話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】やりこんだ死にゲーに転生、ただし【モブ】です〜ご存知″フロムハードウェア″の大傑作『フラッドボーン 』に転生した件〜

ノベルバユーザー542862

第6話 主人公は死なせちゃいけない


旧市街に到着した。

あたりは静かだった。
見たところ街が燃えている様子も、これから燃える様子もない。

もし今日が″問題の日″なら、ここで物語が始まるための必須のイベントが起こる。

イベントの内容はこうだ。

不治の病をわずらい、古都バーナムに治療のあてを求めて流れ着いた異邦人(主人公)が、この街で初めて『魔獣』に遭遇する。

今、俺が見張ってる通りに馬車が来るのだ。
馬車には主人公が乗ってる。

これはまさしく『フラッドボーン』の始まりだ。

そこで、主人公は逃げなくちゃいけない。

そこそこ強い魔獣に追われるが、武器も持たされてないので、ある地点まで逃げるしか選択肢はないのだが、一応、このゲーム″素手″という武器が存在している。

そのため、初心者はだいたい戦ってしまう。
これがいけない。時間の無駄だし、勝てない。

主人公は死んでももちろん、復活する。

彼らには『銀人ぎんじんゆめ』と呼ばれる″拠点″のような異空間が、心強い味方としてついており、そこで経験値を使ってレベルアップして、ステータスを振り分けたり、武器を強化したり、アイテムを購入したりできる。

ちなみにストーリーミッション中は、何度でもこの『銀人の夢』には入れるが、そうでない時、つまり『平穏』フェイズの多くの場合は『銀人の夢』には入れない。

レベルアップなどのもろもろは『平穏』フェイズでは、もっと別の場所でおこなうからだ。

と、まぁ、主人公視点の事情ならよく理解してるのだが、これが一般モブキャラ視点だと、まったくどういうふうに状況が変わるのかはわからない。

ストーリーミッション中、主人公が死んだら、ロード画面をはさむので、周囲の敵は配置がリセットされてしまう。

つまり、モブキャラはリセットだ。

そうなると、″新しいモブキャラは、まだ俺なのか?″問題が発生する。

俺の意識までフロムハードウェアは保証してくれてるのか。

感覚でいえば、保証されるわけがない。

だって、もといた場所に再配置される敵キャラが、主人公の記憶をもってたら、攻略させないように、対策でも立ててくるかもしれないじゃないか。

なんだ、そのゲーム。
流石にクリアできないだろ。
主人公以外、ループ物語の目線のキャラなんて。

ゆえに恐らくは、主人公がストーリーミッションを始めたら、主人公にバッドエンドルートを回避させた上で、さらに主人公には″ただの一度″も死なれないようにしないといけない、ということだ。

「ふぅ……死にゲーで死ぬな……厳しいぞ、これ……2万時間やり込んだ俺なら楽勝だけど……ん?」

始まりの通り。
主人公を乗せた馬車がやってきてしまった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「面白い!」「面白くなりそう!」
「続きが気になる!「更新してくれ!」

そう思ってくれたら、広告の下にある評価の星「☆☆☆」を「★★★」にしてフィードバックしてほしいです!

ほんとうに大事なポイントです!
評価してもらえると、続きを書くモチベがめっちゃ上がるので最高の応援になります!

「【完結】やりこんだ死にゲーに転生、ただし【モブ】です〜ご存知″フロムハードウェア″の大傑作『フラッドボーン 』に転生した件〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く