話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【未完結】異世界帰りした英雄はソシャゲ運営で最強ビジネスはじめます!

ノベルバユーザー542862

第2話 『能力化』と『施し』


3階建ての雑居ビル。
華やかな吉祥寺の町の、その影に息を潜めるようにたつこの建物の2階と3階が我が社だ。

ノスタルジーに浸りながら、50年前に飛び出したオフィス、いや、こちらの世界では数分と経ってないかもしれない、そのオフィスへ舞いもどる。

「おぉ、重課金じゅうかきんアキラくん、戻ったかね。いやはや、そしゃげ、とか言ったか? そんなくだらないモノにお金を使わず、君ははやく同僚たちに借りている金を返したまえよ」

部長か、こいつも懐かしい。

爪を手入れしながら、こちらを一瞥いちべつ
社内ニートの意地を見せるかのような、何も置かれてない綺麗なデスクにヤスリをおき、両手を顔のまえでくんで嫌らしい笑みをうかべる。

このハゲ上がった定年間近の老害もまた、俺をいじめてくるひとり。
もっとも、時間をおいて客観的に見てみると、俺に責められる要因が累積るいせきしていたようなので、噛みついたりはしない。俺も成長したのだ。

まぁ、このまま彼のもとで不毛な職務につき続ける気は毛頭ないがーー。

俺は凪のような、穏やかな止水の境地で、静かな微笑みうかべ、煽ってくる部長をいなす。
自身のデスクへと腰をおろす。

「アキラ先輩、アキラ先輩、あの、やっぱり、怒ってますか? 先輩の盛大な爆死に、飯ウマ言いながら、お昼食べてた私のこと怒ってますか? だとしたら、すみません。あんなに発狂するほど追い込まれてたなんて、これっぽっちも思ってなかったんですよ」

美しい女性、まだ若く期待の新人、緑水髪のスズが透き通る瞳をまっすぐに、呆気からんとした顔で50年遅れの謝罪をしてくる。

こっちは、お前のせいで死んでるっての。

本当ならもっと反省してほしい……が、まぁ、許す。俺の興味は、もうそんなところにはないしな。

今はただ、賢者が持たせてくれた能力が、この世界でも正常に発動するのか、試してみたくて仕方がない。

異世界において息をするように使っていた神級能力ドームズ・アビリティ・『能力化コンプレッション』と、神級を補助する周辺能力2、3個の詰めあわせ。

この俺の十八番、『能力化コンプレッション』、何ができるのかといえば……そう、例えば、こんなことができる。

「ぐそぉぉ……どうして、どうしてアキラなぞに楊貴妃ちゃんは微笑んだんだ……どれだけ、君のために捧げたと思って……」

いいところへ、ちょうど戻ってきた、外道上司。

悔しいことにコイツが、なかなかの濃い顔イケメンだ。

10段階評価するなら、ランク6くらいはあげられる。

そんな彼へ我が右手を向ければ、どうなるかーー能力発動。

「あれ、外道先輩なんだか、顔が……」

「あんだよ、こっちは最悪の気分だって言うのに……ッ、んだぁあ゛あ゛あ゛ぁぁぁあああー!?」

悪戯いたずらにさっそく気がついた社員に、機嫌悪く噛みつくも、手鏡を渡されて、またしても発狂。

それも、そのはず、彼は個性を失ったのだ。
彼の個性たる、その顔は俺の手のなかの『スクロール』に納められている。

これが俺の能力の力。
あらゆる概念、どんな物理現象でも俺が『能力』と認識できれば、そのいっさいを『スクロール羊皮紙』にかえて道具化することで、取得できるのだ。

外道上司は二枚目の男だったが、それを証明していた能力『濃い顔・イケメン・えくぼ・ランク6』がなくなれば、そこに顔面ステータスは残らない。

本来存在しないのランクがいくつかわからない分、能力としてもっていた顔を奪ってしまえば、
あとに残るのは、神すら保証できない誤算の辻褄合わせだけだ。『能力化コンプレッション』などという、概念と物理現象を越えた力がなければ、生まれなかった悪魔的矛盾だけなのだ。

人が物理的に、2つの顔を持つなど、ありえないのだから。

「外道先輩! 落ち着いてください!」
「ぁぁああああー! な゛ん゛でぇげえ!? おでの、オデノ顔がぁああぁあー!?」

床を転げまわる上司に、社員がかつもくする。
一方で、俺は手に持つ丸めたスクロールを、今度はバケ頭の社内ニートへとむけた。

能力発動。

これが『能力化コンプレッション』を補佐するもうひとつの力、『施しチャリティ』だ。

「む、なんだか、イケメンになった気が……」
「うぇ!? 先輩の顔が部長に!? え、え?」
「部長、イケメンになってますよ!」
「お、れ、の顔、オレの顔、カエセェェェエエ!」
「やめ、そのカオを私にちかづけるんじゃないぃい!」

性悪の二枚目顔を手にいれた社内ニートに、のっぺり顔のホラーテイスト男がおそいかかり、もはやオフィスはカオスも呆れる混沌へおちいった。

もう俺には関係のないことなので、好き勝手やらせてもらおう。

もっとも能力は正常に発動した。
それだけわかれば、十分なんだけどね。

「う、うわぁ、なんか面倒くさそうな事になってますね」
「スズも関わらないほうがいいよ。ああ、それよりも、未だにキーボードの打鍵が遅くて困ってるって言ってたっけ。いまから催眠術かけたら、打鍵速度あがるって言ったら信じるか?」

「え? 何バカなこと言ってるんですか。あんまアホな事言ってると、また爆死しますよ」

肩をすくめ相手にしてくれないスズへ、俺のなかから直接タイピングスキルを譲渡じょうとをする。

俺からすれば、この優秀すぎる後輩スズは恐ろしく速く、性格で、スマートにキーボードを弾くのだが、本人はまだまだ不満らしい。向上心の塊なんだろな。

この力なら、きっと彼女の同人活動、アプリ開発のために役立ててくれるはずだ。

最後に猫騙ねこだましのように手のひらを叩き合わせれば、催眠術(笑)は完了である。

「嘘っ、あれ、ちょっと速くなった? 速くなったような気がする! いや、やっぱ速くなってない?」

うむ、俺のもともとのスキルが低すぎたせいで、実感を感じてもらいづらいか。
まぁいい、嬉しそうに白い歯をのぞかせる後輩の笑顔が見れたなら、それで満足だ。

自分からの能力付与のうりょくふよも正常に働くことも確認できた。

「はは、先輩ってただの重課金じゃなかったんですね。ありがとうございます。なんだか今日ははやく帰れそうです」

「いいって事だ。……それじゃあな、スズ」

「ん? じゃあな、って何言ってーー」

彼女とはここでお別れ。

スズからはじめ、順々にオフィス内の人間へ手をかかげて『能力化コンプレッション』を発動。

本来の射程は30センチそこいらなのだが、長い研鑽でその射程は比べ物にならない領域に達している。
俺の能力はもはや神級ドームズすら超えているのだ。

この能力でもって、彼らから奪う能力、それは『重課金アキラの存在を記憶する』という能力。

手のなかに生成される数十本のスクロールを、カバンにつめて俺はオフィスをでる。

しがらみは絶った。
あとは俺の好きなようにやるターンだ。

「ふぅー、スッキリスッキリ」

ぐっと伸びをして吉祥寺の街へ繰りだそう。ああ、そうだ家で待っているあの子に会いにいかなくては……と、その時、一歩、二歩、歩かぬうちに建物の影からゾロゾロと出てくる手勢がご登場。

皆、穏やかでない、威圧的な表情をしている。

「はーい、重課金アキラちゃあ〜ん! 気持ちよく早退のところ悪いけど、お金の徴収に来ましたぁあ〜! 島津しまづ組のカエサル岡崎でぇす。おぼえてるぅ〜?」

こいつらヤクザやん。
ああ、なるほどまだ借金取り立てに来てたのか。
50年も顔見ないから、すっかり忘れてたな。

「あー、カエサル奥様だったか? 俺のことは、忘れた方が、お互いとためだと思いますよ」
「馬鹿なこと言わないでよねぇん〜♡  それじゃ食べちゃうわよぉ!」

背筋の凍る口調と、好戦的な、獲物をとらえる獣の目が返答。

やれやれ、荒事はもうこりたと言うのに。

50年前、闇金に手を出したことを後悔しながら、俺はそっとジャケットを脱ぎさった。

「【未完結】異世界帰りした英雄はソシャゲ運営で最強ビジネスはじめます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く