話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

上杉山御剣は躊躇しない

阿弥陀乃トンマージ

第15話(1) おもちゃ購入

                  弐

「鬼ヶ島、参りました」

「入れ」

「失礼します」

 勇次が隊長室に入る。

「訓練から数日……体の具合はどうだ?」

「あ、はい。大丈夫です。隊長は?」

「すぐに武枝に治癒してもらったからな、大事ない」

「そうですか」

「改めてだが……すまなかったな」

 御剣が席を立ち、勇次に頭を下げる。勇次が戸惑う。

「な、なにがですか?」

「貴様の姉君を利用して、貴様を煽ったことだ」

「あ、ああ……人体実験がどうとか……」

「そんな噂は全く無い。本当にそのようなことがあるのなら、全力で姉君を奪還する」

「は、はい……でも、あれは俺の力を引き出す為に吐いた嘘ですよね? 全然気にしていませんから。むしろありがとうございます」

「……そう言ってもらうと助かる」

 御剣は席に座った。勇次が尋ねる。

「ところで何の呼び出しでしょうか?」

「ふむ……貴様は今よりもさらに強くなる必要がある……とは先日も似たようなことを言ったと思うのだが」

「はい」

「妖絶講に入隊して数か月……知力・体力・精神力と、それぞれの面で目覚ましく成長を遂げているように思う」

「ありがとうございます」

 勇次が頭を下げる。

「だが、もう一段階踏み込んだ成長を貴様には求めたい」

「もう一段階?」

 勇次が首を捻る。

「そうだ。あえて言葉にするなら……『賢さと素早さと粘り強さ』といったところか」

「は、はあ……ど、どうすればいいでしょうか?」

「そうだな……まずは『素早さ』だな」

「素早さですか……」

 その時、部屋のドアをやや乱暴にノックする音が聞こえる。

「樫崎千景、来たぜ」

「来たか、入れ」

「うぃーっす」

 千景が首の骨をポキポキと鳴らしながら、部屋に入ってくる。

「トレーニング中に呼び出してすまなかったな」

「別にそれはいいけどよ……何用だい?」

「貴様と勇次で共同任務にあたってもらいたい」

「任務……妖レーダーは今のところ反応が無え……調査段階から始めろってことか」

「察しが良いな」

 御剣が満足そうに笑みを浮かべる。対照的に千景は呆れたように両手を広げる。

「悪いが人選ミスってやつだ、姐御。そういうのは億葉とかが適任だ」

「それがそうでもない」

「何?」

「これを見ろ」

 御剣が机に紙を広げる。それを覗き込んだ勇次が呟く。

「これは……地図ですか?」

「そうだ。新潟県西南部と長野県北東部を拡大した地図だ」

「なんでそんな限定的な……」

 首を傾げる勇次の隣で千景が笑みを浮かべながら呟く。

「なるほどな……こりゃあアタシが適任ってことか」

「そういうことだ。理解が早くて助かる。必要なものがあれば申し出てくれ」

「勇次も連れていくとなりゃあ……新しいおもちゃが要るな」

 悪そうな笑みを見せる千景に御剣が尋ねる。

「……いくらだ?」

「三……いや、四か」

 千景が右手の指を四本立てる。

「……高いな」

 御剣が渋い顔になる。

「色々といじりゃあそれくらいにはなるさ」

「そこまで必要か?」

「この任務の後もなにかと重宝すると思うぜ」

「……分かった、経理に申請しよう」

「話が分かる隊長殿で助かるぜ」

 御剣が紙にペンを走らせ、その紙を千景に差し出す。

「申請書類だ。経理部に持っていけ」

「はいよ。悪いが勇次、持っていってくれや」

「お、俺が?」

「アタシは経理部の連中とは折り合い良くなくてよ……下手すりゃ断られちまうかもしれねえ……任務のことはちゃんと聞いておく」

「わ、分かった」

 勇次は紙を受け取ると、部屋を出た。そして数時間後、勇次と千景は上越市にいた。

「……着いたな」

「な、なんで上越に? 長野県じゃないのか?」

「その前におもちゃを受け取らないとな」

「おもちゃ?」

「まあ、着いてきな」

「お、おい、ちょっと待てよ!」

 千景はさっさと歩き出し、勇次は慌ててその後に続く。

「……ここだ」

「……バイク屋?」

「ああ。お~い」

 千景が声をかけると、店の奥からつなぎの作業服を着た若い女性が顔を出す。

「ああ、千景総長! お待ちして――ブフォ 」

 千景がその女性の両頬を片手でムギュッと挟む。

「いい加減、その呼び名は止めろ……」

「しゅ、しゅみません、つい癖で……」

「ったく……」

 千景が手を離す。

「ははっ……失礼しました、千景先輩」

「急な話で悪りぃが、用意は出来ているか?」

「それはもちろん! 先輩の頼みですから、他を差し置いて爆速で用意しました!」

「流石だな、それでこそ頼んだ甲斐があるってもんだぜ。で現物は?」

「隣の作業場にあります! 案内します!」

「これか……」

「はい! ご注文のやつです! 定番のモデルを先輩用にカスタムしました!」

 女性が差し示した先にはサイドカーがあった。千景が早速跨り、エンジンを吹かす。

「悪くねえな……良い仕事だ」

「ありがとうございます! あ、すみません、店の電話が……」

 女性が店の方に戻る。勇次が怪訝そうな顔で尋ねる。

「話がよく見えないんだが……?」

「簡単だ。このサイドカーで妖退治のツーリングとしゃれ込もうぜって話だよ」

「ええっ 」

 勇次は驚いた。

「上杉山御剣は躊躇しない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く