話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する

サクサク

説明しよう!

「じゃあそこのとっても強そうな眼鏡ボーイカモーン!」

え!?
俺は長門ながと春馬はるま
高校生だ。異世界転移してチートスキル完全隠密行動で逃げ出して俺TUEEEでハーレムしようとしてたら召喚したっぽい人に見つかった。つかとんでもないイケメンだあの人。

「あいつはクラスのゴミですから役に立ちませんよ」

俺をいじめていた石村が口を開いた。異世界まで来てつくづく嫌になるが、顔が良いし喧嘩も強い、オマケに詭弁なのだ。とかそんなことを考えていると召喚したっぽい人が、

「復唱!情報開示ステータスオープン!」

と言った。やってみよう。

情報開示ステータスオープン

長門春馬
人族
魔力量37564

スキル
完全隠密行動(上)

微妙。でも5桁って相当強いんじゃないか!?

「これから君たちにこの世界の[常識]情報をインストールしまーす。」

そこでとんでもない頭痛で意識を手放した


あちゃー気絶しちゃったよ。まあいいか。

「おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く