話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する

サクサク

おじいちゃんに見守られて再会して転生が確定する

僕は氷室創太、高校2年生である。

趣味は特に無い。強いて言えばおじいちゃんの墓参りが日課だ。

おじいちゃんは僕が小さな頃に亡くなったそうだ。突然の事だったらしい。

「行ってきます、おじいちゃん。」

日課を終え、学校に向かう。

学校の前には大きな坂があり、春から秋の初めあたりまで汗を流して登校する。友達と話したりしていればそこまで苦では無いのだろうがあいにく僕にそんな友達は居ない。

無言で坂を登るのは中々に苦である。2年目となるとなれてくるのだが、それでも毎日ため息をついて登校する。

ちょうどため息をついて下を向いていたその時。前から来ていた坂で勢いのついた自転車が石でバランスを崩して突っ込んできた、と思った時にはもうぶつかっていた。

痛!、、くはない。どうしたんだろう。と思った時、周りの景色が変わった。ラノベによくある白い空間、ではなく取り壊した筈のおじいちゃんの家の部屋だった。

「創太ぁぁぁ!あいたかったぞぉぉぉ!」

「おじいちゃん!?」

そう言っておじいちゃんが駆け寄ってきた。

--------------------------------------------------------------------

おじいちゃんによると、僕はあの自転車にぶつかり、坂を転がって電柱に頭をぶつけて死んでしまったらしい。

「状況はわかったかNO?」

「うん。後これからどうなるのかも大体。」

なんかおじいちゃんが思ったよりファンキーだ。

「流石儂のMAGO!。それでじゃ。スゥ~」

凄い息を吸い込んでから、

「創太には、異世界転生をしてもらう!」

「おじいちゃんに見守られて感謝しながら無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く