話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する

サクサク

最高神に見守られて………

「そんなこともあったなー」

「そっすねー」

アル フォン ロードリア、只今17歳。賢孫と雑談中。賢孫はあの後ボロ負けして弟子入りさせろと言ってきた。色々あってやむなく承諾。今は立派なチート野郎だ。俺と賢孫が強すぎるせいで一時期
「勇者召喚しなくてもよくね?」
ということになっていたが折角異世界召喚用の魔法を開発したのに無駄にはしたくないので明日召喚することになった。


ということで翌日。ちなみに宮廷魔導師になったよ。

「始めてくれ」

「うっす」

王様がこえをかけた。やるぞー。
まずは、

聖域ホーリーゾーン

魂の摩耗が激しくなるので回復させるため。次に、

鎮静お前ら落ち着け

いい感じの名前が思いつきませんでした。
いよいよ!

x⊂ÜΣ▒▒▒▒▒

[次元の接続を確認]
[パイプ強度…正常]
[魂損傷率4-0%…回復…0%]
[xがÜへの干渉を許可しました]
[ÜΣが完了しました]
[[Rady?]]
[YES] [NO]
いえす!


おっ、クラス転移だね。制服を来た男女が…39人だね。テンプレみたいなイケメンがいるなー。ついでにチートを隠してそうな陰キャオタクっぽい人も。

「ここはどこですか?」

「異世界」

「何故?」

「…神様に聞いて。」

「魔王を倒すとかは?」

「俺が手懐けた」

「戦争とかは?」

「至って平和です」

「…」

「…」
※鎮静の効果です

沈黙やめて!
じゃあ隠密スキル使って逃げ出そうとしてるチート陰キャに声をかけよう。
「じゃあそこのとっても強そうな眼鏡ボーイカモーン!」

「おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く