話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【未完結】異世界帰りした英雄はソシャゲ運営で最強ビジネスはじめます!

ノベルバユーザー542862

第6話 吉祥寺の怪しい買取屋


能力ガチャをするためには、ガチャ自販機を設置しないといけない。

そして、その前に、ガチャの中身を用意しないといけない。

そう、つまりは仕入れ。
まず能力を収穫しないといけないわけだ。

とにかく沢山である。

あてのない人ひとりの足で回収して回っていては、流石に限界があるというもの。
そのため、向こうから来てもらうことにした。


⌛︎⌛︎⌛︎


華やかな街、吉祥寺きちじょうじ
昼間でもおかまいなく、大企業の広告が、画質の良い電光掲示板いっぱいに流れていく。

そんな駅前に陣取り、ブラック企業で鍛えた愛想スマイルを道行く人々にふりまくのは、これ俺、重課金アギトだ。

だんだんと熱くなってきて、肌に夏を感じさせるこの頃。
涼しげな格好の老若男女が往来する場へ、投入した唯一の戦力を生温かく見守るのが俺の務めである。

「あなたの特技を教えてくれるだけで、5000円プレゼントいたします! さぁさぁ、 お立ち寄りください! 希代の天才占い師の謎活動にご参加ください!」

中身はアレな、見目麗しい看板娘が、怪しすぎる街頭宣伝を一生懸命におこなってくれている。

彼女の容姿はまったくもって問題ないが、内容が内容だけに、駅にくりだして来た時は正直、見向きもされないのではないかと、内心ひよっていた。

だが、人というのは珍しいもの、謎なものを追求する癖があるのだろうか。これが意外に人が集まるから面白い。

「5000円って本当ですか?」

釣られてやってきたのは、若き男子高校生。
部活帰りの途中か、後方では、おなじウィンドブレーカーを着こんだ少年達がたむろしている。

「ええ、もちろん。あなたのもつ個性、特技、経験、人格、記憶、どんなものでもいいので50個ほどあげてくれますか?」

「50個!? す、すみません、そんなに特技持ってないです……」

「いえいえ、必ずあるはずです。どんな些細な事でも構いません。例えばほら、ここに500円玉があるでしょう? これをひっくり返す。ほら、これは『500円玉を表から裏にひっくり返す』特技じゃないですか」

「そんな事でいいんですか? それじゃあ……ペンを手で持てます、とかは?」

「エクセレント、素晴らしいです」

「授業中すぐ寝ちゃいます。あと、右手がありますとかでもいいですか?」

「いいですよ、その調子です」

「あとは、弟がいます、友達がいます、人と喋れます、サッカーができます、それと、我慢強いですーー」

およそ2分、たっぷりの情報を得て、そのなかから頂けそうなものをいただく。

すべては貰わない、否、

概念的な事象は、基本的に奪ってもバレにくい。

またその能力が訓練や日々の生活で、ふたたび身につくのを待てば実質的に、その能力は再生する。

例えば『ペンを手で持てる』という能力。
もし『能力化コンプレッション』したら、きっとこの男の子は、明日の午前中はペンを持てなくなるだろう。

しかし、何もペンが持てないだけで、指が無くなったわけでも、腕の筋肉が破壊されたわけでもない。

ゆえに、何度か挑戦するうちにペンの持ち方は思いだすはずだ。

しかし、『右手がある』、これは危ない。

このあたりは俺にも判定がわからない可能性が、多分にあるからだ。

いや、十中八九、異世界の経験からすると、『右手がある』という能力を奪ってしまった場合は、このサッカー少年の腕自体が消滅するだろう。

流石にそうとなれば、俺はとても責任を取れないし、オカルティックなこの怪しい謎ビジネスも続けられなくなる。

「うわっ、すげぇ、本当に5000円もらえたじゃん!」
「俺もやろ!」
「俺も!」

電子貨幣5000円が送金された画面をかかげ、少年が仲間たちにかこまれていく。

すぐに、サッカー少年たちがはしゃぎながら、嬉々としてこぞって迫ってきた。

よしよし、いい感じだ。

後部の彼らには、先に特技を50個を紙にでも書いてもらって待っていてもらおう。

俺はそんな事を思いながら、生成した『スクロール』を俺自身に『施しチャリティ』していく。

基本的に外部から付与した能力は、重複することが可能で、おなじ『ペンを持つ』という能力をいくら被せても、溶けてひとつの能力になってしまうことはない。

ゆえに荷物がかさばらないように、すぐに『施しチャリティ』するのが、長年の経験上、吉だ。

ただ、俺が受け取るに危ない能力たちーー見た目が変わってしまうなどのスクロールたちは、背後の段ボールへ放っておくが。

この日、俺たちは日暮れまで、加速度的に増していく人の波をなんとか制御して、雑多な能力を回収しまくった。

そのほとんどが、取るに足らない凡能力だが、必要とする者にとっては垂涎すいぜんものの能力である。

それに、いくつかの貴重な能力も獲得できた。

おおむね能力集めは順調と言えるだろう。
きっと次は、もっと人がくる。
ともすればより多くの人材が欲しいところ。
何か策を考えないといけまい。

「【未完結】異世界帰りした英雄はソシャゲ運営で最強ビジネスはじめます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く