話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋の始め方間違えました。

森野きの子

 聞き耳を立てるつもりはないけど、お客さんではなさそうだ。真壁さんは通話を終えると、可笑しそうに喉を鳴らした。
「益子が経理課長に怒鳴り込んで息子の居場所つきとめたってさ」
「えっ? 益子くんが?」
「ま、日頃経費使いすぎだなんだ厭味言われまくってるからな。いい機会だったんだろう」
「そんなことして大丈夫ですかね?」
「あいつなら大丈夫だろ。さて食おう」
 真壁さんは何事もなかったように食事を始める。
「あ、織部。そろそろ有給消化しろよ」
「はい。母と温泉でも行こうかなって考えてました」
「親孝行だな」
 一緒に行く恋人はいないのかと揶揄されがちだけど真壁さんは言わない。当然ながら私に恋人がいるかいないかなんて気にならないってこと。ただの部下だってわかっているけど、ちょっとくらいなんかあってもいいんじゃないかなぁと思う。
 真壁さんにお昼をご馳走になって会社に戻ってるだけなんだけどドライブと思えば、こんなラッキーな事はなかなかない。これ以上望むなんてバチがあたる。会社に戻ると会議室の前に人が集まっていた。
「ふざけんな! 一億の契約だぞ!? お前が補償すんのか!? あ!? なにがストレスだボケ!! ストレス抱えてないサラリーマンがどこにいるんだよ!!」
 益子の怒号と物音がして真壁さんと中に入ると、涙と鼻水まみれで怯えきったバカ息子と益子がこちらを向いた。
「今、この人に殴られました! 怒鳴り付けられて精神的にもめちゃくちゃです! 訴えます!」
「背もたれ殴ったらかすっただけだろーが」
 益子がバカ息子に詰め寄り、真壁さんが二人の間に入って、益子の肩を制した。
「もういい。あとは弁護士に任せよう」
「……わかりました」
 視線をそらした益子と目が合った。真壁さんとこちらに(というか出口に向かって)来た。
「コーヒー頼んでいい?」
 と、やけにさっぱりとした表情の益子が言った。
「あ、うん」
「俺も」
「はい。わかりました」
「とりあえず三人分淹れたら第二会議室集合な」
 ビシッと人差し指を向け、益子は真壁さんと部屋を出ていった。
 バカ息子を振り返ると、外から「そいつはほっといて早くコーヒー!」と益子の声がした。

「恋の始め方間違えました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く