話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋の始め方間違えました。

森野きの子

 私の部下に経理課長の息子がいるが、こいつがまるで使えない。
 就業時間ギリギリに出社してくるし、自分のせいで書類作成が遅れていても残業はしないし、家でやってくるという発想もない。おかげで雑務とストレスが増え、睡眠時間が減り、生理不順になった。
 やる気が出ないのなら仕事の楽しみをわかってもらおうと、真壁さんと相談してお客様を一人紹介してもらい、契約書にサインを頂くだけまでに整えた。
 その当日のこと。
 新人は遅刻した上に書類を恋人の部屋に忘れてきたとほざいた。あまりにふざけた態度に堪忍袋の緒がスパークして、待ち合わせの喫茶店で怒鳴ってしまった。書類を取りに行かせ、益子と真壁さんに連絡をいれておいた。なにかあった時は二人がフォローに回れるよう連絡することになっている。が、益子も真壁さんも忙しいのか留守電に切り替わった。用件をふきこみ、ハーブティーを注文した。念のため待ち合わせ時間を早めておいて正解だった。
 しかし、束の間の休息はじわじわと焦燥に変わる。余裕を持っておいたはずの時間が無情にも消耗されていく。彼が店を出て四十分。約束の時間まで三十分を切った。電話をしても留守電に切り替わる。
 肝心の書類がない。どうして予備を作って持っておかなかったのだろう。詰めが甘かった。私の失態だ。真壁さんに紹介して貰ったお客様なのに。
 目頭にキュッと痛みが走る。泣いてる場合じゃないのはわかっているけれど、焦りと怒りと悔しさがぐちゃぐちゃと胸一杯に込み上げてくる。
 泣いてる場合じゃないともう一度言い聞かせ、喫茶店を出た。私が乗ってきた社用車はあいつが乗っていってしまった。タクシーを拾って真壁さんに電話をかける。留守電に状況説明を吹き込んで、電話を切る。同時に益子から着信が入った。
「はい。織部です」
「あいつやらかしたみたいだな。時間大丈夫か? 予備の書類は?」
「時間はギリギリ。予備は持ってない」
「お前もやらかしてんじゃねーか。で、どこにいんだ」
「とりあえずタクシーにのってお客様のところに向かってる」
「馬鹿か。相手に連絡入れて会社に取りに行けばいいだろ。予備の書類」
「……作ってない」
「は? お前そんな使えない奴だったっけ?」
 受話器越しの呆れ声が頭に直撃して思考が止まる。返す言葉もみつからない。
「……すみません」
「俺に謝られてもな」
 益子は溜息をついて電話を切った。
 私はなにをしにお客さんのところに向かっているんだろう。書類はないし、手土産の焼菓子もあっちの車の中で手ぶらだし。
 とりあえず謝罪に行こう。
 頭の中がぐちゃぐちゃでまともな思考が成り立たない。

「恋の始め方間違えました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く