれば、爆発に巻き込まれることはなかったかもしれない。
 結局、柳瀬が何をしたのかといえば、「自害用爆弾」を武器として使用する、ということだった。
 しんじょうじんからは、厳しく禁止されていた行為である。


「あからさまに爆弾で攻撃しようとすりゃ、相手は簡単に見抜いちまうだろうさ。」


 信条陣の言葉だ。
 それならば、「あからさま」でなければどうだ?
 気付いたからには、実行するしかなかった。生き残るためには何でもするのが、柳瀬優という男である。不意打ちもけも、何だってする。
 一度はしまい込んだ爆弾を、もう一度取り出す。ストラップ部分をサバイバルナイフのの部分にくくりつけ、小さな衝撃でストラップ部分が抜けるように、緩めておく。
 一撃目の不意打ちはフェイクだった。そして、二撃目もフェイク。そもそも相手のリーチが長いと分かっているのだから、本来ならば二撃目を加えるのは危険である。
 だが、あえて加えた。
 ナイフを、疫芽がわはじき飛ばしてもらうために。
 気付かれないように、爆弾を投下するために。
 相当危険な賭けであったということは、柳瀬自身にも分かっていた。一撃目を避けられた時点で攻撃を受ける可能性もあったし、柳瀬側に爆弾が弾かれる可能性だってあった。柳瀬自身が爆発に巻き込まれるパターンなんて、何通りだってあったのだ。
 だが、何とか上手くいった。柳瀬は賭けに勝った。
 扉を閉めて数秒後、爆発音が響く。


 柳瀬優は、またしても生き残った。
 大した知恵も勇気もなく、愛も友情もない。
 ごく普通で、普通ではない青年は『しんちょうやまい』からも逃げ延びた。
 彼がいつまで生き残れるのか。
 それは、誰にも分からない。


「うっ・・・・」


 扉を閉めた後、そのまま押さえつけておくことなんて、僕には出来なかった。
 爆発が起こることが分かっているのだ。おちおち、その場に立ち止まってなんかいられない。すぐに扉から離れる。
 結局、爆風の衝撃で扉を破壊され、僕はうめき声をあげながらふっとばされた。
 少し床を転がった後、フラフラと立ち上がる。


(あの人、本当にとんでもない物を持たせてくれたな・・・)


 足を引きずりながら戻り、爆発が起こった部分をのぞき込む。
 人影はどこにも見当たらなかった。骨までじん、ということはないだろうが・・・かなりの重症であることは確かだろう。少なくとも、僕と戦える状態ではない・・・はずだ。
 もともとガタがきていた階段と壁も、さらにボロボロになっていた。階段に至っては、もうのぼりできるかどうかも怪しい。
 でも、下りなければ。
 彼の生死を、確認しなければならない。
 生きていれば、また戦わなければならないかもしれないし。
 死んでいれば・・・どうだろう?初めて人をあやめてしまったことになるなのだが・・・彼の死体を目の前にしたとき、僕はどんな反応をするのだろうか?
 命を賭けた戦いの勝利に、高笑いでもするのだろうか?
 人を殺してしまったショックに、泣き崩れたりするのだろうか?
 さっぱり分からない。自分のことなのに、自分の反応が全然分からない。なんて無責任な男なのだろう、と今更ながら思う。
 しかし・・・確かなこともある。
 たとえ、彼の死体を目の前にしようとも。
 人を殺してしまった事実を確認してしまったとしても。
 せきの念に駆られて、自害するようなことはあり得ない。
 信条さんに勧められた自殺は、決行できそうにない。どんなことがあったって、僕は僕を殺せない。
 そして、ホッとしてしまうだろう。
 「自分だけは死ななくてよかった」と、ホッとしてしまうのだろう。
 それが、僕という人間だ。


「・・・ん?」 


 細心の注意を払いながら、今にも崩れ落ちそうな階段を三階まで下りたところで、僕はそれを見つけた。
 血痕けっこん
 ・・・いや、もはやそれは血溜まりと言っても、つかえないかもしれない。誰の血液なのかは、言うまでもない。おそらく彼は爆発の衝撃で、三階へと落下したのだろう。そして、二階へと逃亡したようだ。その証拠に三階から二階の方へ、血の跡は続いている。


「・・・・・」


 僕は口を開かず、なるべく感情を乱さないようにしながら二階へ向かった。
 血。血。血。
 二階へと続く階段には、そこら中に飛沫しぶきが飛び散っていた。歩いて階段を下りるなんてことは、彼にはもうできなかったのだろう。多分、転がり落ちるようにして階段を下りたはずだ。そうでなければ、これほどの量の血液が飛び散ったりはしないだろう。赤すぎて、気分が悪くなってしまいそうだ。
 二階まで下りた時点で、僕は初めて、二階の天井が異様に高くなっていることに気付いた。


(そうか。彼はこうやって二階の窓から侵入したのか・・・)


 そして、どうやら彼は入ってきたときと同じく、窓から出て行ったようだ。血痕を辿たどった結果、先ほどのオフィスに辿り着いた。その窓の外へと、血の跡は続いていたのだ。


「・・・・・」


 外を見るが、彼の姿はない。
 生きている姿も。
 死んでいる姿も。
 ない。


「・・・ふぅ」


 溜息ためいきなのか、あんなのか、自分でもよく分からない息を漏らす。
 追いかけるのは無理だろう。そんな体力は残っていないし、これ以上戦う気力もない。
 あの十七歳の少年が生き残ったのか、死んでしまったのか、僕には分からない。そんなものは、分からなくたっていい。・・・・・とにかく、僕は生き残った。
 喜びはない。
 悲しみもない。
 そんな勝利を、僕は手に入れた。なんの価値もない命を、僕は守り抜いた。
 その命は僕にとって。
 とても。とても。


 大切な命だった。





「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く