話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】努力の怪物が指パッチンを極めたら世界最強に〜スキル【収納】の発動を指パッチンに″限定″したら無限の可能性が待っていた〜

ノベルバユーザー542862

第19話 帰還の運び屋


のぼれどのぼれど、川は続いている。

代わり映えしない風景。

けれど、ひとつだけ俺は変わった試行結果を得ていた。

「ふーん」

両手を後ろで組み、川のほとりに突き刺さった、大木を見上げる。

乱気流とかで撃ちだすのにちょうど良さそうじゃないか。

「これは、スキル開発のため、瞑想するまえに俺が打ち込んだ目印のはず。んで、目印を打った地点は、もう遥か川下にあるはず。つまり……」

俺はあごに手をあてて、ちょっと考える。

「……ふむ」

ゆっくりとまぶたを開けた。

「これは、ループ現象、か」

ループ現象。
いつの間にか、同じ場所、同じ場面を繰りかえし、繰りかえし経験する空間・時間に閉じ込められる恐ろしい現象だ。

これは川に沿ってジークタリアスに戻ろうとしてるから、起こっているのか。

はたまた、何か別の理由があるのか。

うーん、ループ現象に捕まるような事をした覚えはないが、いったいいつから俺はループしていたんだ?

冬景色のあの場所で、俺は1日10万回、感謝のスナップ・フィンガーを会得し、『限定の極致』に至ったはずだ。

だけれど、今、この森の感じはどう見ても冬ではない。

「春、だな。のか」

うーん、わからない。

だが、もし仮に同じ場所をループしてるのならば、解決法があるような気はする。

ーーパチン

地面に新しい目印として、丸太を撃ちこむ。

「等間隔に印を打っていき、認識がごまかされるタイミングをあばく。何かが変わるはずだ」

俺は一番最初の丸太に、剣で「1」と刻み、2つ目には「2」と番号を刻むことにした。

では、どうなるか、試してみようか。


⌛︎⌛︎⌛︎


森のなか駆ける3人の若者。
絶賛、波に乗っている同郷パーティ『キリケリの刃』の三人衆だ。

彼らは、今、簡易拠点で出会った男に懇願され、落としたという物を探している最中だ。

「川のほとりにあるって、男のひとは言ってたし、たぶんこのあたりだな!」

ライト達は互いに顔を見合わせて、うなづき、『黒いロザリオ』を探しはじめた。

剣を片手に持ったまま、目を皿のようにして、川をくだっていく。

黙々と流れる時間。

やがて、嬉しそうな少女の声が聞こえた。

「見て見て、きっとあれね!」

白ローブをなびかせて、グウェンが何かに飛びついた。

ライトとボルディは彼女の背中を見つめる。

グウェンはゆっくり振りかえって、艶々とした漆黒のロザリオを空へと掲げた。

ついに目標を発見したらしい。

「やったね!」
「おぉ、流石は俺たちのグウェンだな!」
「僕も、見つけてたけど、グウェンが速くて……」

グウェンは悔しそうなボルディに、自慢げにロザリオを見せ「これが白魔術師のチカラっこと!」と、脈絡のない言葉で微笑ましいマウントをとりはじめた。

「ぁ」

ふと、ロザリオを掲げたまま、固まるグウェン。

ライトとボルディは、彼女の視線の先、森のなかから出てくる″赤い影″に注視する。

「ゴルゥウ」

「ぁ、だ、ぁ……うそ、やだ……」

ロザリオを取り落とし、腰をぬかすグウェン。

「『あかけもの』!?」

なんだ、ここに!
ここは安全圏のはずじゃないのか!

ライトは目を見張り、喉が乾いていくのを感じていた。

だが、リーダーとしてすぐにやるべき事があると、気を取り直して剣を構えた。

「ボルディ、カバーだ! グウェンを守るんだ!」
「ぅう! どうして、こんな所にグレイグがいるだよ!」

のっそり近づいてくるグレイグは、盾を構えるボルディにせまる。

そして、わずかに前足で彼の構える盾を押した。

「ぐぁッ!?」

生物としての設計が違いすぎる。
天地ほどに、差のある筋力に、ボルディはたまらず吹き飛はざれてしまった。

ライトは、何とかボルディの背中を受けとめた。

「っ、うわっ、速ッーー」

次の瞬間、目の前に迫っていたグレイグの、前足中足による、二重のなぎ払いが2人を襲った。

ボルディとライトは、がむしゃらに盾と剣を突きだし、なんとか受け止めようとする。
だが、踏ん張れるはずもなく、たやすく飛ばされて、それぞれ側頭部と、腕におおきな三本傷を受けてしまう。

「ァアア! いた、ぃ! ライト、痛い、よッ、ぁあ!」

頭を押さえて、涙をながすボルディが叫ぶ。

「ボルディ! しっかり、傷を押さえるんだ! ほら、霊薬を今すぐに……、ッ!」

ガラス瓶を持ちだし、友人の痛みをやわらげようしたかった。だな、ライトには出来なかった。糸が切れたように動けなくなってしまったからだ。

「ゴルゥウ」
「やめ、ろ……」

凶悪な大牙が覗く口が、
恐怖でかたまるグウェンの顔に近づいていく。

ライトは人生で初めて味わう、″喪失そうしつ恐怖きょうふ″を骨身に教えこまれていた。

グレイグはおおきな前足で、グウェンの事を押し潰すような押さえる。

獣にとっては、捕食対象が動かないようにするための、ごく自然な行動だが、体格の差がそれではすまさない。

「いやだあァ! 痛い、痛い! 折れる、折れちゃうよォ……ッ! イヤァあ!」

じわりと赤く滲むローブ。
ポキポキっと音が鳴る。
グウェンは笑顔の絶えない顔を、涙で汚しながら獣の前足をどかそうとする。だが、どうにもならない。

これは無力と象徴だ。

「やめ、ろ! やめてくれぇえ!」

ライトは絶望に涙を流しながら、剣を手に走りだした。

だが、決して間に合わない。
自分が恐がっていたから、幼き日より、多くの時間をともにして、互いの想いあい、同じ場所にたどりつく未来を信じあった少女は、ここで死ぬのだ。

その運命は決してくつがえらない。

「ぁ、あああぅアァアア!」

叫び、もつれる足を強引に前へとだす。
ライトには、もう見えなくなっていた。

涙にあぶれる視界。

あるいは結末を拒否する精神の安全装置。
はたまた、冒険の終わりを悟らせない女神の采配か。

ーーパチン

だか、例えどれかのおかげだったとしても。

それとも全てのおかげだったとしても、すべての配慮は無意味となる。

運命とは、くつがえされる為に存在するのだ。

「うわッ!?」

ライトの顔の横を豪速で吹き飛んでいく肉塊。

抜ける風にさらわれて、涙が晴れて、視界がクリアになる。

そこには、ボロボロの革鎧かわよろいを纏った男が立っていた。

腰に剣をさげ、全てが使い古された装備だ。
首から下げているメダルが指し示すのは、冒険者の最高峰″ドラゴン級冒険者″の証である、栄光の誇りによって、黄金に輝く『ドラゴンのコイン』だ。

強い意志を感じさせる深い紫紺しこんの瞳。
闇にまぎれるための、漆黒の髪の毛はボサボサで長く、ひものようなもので総髪にされている。

まるで、山籠りから降りてきたような男は、持ちあげていた右手をおろして口を開いた。

「大丈夫か、少年」

ライトには、そう聞こえた。


⌛︎⌛︎⌛︎


ほとりに丸太を突き刺しながら、川をのぼっていたら、変化に出会った。

今まで代わり映えしない風景ばかりだった俺にとって、それは最高に嬉しい出会いだった。

なぜなら2年ぶりの人間を見つけたからだ。

「む」

だが、よろしくない事に魔物に襲われている。

俺は頭で判断するよりも早く、指を鳴らしていた。

直感的に、魔物の脇腹あたりにポケットを開いて、乱気流をたたきつける。

それだけで、魔物の表面の鱗はバキバキに割れて、全身の骨格を粉砕、内蔵を破壊し、血を吹かせて、その命を絶命させることができる。

「ァ、グ、……」

激突の衝撃に崩落した岩壁のまえで、欠損した体をさらして、死んでいく魔物を看取る。

なんか今、絶滅させた白い魔物の、赤バージョンみたいだったけど……よく見てなかったな。全身から出血したせいで赤いのか?

俺は、すこし首をひねって考えたが、1秒後にはどうでもよくなり、魔物の体をポケットへと回収した。

遠くからこちらを見てくる少年に駆け寄り、あぜんとする彼の顔を見る。

久方の人間だ、死んでくれるなよ!

「大丈夫か!? 少年! 怪我はないか? いや、それより、少女! 意識をしっかりしろ! ああ、まて、そっちの少年も重症じゃねぇか!」

やばい、この子たち、みんな下手したら死んでしまうほどの重症じゃないか。

あ、そうだ。

ーーパチン

ポケットから取りだしたるは、″緑の果実″。

「少年、別に変なことするわけじゃないからな」
「へ?」

一言断ってから、少女のローブと、その下のシャツを引き裂いて、傷口を露出させる。

少年は顔を真っ赤に染めて、顔を背けてくれた。

紳士なんだな、君は。

微笑ましいモノを尊びながら、俺は剣で緑の果実を2つに切り、握り絞って、その果汁を少女の肩の傷に垂らした。

ーージュゥゥ

「そ、それは?」
「森のなかで見つけた、治癒霊薬に似た成分をもつ果実だ。聖女様の霊薬とまではいかないが、大抵の怪我ならこれで何とかなる。俺が証人だ」

指が擦れて血塗れになったときは、この果実によく助けられたモノだ。

緑の果実による治癒を少年少女たちに、順番に施していき、それぞれを安心できるレベルまで回復させることに成功する。これで一安心か。

「少女はショックで気絶してるな。まあ、起きるまでここら辺で待っててもいいか」

ーーパチン

ポケットを開いて、築一年の傑作ログハウスを川のほとりに出現させてみる。

青空の下もいい。
だけど、住み慣れた家もいい。
せっかく持ってきたんだ。ここで休憩しよう。

「い、いや、なに自然とドア開けて、中でくつろいでるんですかぁあー!? ど、どういうことですか、これ!?」
「こ、小屋を一瞬で作りだすスキル! 多分、これほど特殊なスキルは、かなり珍しいよ!」

小屋の出現に、驚き、目を輝かせる少年たち。

ふふ、そんな喜んでもらえると、頑張って作った甲斐があったというものだな。

「さぁ、遠慮なく入っていいぞ。自然の素材をいかしたふわふわベッドがある」

俺は少年少女を歓迎する気満々で、ポケットのなかから何を取りだすか、思案する。

川を流れてきた不思議な物だったり、森の中で見つけた珍しい物は、たいていすぐポケットにしまってしまう主義なのだ。

時間経過しないしね、あの空間は。

「あ、あの、すみません!」
「ん? なんで謝るんだ?」

突然、かしこまった少年。

「実は、人を待たせてるんです。その人には、たぶん、もう時間がない。から、すぐに物を届けてあげないといけないんです」

背の高い少年は少女を背負う。
意志の強そうな、まっすぐな瞳をする少年は、落ちている黒いロザリオを拾う。

「助けてくれて、本当にありがとうございます。たくさん、お話したいんですけど、今は時間がなくて……その、えっと、ドラゴン級冒険者様なんですよね? でしたら、最前線の拠点で会いましょう! 食堂裏の資材置き場にいつもいます! 待ってますからね!」

尊敬の眼差しで見上げてくる2人の少年は、ペコリと頭をさげてダッシュで遠ざかっていく。

うーむ、何か勘違いされてるな。
というか、″最前線の拠点″だって?
なんだ、ソフレト共和神聖国はどこかと戦争をおっぱじめたのか?

「むう、やはり2年も経つと世の中変わるよなぁ……。にしても、あの少年たち、ギルドで下級クエスト消化しまくってた子たちによく似てたなぁ。年齢的にもうすこし成長してるはずだから、別人なんだろうけど……」

まあ、いい。
とりあえず、ジークタリアスへの手掛かりは掴めたんだ。

もし俺がループしてるとしても、その拠点とやらについて行けば、きっと街へ戻るための架け橋となってくれるに違いない。

俺は走りさっていく少年たちの後を追うことにした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「面白い!」「面白くなりそう!」
「続きが気になる!「更新してくれ!」

そう思ってくれたら、広告の下にある評価の星「☆☆☆」を「★★★」にしてフィードバックしてほしいです!

ほんとうに大事なポイントです!
評価してもらえると、続きを書くモチベがめっちゃ上がるので最高の応援になります!

「【完結】努力の怪物が指パッチンを極めたら世界最強に〜スキル【収納】の発動を指パッチンに″限定″したら無限の可能性が待っていた〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く