話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】努力の怪物が指パッチンを極めたら世界最強に〜スキル【収納】の発動を指パッチンに″限定″したら無限の可能性が待っていた〜

ノベルバユーザー542862

第46話 桜奪還


ーーパチン

「どうへぇあ?!」

剣をぬいたボサボサ髪の男へ指を鳴らして、乱気流を叩きつける。

すると、石煉瓦で出来た壁を突き破り、通路の壁に上半身をめり込ませて、静かになった。

「まぁ、ドラゴンだって一撃なんだ。よくわかんない人間が耐えられるわけないよな」

俺は当然の結果にホッと内心で安堵しながら、廊下へと出てみることにした。

「あ、ご主人マスター! あの男焼き殺したぞー! 僕が倒したんだっ! ドラゴンに逆らう愚かな人間を!」

「おお、ジークもどっか移動させられてたのか? となるとオーウェンも?」

褒めて欲しくてしかたないジークへ「凄い凄い」と称賛をおくりながら、直感にしたがって廊下をいく。

「マックス、ジーク、無事だったか」

しばらく歩くと、何やらボロボロのオーウェンに再会することができた。

どういうわけか刀を抜身で持っており、刃から血がしたたり落ちている。

「この建物の連中を斬りながら進んでいてな」
「痛そうだな……大丈夫かよ? これあげるから、食べろよ」

緑の果実を取りだしてオーウェンに渡す。

オーウェンは果実をじーっと見つめた後、俺の方をチラッと見て嬉しげに微笑びしょうし、「悪いな」と言って皮をかじりはじめた。

俺たちはその後、道中に襲ってきた犯罪組織の連中をなぎたおして、オーウェンの案内で桜の部屋まで戻ってきた。

「ん」

「どうしたんだ、オーウェン?」

「いや、ここでドゥアという男を倒したのだが……

「ドゥア? それってあのボサボサってした髪の男か? あいつなら俺が倒したけど」

「……なに?」

オーウェンは顔をこちらへむけて眉をひそめた。

「ボサボサ髪? ご主人マスターは嘘をついてるぞ! あいつなら僕が倒したんだからなー!」

「……どういうことだ? 同じ人間を俺たちはみんなそれぞれ倒している。そして、俺の倒したドゥアは遺体ごと消えている」

オーウェンと俺は腕を組みしばらく思考。

ポケーっとし、最高にカッコいいイケメンフェイスに、一番似合わない顔で待つジークを横目に、俺たちは結論をだす。

「スキルか」
「スキルだろうな。思うに、すべてが偽物、いや、あるいは本物なのかもしれないが、まるで″影″のような実態のある分身を作れる能力なんだろう。強力なスキルだ」

オーウェンの分析に俺も納得してうなづく。

聞いたこともないスキルだが、この世界の不思議な現象はだいたいスキルを疑っておけば、正解にたどり着けるというものだ。

二つ名が『孤影の騎士』なのだし、きっとあの男のスキルには″影″というモノが重要な役割を持っているんだろう。

「まぁいい。もう襲ってこないよな? 俺たちには勝てないってわかっただろうし」
「そうとも限らない。はやくここを脱出するに越したことはない」

俺とオーウェンはお互いにうなづきあい、桜の木を見上げた。

この木を運び出す手段なら、指を鳴らし廊下の連中を倒し進んでた時に、すでに思いついている。

俺はジークの肩に、手を添えた。

「ジーク、ドラゴンになって屋根を吹き飛ばせ。そして、桜の木を周囲の床ごと掘りかえして崖上に持っていくんだ」

「っ、大仕事! 了解だぞ、ご主人マスター!」

ジークは俺の頼みを快諾してくれた。

地面に四肢をつき、蒼の貴族礼服を突き破り、背中から翼を生やし、どんどん体を巨大化させていく。

ジークは肉体変態の最中にさっそく口からブレスを吐き、天井をただの一撃で木っ端微塵に破壊して、蒸発させてしまった。

ご主人マスター、剣豪、オレの背中に乗るんだ」

俺とオーウェンが大きな蒼い背中に乗ると、彼は桜の根のわきに手を突っ込み、優しく包みこむように、木の根っこ部分をもって、翼を羽ばたかせはじめる。

羽ばたきだけで桜の花びらが散り、建物が崩壊し始めているが、これは仕方ない。

ジークはそのままぐんぐんと高度を上げていき、やがて霧の包囲網を突破して、新月の夜へと帰還した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「面白い!」「面白くなりそう!」
「続きが気になる!「更新してくれ!」

そう思ってくれたら、広告の下にある評価の星「☆☆☆」を「★★★」にしてフィードバックしてほしいです!

ほんとうに大事なポイントです!
評価してもらえると、続きを書くモチベがめっちゃ上がるので最高の応援になります!

「【完結】努力の怪物が指パッチンを極めたら世界最強に〜スキル【収納】の発動を指パッチンに″限定″したら無限の可能性が待っていた〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く