話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】努力の怪物が指パッチンを極めたら世界最強に〜スキル【収納】の発動を指パッチンに″限定″したら無限の可能性が待っていた〜

ノベルバユーザー542862

第47話 花見をしよう


翌朝。

まどろみながら肉体に備えつけられた目覚ましにしたがい、俺は武器屋をでた。

寝ぼけまなこを擦り、神官たちに挨拶しながら、マリーを起こしにいく。

本日のマリーもやはり、目覚めが悪かった。

俺もめちゃくちゃ眠いのに、こうも気持ちよく眠られると、こっちまで睡魔が力を取り戻してしまう。

加えて厄介なのは、手のひらから伝わる温かさと、きめ細かな髪のあまりの触り心地の良さ。

「むにゃむにゃ、これは、ちょっと、まずい……がくっ」

俺は半ば眠りながら、マリーの頭を優しく撫でつづけた。


⌛︎⌛︎⌛︎


壊れものを慈しむ優しさに溢れた手が頭を撫でてくれる。

毎朝の楽しみのひとつに、ニヤける顔を枕で隠して、本日も【施しの聖女】は最高に幸せな時間を楽しんでいた。

(誰にもとがめられずに、マックスと触れあえるチャンス。いつもは申し訳なさに起きちゃうけど、今日はこのまま昼まで起きないつもりなんだから!)

ゆっくりと動かされる手のひらから伝わる温かさに、極楽の気分にひたるマリー。

まずい、顔が満面の笑みになっているのがバレてしまう。と、マリーは悶えたい気持ちを押し殺して、少年の時間を奪ってしまうことへの罪悪感に顔をそむけながら、ひたすら世界で最も大切な彼との時間を楽しむ。

果たして″触れ合い″にカウントされるのか謎の時間は、しばし続きーーふと、マリーは自身の頭をなでる手が、自身の頭に乗せられたまま動かなくなったことに気がついた。

(え、あれ? これどういう状態?)

困惑しながら枕に顔をうずめた姿勢で動けないマリー。

1分、2分、3分経ってもマックスの手は動かず。

後頭部に蓄積されるぬくもりだけが高まっていく。

マリーは恐る恐る、頭をずるずる動かして、マックスのほうへと顔をむけた。

「っ」

鼻先で心地良さそうに寝息をたてる顔。
いつまでも見ていられる絶景だった。

マリーは息を忘れて凝視する。
ピクピクしたまぶたの動き、鼻先の輪郭、唇の開き加減、彼自身の匂いにいたるまで、ここまで間近で観察できる機会はそうそうにない。

(なんたる事なのっ! はぁ……大人びてカッコよくなりすぎちゃったけど、寝ていると昔のままだわっ!)

ひとり大興奮する聖女は内心で踊りながら、マックスの寝顔をまぶたに必死に焼きつけた。


⌛︎⌛︎⌛︎


その日の午後、ジークタリアスでは多くの市民が、街の復興作業の英気を養うため、お花見へと挑んでいた。

桜の木はたったひとつ。
それを楽しみにする人間は、あまりにも多い。

ゆえ、花見は1日を通して代わる代わる行われて、夜になるまでそれは続いた。

ーーカチッ

時刻は19時20分。

指を弾いて懐中時計をしまい、俺は魔力灯で照らされた夜桜のもとへ向かった。

東の丘にたどりつくと、そこはまだ大勢の人で賑わっていた。
俺が期待した静かな夜のなかで、聖女とふたりきり、しっぽりとロマンチックな空気を楽しむ期待は見事、筋肉を見せびらかす神威の騎士と、ジークタリアスの男衆によって打ち砕かれる。

あいつらめ、マリーがこの時間に花見をするからって、わざわざ時間を合わせたな。

「なんという邪魔者だ……」
「邪魔者っ! ご主人マスター、僕なら焼き尽くそうか!」
「なんでお前もついてきたんだ……」

お前も邪魔者のひとりだよ、とジークに言ってやりたい。

「あ、マックス! 来たのね、て……あぁあ! ちょっとその男!」

照らされる夜桜をバックに。

夜でも可憐なマリーは、こちらへ走り寄ってくるなり、アホ顔をさらすジークへ指を突きつけた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「面白い!」「面白くなりそう!」
「続きが気になる!「更新してくれ!」

そう思ってくれたら、広告の下にある評価の星「☆☆☆」を「★★★」にしてフィードバックしてほしいです!

ほんとうに大事なポイントです!
評価してもらえると、続きを書くモチベがめっちゃ上がるので最高の応援になります!

「【完結】努力の怪物が指パッチンを極めたら世界最強に〜スキル【収納】の発動を指パッチンに″限定″したら無限の可能性が待っていた〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く