話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

上杉山御剣は躊躇しない

阿弥陀乃トンマージ

第10話(3) 隊長、激闘

「ええい!」

 御盾の振る軍配を御剣が刀で受け止める。

(凍らされた奴らの氷を溶かすつもりが、大分引き離されてしまった!)

「戦力は分散させるに限るからな……」

「!」

「貴様の考えていることなど大方そんなところだろう?」

「ふん、癪に障る奴よの!」

 鍔迫り合いの状態から互いに力強く押し込んだ為、両者は反発し合い、距離を取る。

「言葉巧みに此方を尚右から降ろすとは! 色々と賢しい手を使う!」

「事実を捻じ曲げるな……挑発したのは又左で、それに乗ったのはあの妖犬だ」

「あの妖猫は尚右に相当対抗心があるようだな!」

「貴様ほどではない……」

「猫と同じにするな!」

「だから事実誤認を止めろ、猫未満だと言っている……」

「! キィ―――!」

 御盾が軍配を振るうが、御剣が横に飛んで躱す。

「ちっ!」

 御盾がすぐさま追撃しようとするが思い留まり、その場で呼吸を整える。

(落ち着け此方よ……冷静さを欠いてはならん、頭に血が上っていては奴には勝てぬ……それではこれまでの二の舞じゃ……)

 呼吸を落ち着かせると、御盾は御剣の方にゆっくりと向き直る。

(軍配の一撃の重さが格段に増している……加えて、互いの得物のリーチ差を埋めるあのスピード……相当鍛え上げてきたようだな……)

 御剣は刀を横に構えながら、警戒心を強める。御盾が軍配を横に振るう。

「『風林火山・風の構え・疾風』!」

「!」

 巻き起こった突風を受けた御剣は体勢をやや崩す。それを見た御盾はニヤリと笑う。

(隙を見せたな! ここが狙い目よ!)

 御盾は軍配を縦にして、それを前に突き出して叫ぶ

「『風林火山・火の構え・火炎』!」

「上杉山流奥義……『凍柱』!」

 御盾の軍配から激しい炎が噴き出すが、御剣は自身の前に氷の太い柱を立てて、火炎の放射を防いでみせる。御盾が驚くが、すぐに気持ちを切り替える。

「その程度の氷柱、溶かしてくれるわ!」

「それは手間が省けて助かる」

「何っ 」

次の瞬間、御剣は自身の前の氷柱を思い切り蹴り飛ばす。炎によって溶けやすくなっていた柱はあっけなく折れ、その折れた柱は御盾のみぞおちに命中する。

「ぐはっ!」

「まだだ!」

「!」

 御剣が宙を飛び、柱の端の部分に飛び乗る。てこの原理で、柱のもう片方の端の部分が上に勢い良く上がり、御盾の顎に激突する。

「ぐふっ!」

 予想だにせぬ攻撃を喰らった御盾は仰向けに倒れ込む。それでも、やや間を置いてではあるが、なんとか半身を起こそうと試みる。その様子を見て御剣は感心する。

「ほう、随分とタフだな……」

「ぐっ……」

「脳が相当揺れているはずだ、下手に動かん方が良いぞ」

「……」

「この対抗戦は一度だけ回復がありだったな。貴様自身はまだ回復してなかっただろう。術を使わないのか?」

「キョナタノミャケダ……」

「ん? なんだ?」

「其方がアギョ(顎)を砕いたシェイデ(せいで)ウミャク(上手く)喋れんのだ……」

「そうか、それは悪かったな」

「キョキョデ(ここで)回復してもオソリャク(恐らく)同じキョト(事)……潔くミャケ(負け)を認めよう……」

「じゃあ、決着ということで良いわね?」

「  み、雅さん!」

 いきなり背後に現れた雅に御剣は驚く。

「相変わらず僅かに気を抜いちゃう癖があるわね、御剣っち。油断大敵よ~」

「はっ、精進します……」

「隊長!」

「大丈夫ですか 」

 勇次と愛が遅れて駆け寄ってくる。

「ああ、二人とも無事だったか」

「まあ……」

「なんとか……」

「なによりだ」

 御剣が安心したように頷く。それを見て雅が口を開く。

「ということでこの対抗戦は上杉山隊の勝利ってことで……」

「ちょっとお待ち下さい」

「ん?」

「まだ又左と尚右の決着が着いておりません」

「ああ、ニャンちゃんとワンちゃんね……放っておいても良くない?」

「そういうわけには参りません」

「どこら辺で戦っているのかしらね~?」

 雅が周囲を見回すと、茂みから声がする。

「探しているのはこいつらのことかい?」

「 」

 傷を負った又左と尚右が乱暴に投げ捨てられ、勇次たちの下に転がる。

「又左!」

「ニャオスケ!」

「半妖は半妖でも用があるのは人型なんだよなあ~」

 首の骨をコキコキと鳴らしながら、長い黒髪を後ろで一つ縛りにした男が姿を現す。

「なんだ、てめえは 」

「答える必要は無いね、鬼ヶ島勇次。俺たちと一緒に来てもらうぜ」

 男が勇次をビシッと指差す。

「なんだと 」

「勇次君のことを知っている……?」

「なかなかの妖力ね、接近を私に気が付かせないとは……しかもウチの隊員たちが張った結界も破ったっていうこと?」

「それなりやったけど、それほど手応えは無かったで?」

「 」

 別方向に目を向けると、虎縞のジャケットを羽織り、ジーンズ姿の女が現れる。

「だ、誰だ 」

「凄い妖力……」

「貴様は……」

「貴女……ウチの可愛い隊員たちに何をしてくれたの?」

 雅の問いにジャケットを羽織った女性は笑いながら首をすくめる。

「別に? 単に通り道におって邪魔やったから、軽くどついたっただけやで? 運が良ければ生きとるやろ」

「ふ~ん……」

「雅さん、こいつは……」

「御剣っちはそっちのロン毛くんをお願い、こっちの子は私がお仕置きしてあげるわ」

「……了解しました」

 雅と御剣がそれぞれ、謎の乱入者と対峙する。

「上杉山御剣は躊躇しない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く