話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

燃費最悪の外れスキル【時空剣】のせいで追放された俺、燃費問題を解決して最強となる。戻って来ていいと言われるがもう遅い。

ノベルバユーザー542862

強くなるには


選考会まで残り6か月、あまり時間はない。

俺は日々特訓していた。
新しく開発した撃つ時空剣の連射速度と、命中精度を高めるためだ。

時空に裂け目というなの発射口をつくり、瞬時に5メートル先の的を狙うのは、なかなか難しいものなのだ。

そして、問題がまたしても発生した。

それは、練習するほどにララが減る事だ。
これは守銭奴心に来るものがあった。

剣を異界からこっちにもってくるので100ララ。
撃ちだすエネルギー代で50ララ。

時空剣を構成する魔力を粒子に返還すれば、剣の構築にかかった魔力は帰ってくる。
だが、すべてのララを回収できるわけじゃない。

ゆえに俺は一日20本だけと、練習量を定めて一発一発、丁寧に練習を続けた。

────────────────────

ノエルの先生になって4か月後。

夜、むすっと怒った様子の彼女に呼び出されていた。

「最近、我が師は自分の練習ばっかりなのです! もっとこのノエルシュタインの面倒をちゃんとみるのです!」

出会い頭に、いきなりお叱りを受ける。

「それは……本当にごめんな、俺が悪かったよ」

高い給料もらっているのに。
自分を優先してしまった。
俺はなんて浅ましい人間だ。
これじゃ先生失格だ。

「そんなに今のお給料に満足できないなら、4,500ララに増やすのですよ、これでしっかりやる気だしてください!」

ん?

「ろ、え、4,500……?! なんでいきなり……」
「すごく教え方上手くて、私に寄り添ってくれて、毎晩、私の成長ノートつけて、メニューを考えてくれて……私としても安く雇うのは心ぐるしいのですよ!」
「褒められてる……。はは、ありがとな、ノエル」

俺はぷいっとそっぽ向く彼女の金髪を、わしゃわしゃと撫でた。

こうしてなんだかんだ給料が一気に1.5倍に増えた。
真面目に働いてみるものだな。

──1週間後

「できない! もう無理……やめますッ!」

彼女が癇癪を起こしはじめた。

「真剣なんて重たすぎなのです! こんなもの人が振るために作られてません!」
「そうはいっても、いつまでも木剣じゃ仕方ないからな」

1週間前に真剣の連取に切り替えてから変ではあった。
が、ここにきて爆発したか。

「無理です、もうやだ、手首痛いです……全部無駄だったんですよ…」
「そんなことないよ、治癒ポーションあるから、治して頑張ろう」

俺は空間の裂け目から小瓶を取り出す。
時空剣をとりだすための穴は、アイテムをしまっておくのにちょうどいいのだ。

「いいですよ、もう……薄々感づいてました、私には才能ないって」
「……」
「我が師のお給料をあげたのも、それでなにか変わるかもって思ったからなのです。ははっ、ははは……なんて浅ましい考えなのでしょうね。笑ってください」

彼女の心の軋轢がどれほどかわかってやれなかった。
彼女はずっと悩み続け、そうしてついに折れてしまったんだ。

「ピアノを嗜む事しか知らない貴族の娘では、立派な剣士になんてなれないんです」
「……やめるのか?」
「やめます!」
「そう、か」

俺はノエルが地面に捨てた真剣を拾う。

「ノエルは『剣姫』のレイみたいになりたいんだよな」
「それは、10秒前までの話なのです! カッコよくて、綺麗で、優しくて。そんな、騎士に憧れました……だけど」

ノエルは半ば涙目になりながら「私なんかには、無理なのですよ……っ」と、ちいさく繰り返していた。

昔の自分の姿が重なる。
父親の背中を追って、6歳の頃、初めて木剣を握った。

あれから10年、剣を振り続けた。
毎日、毎日、毎日──。

「俺も最初は真剣が持てなかった。剣を振っても村の奴らには才能無いって馬鹿にされたよ。実際、あんまり物覚えがよくなかった」

俺は真剣を手に庭石に近寄る。
そして、横凪に振り抜いた。

「ふぇ?」

ノエルは真っ二つに切れた庭石を見て、目を白黒させる。

「俺はモーリアにいる14歳の剣士の中じゃ、たぶん2番目に強い。レイがいるから1番じゃないだけだ」
「音が、しなかった……」
「俺と他の剣士たちにある差が何か、お前にはわかるか?」

ノエルは目をパチクリさせ、真剣な表情で考えこむ。

「今できる事をひとつずつ」
「っ」
「ひとつずつ、俺は積み上げただけだ。昔も、今も。面倒臭い時も、疲れてる時も、親に怒られて不貞腐れた時も、親友に裏切られた時も──剣を手に取って庭に出続けた」

俺は真剣をノエルの手に差しだす。

「そうやって、靴紐を結び、空き地の土を踏み続けることが、強い剣士を作る」

ノエルは剣を見つめる。

「今できる事をひとつずつ」
「……今できる事をひとつずつ」
「目標を定め、ひとつずつ重ねる。そうすれば、必ず成長できる」

ノエルは俺から真剣を受け取ると、先ほどとは間違えた面構えで、素振りを再開した。

その晩、俺の部屋には『幽界の姫』なる人物からの感謝状と、月給が6,000ララに修正された給与明細が置かれていた。

「燃費最悪の外れスキル【時空剣】のせいで追放された俺、燃費問題を解決して最強となる。戻って来ていいと言われるがもう遅い。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く