話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋の始め方間違えました。

森野きの子

55

 お風呂から上がって、バスタオルで水気をとり、互いにラフな格好に着替えて、飲むことにした。
「まだ明るいな」
「だいぶ日が延びましたね」
 冷凍庫から瓶ビールとスパークリングワインを出して一本は食卓に、残りは冷蔵庫にいれた。
 テレビをつけてみたけど興味が湧かず、ラジオをかけた。マジックアワーにアンニュイながらも透明感のある女性ボーカリストのボサノヴァに近いスムースジャズが流れる。そのあとは、やるせないほど甘美なバンドネオンが奏でるアルゼンチンタンゴ。どちらからともなくキスをして、終わりが来るのを忘れたみたいに舌を絡めた。
「大丈夫か?」
 激しい行為の後、彼は優しく労りながら訊いた。私は頷く。
「どうして昨夜キスと愛撫のあと、お金を?」
「他の男の部屋に行くって泣きそうになりながら言っただろう。なんだって金を挟めばビジネスだ。仕事だったと思えば、少しはお前の気が楽になるんじゃないかと思ったんだ」
「そんな……。ごめんなさい。私、自分のことばかり……」
「他に男がいるとわかっていながら衝動を抑えられなかった俺も悪い。なんだかはっきりしない間柄みたいだったし、奪ってしまおうと思った。でもそれで果たして織部が幸せなのかと思うと、一度引くべきだと思った。でも、どのみち、嫌な思いをさせてしまったことに変わりないな。悪かった」
「真壁さんは優しすぎます。私のこと叱って下さい」
「じゃあ、いかないでくれ」
 真壁さんに力強く抱きしめられ、胸がいっぱいになる。けれど、このままじゃだめだ。
「ごめんなさい。真壁さん」
 ぐっと我慢して愛しい胸を押し返す。
「なんだよ。これでもだめなのか?」
 真壁さんは呆れた声で落胆した。
「だめなんです。私にはプランがあるんです」
「どんな?」
 私は笑って見せた。
 真壁さんには戻らない。真くんとは始めない。
 黙っている私を諦めて、真壁さんはため息混じりに訊いてきた。
「そもそもお前たちは付き合ってるのか?」
「それが、はっきり付き合おうとかいう話はしたことはないんです。キスもセックスもないですし、いわばプラトニックな関わりで、連絡先も知りません。まあそんな感じだから真壁さんとこうしてるんですけどね」
「不埒な女だな」
 呆れたような、褒めるような、不思議なニュアンスだった。
「もう一度風呂に入って、飯、食おうぜ」
「真壁さん、体力すごすぎません?」
「いや、もうしばらく時間経たないと使い物にならないぞ」
「それじゃなくて」
「せっかくの刺し盛りに日本酒だぞ。それに、ベッドで陳腐で子守唄みたいに退屈な身の上話を聞かせる約束だろ」
「そうでした。それを聴くまで眠れない」
 手を引いてもらい、立ち上がって歩こうとしたとき、両足の間がひどく粘ってぬめるのがわかった。破瓜の血なのか淫らな体液なのか。まだ、内側に居座る異物感も生々しい。労るように体を流してもらい、私も同じように返した。一線を越えるとはよくいったもので、キスも愛撫も躊躇いがなくなった。愛おしくて、ただ、ひたすらに繰り返される。

『あの人だってただの男だぞ?』

 いつかの同僚が言っていた言葉が、鼓膜に蘇る。

「恋の始め方間違えました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く