話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋の始め方間違えました。

森野きの子

82

 けれどその夜、真壁さんから連絡はなかった。


「――で。だからなんだよ。まだグダグダやってんのかよ。俺はFMラジオのパーソナリティじゃねえっつうの。恋愛相談なんかしてくんなよ」

 オフィス街の駅近くの居酒屋で、座敷席に向かい合って、悪態をついたのは、益子だ。

「だってその日のうちに連絡くれるとおもうじゃない。それなのに、朝までなんにもない。メッセージがきたの、次の日の夕方だったんだよ」

「来なかったわけじゃねーんだからいいだろ」

 と、面倒くさそうに言って、小鉢のコノシロの酢漬けをつまみ、富山の日本酒を飲む。

「でも、なんか、空白の時間が長すぎじゃない?」

「そんなのいつものことだろうがよ。つーか、探り入れんのに俺を呼び出すなや」

「ここは奢るから。だって他に話せる相手が益子しかいないんだもん」

「友達いなさすぎだろ」

「仕方ないでしょ、同級生なんて軒並み結婚してて忙しいんだから」

「は? 独身男ってバカにしてんのか、1番高い日本酒頼むわ。ちくしょう」

「してないし!」

 私は烏龍茶をちびちび啜る。

「うーん。でもなあ、とりあえず会長とゴルフは行ってたぞ。織部のとこに来たメッセージってなんだ?」

「土曜日うちに来るって」

「ノロケかよ。はい解散」

 一気にあおり、腰を上げようとする。

「待って待って。ねぇねぇ、益子はその議員のお嬢様見たことある?」

「元ミスキャンパスで読者モデルの?」

 私の心に鋭利な刃物が突き立てられる。

「でた……」

「そういう系に好かれるよな。あの人」

 益子は嬉しそうにニヤニヤしている。

「悪夢再びだろ。構えなくても大丈夫だって」

 いいながら猪口に酒を注いでいる。

 あっさり言ってくれるけど、もう溜息しか出ない。

「若くて綺麗な女の子の方がいいんじゃないの……? しかも議員のお嬢様なんてメリットしかないでしょ。ああ、もう。こんなふうに自分勝手にあの人を疑ってしまうのも嫌」

「まだグダグダ言って結婚してねーのなんなんだ? お前、真壁さんと結婚したくねえの?」

「したいけど、本当に私でいいのかって、怖いんだよ」

「案ずるより産むが易しっていうだろ。結婚なんて考えすぎたら出来ねえらしいぞ」

「そんなものかな?」

「らしいぞ。したことねーから知らんけど」

「なんか、私、いまいち踏ん切りがつかないんだよね」

「真壁さんが不安なら大抵の男だめだろ」

「そう、だけど……」

「そんなに迷ってんなら別れれば? で、俺が織部回収してやろうか?」

「は、またそういう適当なことばかりいう……」

「すまんすまん」

 益子は笑っている。

「織部が腹くくるしかないだろ。で、百万くらいのダイヤの指輪買ってもらえば」

「そんなのいらない」

「いや、知らねーよ。とりあえず結婚してろ」

「でも……」

「何がでもだよ。いつまでちんたらしてんだよ。焦れったい通り越して殴りてーわ。人としてやらねえけど」

「丸くなったね。益子部長」

 益子は悪態をつきながら私のとりとめのない話を聞いてくれる。
 一人でグダグダ考えているとドツボにハマってしまうから、誰かに聞いて欲しかった。
 真壁さんに対して、『初デートどうでした?』なんて軽口もきけないくらい弱っていた。


「恋の始め方間違えました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く