話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋の始め方間違えました。

森野きの子

57

「お。起きてたんだ。悪い。鍵借りた。コンビニ行ってたんだ」

 私のプレゼントした服を着て、髪を下ろしたラフな真壁さんの色気がやばい。眩しい。そんなこと考えている場合じゃない。

「すみません! 片付けなんかさせてしまって!」

「なに言ってんだよ。こっちが邪魔させてもらってんだから、これくらい。それより、大丈夫か? 辛くないか?」

「真壁さんのほうこそ眠れました?」

「ああ。おかげでかなり濃厚な睡眠だったよ。目覚めはよかったが、体はものすごく怠いから午前中は会社に行くのをやめたんだ。夕方からは人と会う約束があるけれどな。服ならこれがあるし、一度部屋に戻るから心配ない。スーツはここに虫除けとしてぶらさげとけよ」

「虫除けって」

「じゃあ、記念」

「記念品に男性用スーツ一式ですか?」

「邪魔なら捨てればいい」

「勿体ないので眺めて暮らします」

 まだもう少し一緒にいられると思うと、ちょっとにやけてしまった。

「ホットコーヒー買ってきたけど、飲む?」

「ありがとうございます。いただきます」

 紙のスタンドに固定されたカップを一つもらう。

「昨夜の頼みを聞いてくれるか?」

「頼み……?」

「お前の言葉を信じたい」

「ああ……。はい。もちろんです」

「じゃあ、今の仕事を辞めて、昼の仕事に就いてくれ」

「善処します」

「じゃあ、これは資金な。150あるけど、税務署の心配はしなくていい」

 冗談と一緒に昨日渡したショコラティエの箱と、もう一つ、コンビニATMの封筒を目の前に置かれる。

「真壁さん」

 うんざりして彼を睨むと、真剣な目で私を見返した。

「俺は本気で言ってる。お前にあんなところにいてほしくない。一刻も早く辞めろ。俺の我が儘だ。当面の生活費を出すくらい当然だろ。足りなくなったら連絡しろ」

「嫌です」

「お前が意地を張るなら俺も張る。これは置いていく。とにかくあの店は、すぐに、辞めろ」

 ハッと思い出す。

「ああっ! そういえば!」

「なんだ?」

「昨夜、マネージャーに電話するって言ってしてなかった!」

「怠慢だな。凛花さん」

「返す言葉もございません」

 慌ててバッグから携帯電話を取り出してメールを確認すると、マネージャーから返信メールが来ていた。

 了解。電話はいらない。ゆっくり休め。ペナルティに一万引いとくけど、一昨日の売上は過去最高だから、今月の給料は期待できるぞ、と珍しく優しい内容だった。もう、あんなフィーバーは二度とないとも知らずに。

「恋の始め方間違えました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く