話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する

サクサク

魔法教師に見守られて初級魔法で森を消す

ハイ!5歳になりました。魔力量がだいぶ増えました。新しく魔法を覚えました。剣術の上級試験に合格しました。以上!
女の子が降ってきたりはしなかったヨ…
けども!家庭教師がつくことになった!
美人さんだといいなぁ。

「おはよう御座いますアル君。今日から君の家庭教師をすることになったバンです。宜しく。」

…美人さんではある。だが男だ!イケメンアンちゃんだ!

…気を取り直して。

「はじめまして。バン先生。僕は…「君の自己紹介はいい。魔力を測るよ。」

素っ気ない先生だなぁ。まあいいか。こっちもやりやすい。とか考えていたら用意が出来たみたいだ。

「コレに魔力を注いで。」

「ハイ」

温度計みたいなのがある。最初は軽くでいいかな…
パリィン!
あ、われた…高いものだったらどうしよう。

「エッ…つ、次だ!」

また同じようなのを出して来た。けど今度は液の色が赤から青にかわってる。
パリィン!
…またわれた。

というのをあと緑色、茶色、黄色、黒のをさせられ全部われた。

「君、火球使えるならあっちの森の木にむけて最大火力で打って。」

「解りました。すこし離れて下さい。」

ちょっといいとこ見せたいな。(๑•̀ㅂ•́)و✧
全魔力使って打とう。

「火球」

ドゴォォォボワァァ
ギャースギャース(魔物の鳴き声))

30分後
辺りの森から命の波動が消え失せました。

新しく覚えた魔法↓
探知サーチ
爆発エクスプロージョン
念話メッセージ
光線レーザー
召喚サモン
粉砕クラッシュ

「おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く