話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋の始め方間違えました。

森野きの子

78

「もし、子供ができなかったらどうします?」

「その時はその時で養子を貰ったり、二人で好きに暮らすのもいいんじゃないか?」

「そして倦怠期には益子を巻き込むんですね」

「まさか本気に?」

「どうしてそこでボケ倒してくれないんですか!」

「織部が云うと洒落にならん」

「ひどい!」

「それはそうと飯はどうする」

 真壁さんは苦笑しながら話を変えた。

「三人だったら焼肉ですけど、二人なら食い気より色気ですね」

「言うじゃないか」

「まっすぐ帰りましょう。寂しくお茶漬けでもいかがです?」

「正直なところ焼肉よりそっちがいい」

 悪巧みするように微笑み交わし、手を重ねる。もちろんキスはしない。

 しばらくしてアパートに着き、タクシーから降りた。鍵を開けていると、真壁さんは少し離れた距離に立っていた。

「どうしたんですか?」

「なんでもない」

「本当ですか?」

 部屋の中に入って、何も仕掛けてこない手に不安を覚えて、指を握ると、ゆっくりと手繰り寄せるように抱きしめられた。

「真壁さん……」

 逞しい腕と胸板に抱き留められ、なんだかようやく人心地ついた。

「……もう、離れなくていいんだよな」

「ええ。私という女がどれほど良いものかわかりませんけど」

「それなら俺という男がどれほど良いかだってわからない」

「私はこの世で一番だと思ってます」

「俺だって」

 唇に触れるだけのキスを交わして、靴を脱いだ。お風呂の準備をして、上着やネクタイを預かって衣紋掛けにかけて、とりあえず寛いでもらうために、お茶でも淹れることにした。

 緑茶のはいった湯呑みをテーブルに置くと、ありがとうと云って、一口飲んだ。彼の落ち着いた雰囲気が好ましい。

「あの。」

「うん?」

「愛してるって、言ってもらえませんか?」

「そんな詐欺師やペテン師でも吐ける言葉、言いたくない」

「ひどい」

「しっくりこないんだよ」

「まだ言ってもないのに、先入観だけで決めつけるなんて愚かしいと思いませんか?」

「薄っぺらい響きだ。“愛してる”なんか」

 と、吐き捨てるように云って、私を見た。

「そんなに睨むなよ」

「どうしてそんな言葉一つくらいくれないんですか?」

「だから、言ってるだろ。薄っぺらくて胡散臭いからだ」

「私は真壁さんを愛してます。これも薄っぺらくて胡散臭いですか?」

「いいや、可愛い」

 真顔でいうからこっちが恥ずかしくなる。

「だったらどうして」

「織部が云うと可愛い。俺が云うと胡散臭い」

「それは言われた私が決めることです」

 真壁さんは再び湯呑みを口に運び、喉を潤すと、テーブルに置いて、なにか思案するように視線を動かし、額に手を当てた。

 そんなに嫌なの?

 ふと、手を取られて、視線が合う。

「涼子。愛してる」

 今まで感じたことのない気恥ずかしさが一気に全身を駆け巡り、歓喜で体が震えた。

「詐欺師でもペテン師でもいいです」

「馬鹿言うな」

「薄っぺらくも胡散臭くもないです。ただただ嬉しいです」

「そうか」

「恭一さん」

「んんっ……。うん?」

 咳払いをしながら、右手で顔を撫でるような仕草をする。

「名前を呼ばれるのって結構くるな」

「そうですね」

 横座りで肩にもたれかかると、肩や背中を優しく撫でられた。私は、恭一さんの空いているほうの手を両手で握り、長い指や形のいい爪を慈しみを込めて揉んだり撫でたりした。指の一本、爪のひとつまできれい。私の手遊びを眺めて黙っている。だんだん、ただの手のひらマッサージみたいになってしまうけれど、なんなら気持ちよくさせたい。つるつるした爪や骨張った指を夢中になって弄っていると、肩を抱いていた手が親指による指圧に変わった。

「あ……。気持ちいいです」

「だいぶこってるな」

 なんだか流れで恭一さんの胡座の上に座らされ、肩の指圧を受けることになってしまったのだけれど、こんなことをしてもらっていいのか困ってしまう。

「あの……、いいんでしょうか?」

「痛い?」

「いいえ。気持ちいいです」

「ならよかった」

 ぐーっと指の腹の圧が、こりの中枢を押し当てる度に、ズーンと響く。強さも長さも絶妙で、ぞくぞくと肌が粟立つ気持ちよさだ。じんわりと肩周りが温かくなってきた。

「マッサージお上手ですね」

「よくやらされたからな」

「お母様に?」

「そう。あとは着付け。着物着たいならいつでも着せてやれるぞ」

「すごいですね。私はできません。着物も持ってないですし」

「そうか。なら明日とくに予定もないし、着物でも見に行くか」

「ええ? 恭一さんは着物持ってらっしゃるんですか?」

「お客さんに誘われて相撲や歌舞伎を観に行くときにな。着ていくと、存外ウケが良いんだ。特に年配の女性から」

 でしょうね。気づいていらっしゃらないようだけど、絵面はそれこそ若いツバメと老いらくの恋でしょうし。相当絵になるに違いない。想像して思わず胸が熱くなる。

「そうなんですか。いいですね。着物で一緒にお出かけしてみたいです」

「これからいくらでもできる。楽しみだな。きれいだろうな。涼子は色が白いから」

 この人、糖度も高い。肩にキスが落とされ、ウエストの辺りに腕が巻きついた。

 大事に、柔らかく、宝物を撫でるように扱われて、なんだか緊張してしまう。

「嫌か?」

 耳朶を声で擽られ、すっかり好い気持ちにさせられる。

「嫌なことなんて、一つもありませんよ」

「そうか。なら、よかった。」

「ただ、なんだか、少し、恥ずかしいといいますか。くすぐったいといいますか」

「そのうち馴染むさ。馴染んで離れられなくなればいい」

 これは果たして、熱情の口説か、はたまた悪魔の囁きか。私はようやく始まる恋の熱に浮かされて、彼の腕に落ちるのだ。

「恋の始め方間違えました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く