話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】やりこんだ死にゲーに転生、ただし【モブ】です〜ご存知″フロムハードウェア″の大傑作『フラッドボーン 』に転生した件〜

ノベルバユーザー542862

第15話 メインウェポン調達


ミスター・クラフトとの決闘で汗をかいてしまったので、またお風呂を借りることにした。

気持ちよく汗を流して、リビングに戻る途中、廊下で婚約者の姿を見つけた。

「エド、エド……」

瞳を潤ませ、もじもじ恥ずかしそう俺の名前を呟いていた。

ただならぬ気配に、俺は息を呑んだ。

あれ、狂気に呑まれてる……?

『フラッドボーン』では、物語の進行にあわせてだんだんバーナム市民たちが″イカれだす″のごお約束となっている。

一応、俺がモブキャラなら、もちろんマーシーもモブキャラなので、彼女も物語進行にともなう″発狂度の増加″から逃れることはできない。

「エド、エド……!」
「ど、どうした、マーシー! しっかりしろ! 狂気に呑まれるな!」

マーシーの細い肩に手を乗せる。

「エド、エド、エド……大好きーっ!」

マーシーはほっぺたを赤く染めて、俺の耳に噛みついて来ながら言った。

なんだ、ただ可愛いだったかぁ。

「俺も大好きだよー、よしよし」

俺は柔らかい彼女の金髪をなでて言う。
抱きしめると、俺のお腹あたりに彼女の慎ましい胸あたって、ふにゃあっと潰れる。

これは、よくないよ。うん。

「くんくん♪ えへへ、エドの匂いがする〜!」

マーシーは鼻をヒクヒクさせて、おでこを俺の胸にこすりつけてくる。

だめだ、このマーシーは可愛すぎる。

このままだと、おっさん暴走してしまいそうだ。

「マーシー、ちょっと、落ち着いて」

マーシーを引き剥がして、甘える声で後ろから抱きついてくる彼女をそのままに、俺はリビングに戻ることにした。

リビングに入ると、ミスター・クラフトがいた。

ミスター・クラフトは俺を見とマーシーを見るなり目を丸くする。

「エドウィンくん。それにマーシーも…………あー、ふたりとも、世界に没入してるところ悪いが、少しいいかな?」

ミスター・クラフトは恥ずかしくて見てられないとばかりに、視線をそらして言った。

仕方ない。
俺たちは今、最高にあつあつのカップルだからな。

ただ、まあ、そんなこというと「やっぱり、娘、返して」とか言い出しそうだし、見てる側としてはうざいだろうから、ここらへんでやめておくことにする。

マーシーの頭を撫でて、二階で待っているようつたえた。

それを見てミスター・クラフトは、机の上の″銃″を手にとって悪どい笑みをうかべて言う。

「よかった、エドウィンくん。これ以上イチャつこうものなら、コレを使って頭を撃ち抜いてるところだったよ?」
「……勘弁してください。顔がマジじゃないですか」

俺はそう言って、ミスター・クラフトから危ない凶器を受け取った。

たたいま、婚約者の父君からいただいたのは、『銀人』が『魔獣狩り』に使用する銃だ。

水銀弾を撃ちだす特殊な銃で、銀人たちは弾を撃つ前に、水銀に射者の血を混ぜで携行しておくのが常のかわった逸品。

モブキャラの俺はステータス上、水質だけはまともに高いので、近接戦が弱くても銃の威力だけは、高い数値を叩き出せる。

中折れ式の単発銃。

俺はバレルを開いて、試しに水銀弾をこめて、ひっかかりがないかを確認する。



「パーフェクトだ、ウォルター」
「え、エドウィンくん? 急にどうしたんだね?」
「いえ……すみません、なんか急に言いたくなっちゃって。……んっん、鏡のように磨き上げられたハンマー。リロードの際にもひっかかりが少なく、排莢作業を確実におこなえる。アイアンサイトも見やすくされてますね、『魔獣狩りの短銃』、素晴らしいです」
「ずいぶんと手馴れているね……ふふ、まあ、銃の質に関しては当たり前だろう、エドウィンくん、それはこの私の鍛治工房で造ったんだからね」

ミスター・クラフトは自慢げに語った。

『魔獣狩りの短銃』とは、『フラッドボーン』を代表するもっともポピュラーな銃武器にして、最初期に手に入る武器のひとつだ。

単発式、先端がやや広がったラッパ銃であり、威力はそこそこ、連射力もそこそこ。

汎用性があり、使いやすい。
もっとも、ステータスの水質を上げることによる、ダメージの上昇率ーー『フラッドボーン』では補正値などと言うーーは、良い部類ではないので、最高のダメージは期待できない。

だが、最初に持つ武器としては十分すぎる性能だ。

「あの、クラフトさん、この銃ってリロードしないとダメですか?」

銃を片手でまっすぐ構え、俺はミスターにたずねた。

ミスターは不思議そうな顔をして「当たり前だろう? 銃なんだから。ていうか今してなかった?」と、疑問符を頭のうえにうかべて、至極真っ当なことを言ってきた。

やはり、そうか。
いや、わかってたよ、モブキャラには必要だって、銃のリロードが。

「はあ……」

俺がおかしな質問をしたのには訳がある。

『フラッドボーン』というゲームでは、基本的にプレイヤーは″銃のリロードをしない″。

そう、しないのだ。
明らかに単発式の銃なのに。
どうみても次弾を装填してないのに、バンバン連射できるのだ。

これはスピード感のある、スタイリッシュな死闘を演出するためらしい。

本来ならリロードしないと撃てるわけないのにな……。
敵であるモブキャラたちは、ちゃんとリロードするのにな……。

ただ、「リロードしないと撃てないよ」に対して「はい、そうですか」と素直に認めるわけにはいかない。

なぜなら、単発式銃のリロードなんてした事ないし、一発しか弾が撃てないなんて、縛りプレイもはなはだしいからだ。

「クラフトさん、この銃、あと5丁ください」
「?!」

一発しか弾が装填できないのなら、たくさん銃を持てばいい。

よし、これで問題は解決だな。

「二丁拳銃、銃の使い捨て……ふふ」

厨二心くすぐるスタイルに、不思議と笑みが溢れてしまった。

「エドウィンくんは、そんなに強いのに、なぜわざわざ銃を使うなんていうんだい?」

この世界の銃は、わりと当たっても死なないような設定があるので、彼の発言はおかしくはない。

普通に考えて銃使わないで、剣をふるとかバカかよ、と思うがここはゲームの世界だ。

「マーシーを守るためですよ、クラフトさん」
「む、ならば、仕方ない。ありったけの『魔獣狩りの短銃』を持っていくといい」

どうやらミスター・クラフトに変なスイッチを入れてしまったらしい。

この晩、俺の家には合計8丁の『魔獣狩りの短銃』と300発の水銀弾が届けられることになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「面白い!」「面白くなりそう!」
「続きが気になる!「更新してくれ!」

そう思ってくれたら、広告の下にある評価の星「☆☆☆」を「★★★」にしてフィードバックしてほしいです!

ほんとうに大事なポイントです!
評価してもらえると、続きを書くモチベがめっちゃ上がるので最高の応援になります!

「【完結】やりこんだ死にゲーに転生、ただし【モブ】です〜ご存知″フロムハードウェア″の大傑作『フラッドボーン 』に転生した件〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く