話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

上杉山御剣は躊躇しない

阿弥陀乃トンマージ

第4話(4) 大事な発明品

「凄い……あっという間に片が付いた」

「まあ、ざっとこんなものです」

 億葉は爪の先から立ち上る煙をフッと吹き、駆け寄ってくる勇次に対して胸を張る。

「! まだだ!」

 二人と離れていた御剣が叫ぶ。

「「 」」

 何段にも並んでいる商品棚が次々と倒れ、そこから一体の女の妖が勢い良く飛び出してくる。その姿は一見スーパーに買い物に来た会社帰りのОLかと思われたが、羽が生えており、腰の部分には鋭利な長い針が見える。その妖は億葉に対し襲いかかってきた。

「くっ…… 」

 迎撃が間に合わないと判断した億葉は思わず目を瞑る。しかし、体に痛みが感じられない。不思議に思った億葉が目を開けると、そこには驚きの光景が広がっていた。勇次が億葉の前に立ち、妖の繰り出した鋭い突きを背中で受け止めていたのである。億葉が叫ぶ。

「な、何をやっているんですか、鬼ヶ島氏 」

「咄嗟に……体が動いて……ぐふっ!」

 勇次が呻く。妖が勇次の体に刺さっていた針を思い切り引き抜いたからである。

「ち、邪魔しちゃってくれちゃってさ……まあいいわ、次で仕留める!」

 妖が針を億葉に向けて突き出す。しかし、これも勇次が金棒で受け止める。

「好きにはさせねえ!」

「!」

「折角作ったものを潰させるわけにはいかねえんだよ 」

「 」

 勇次の言葉に億葉は両手で胸を抑える。妖は信じられないといった様子で話す。

「ば、馬鹿な! あの方に比べて即効性が薄いとはいえ、効き目自体は間違いないはずだ! 私の針を少しでも食らったら、痺れが酷くて満足には動けないはず!」

「片手片脚が動けば問題ねえ!」

 勇次が叫ぶ。その体の周囲にはまたどことなく赤い空気を纏っている。

「鬼ヶ島氏! その頭!」

 億葉の言葉に勇次は自らの頭部をさすりながら、自嘲気味に呟く。

「へへっ、角が生えてくるのにも慣れてきちまったな……」

「お、お前、鬼の半妖 」

「どうやらそうみたいだぜ! サインでも欲しいか?」

「そんなもの要らないわよ!」

「ぐっ!」

 妖が勇次との距離を一瞬で詰め、針を勇次の左膝に突き刺す。

「鬼ヶ島氏!」

「一瞬感じた妖力には驚いたけど、まだまだ覚醒途中ってところね! 人間どもにつくっていうのならここで始末する!」

 距離を取った妖が、再び勇次に向かって襲い掛かろうとする。勇次は後ろに振り向き、億葉の両肩をガシッと掴む。

「でええっ  こ、これはそういうことでごさいますか? 不束者ですが……」

 億葉は戸惑いながら両目を閉じて、唇を突き出す。

「こんな時に何目を閉じているんですか! それよりも何かないんですか 」

「え?」

「回れ右!」

「あ~れ~」

 勇次は億葉の体を180度回転させて、その背に背負った大きいリュックのファスナーを下ろし、その中に手を突っ込みかき回すように探す。

「あ、そ、そんな強引な……案外嫌いじゃないけど」

「ないんですか  アイツの虚を突けるようなものは 」

「え、えっと、右奥かな~」

「これか!」

 億葉に言われたものを掴み、勇次はすぐさま振り返る。

「よし来い! って、スプレー 」

「はん、ただの虫除けスプレーが通用すると思うか!」

「鬼ヶ島氏、噴射です!」

「ええい、ままよ! って、えええっ 」

「ぐおおっ 」

 単なる市販の虫除けスプレーかと思われたが、強力な火炎が妖を包みこんだ。

「『一億個の発明! その48! フレイムスプレー!』です!」

「また物騒なものを……」

「今が好機ですぞ!」

「よ、よし! 喰らえ!」

 勇次は金棒を燃え盛る妖に思い切り叩き付ける。妖は燃えながら、消えていった。

「はあ……はあ……やったか?」

「まだ反応があります! 駐車場です! 急ぎましょう!」

「い、いや、ちょっと待って下さい……ぐえっ!」

 億葉は勇次の首根っこを乱暴に掴み、引き摺るようにしながら、ローラーブーツのエンジンを全開にして、駐車場へと急ぐ。

「御剣氏!」

「来たか! 戊級をよく撃破した!」

 御剣が刀を構えながら、駆け付けた億葉たちに声を掛ける。その先の空にはもう一体の妖が浮かんでいる。

「ひょっとして、あ奴が親玉ですか 」

「ああ、さっきの妖が『あのお方~』と言っていたのでな。僅かな気配を察し、駐車場に出てみたら案の定だった!」

「援護しますぞ!」

「待て、奴は丙級だ! 無闇に動くな!」

 御剣は意気込む億葉を制止する。妖が呟く。

「私の可愛い子供たちを……よくもやってくれたわね……万死に値する!」

「気が合うな、私も貴様を逃すつもりは無い!」

 御剣が刀の切っ先を妖に向ける。

「ふん……白髪の剣士め、おのれは後回しだ!」

「! 億葉! 勇次!」

 妖は億葉たちに向かって急降下する。

「こ、こっちに来た!」

「か、億葉さん、取りあえず手を離して下さい!」

「あ、はい」

「げほっ、げほっ……これでも喰らえ!」

 勇次は金棒で駐車していた車を打ち上げる。車体が妖の方に飛んで行く。

「くっ!」

 妖はなんとか車体を躱す。

「ちっ、外したか……次は当てる!」

 勇次は再び車を打ち上げる。

「来ると分かっていればこんなもの! どうということはない! ……?」

 妖は鋭い針で飛んでくる車体を貫いてみせるが、勇次たちを見失う。

「車の陰に隠れたか、小癪な真似を……ん?」

 妖の目が車の陰から覗く億葉のリュックを捉える。妖は叫びながら降下する。

「はみ出しているぞ! 車体ごと貫いてくれる!」

「はみ出させているんですよ!」

「!」

「『一億個の発明! その62! 火事場の馬鹿力アーム!』 喰らえ!」

 両腕に金属製の大きなアームを着けた億葉が車を持ち上げて、妖に向かって思い切り投げつける。妖は急降下を止める。

「だから同じ手は……なにっ!」

「野球は9回、ツーアウトからだぜ!」

 投げつけられた車体から勇次が飛び出してくる。

「車に乗り込んでいたのか 」

「よっしゃ! 捉えたぜ!」

 妖よりも上に飛び上がった勇次が空中で金棒を振り下ろす。

「ちっ!」

「なっ 」

 勇次の渾身の一振りはすんでのところで躱されてしまう。

「馬鹿な!」

「大振り過ぎる! 軌道が読み易い―――」

「だ、そうだ。次に活かせ」

 御剣が背後から妖の腹を貫く。勇次が驚く。

「隊長、飛べたんですか 」

「飛ばしてもらった」

 そう言って御剣が視線を下に向ける。勇次が下を見ると、これ以上ないドヤ顔でアームをブンブンと振る億葉の姿が見える。

「成程……って、やばい! 着地 」

「億葉!」

「承知!」

 億葉が両手のアームを広げ、左手で御剣を、右手で勇次を受け止める。

「あ、危なかった……」

「助かったぞ、億葉。礼を言う」

 億葉はアームを着けたまま、大袈裟に両手を振る。

「いやいや礼には及びません。そうですね、研究予算を多少増額して頂ければ……」

「……前向きに検討しておこう」

「ありがとうございます!」

 地面に降りた御剣が指示を出す。

「妖の反応は消えた。隊舎に戻るぞ」

「了解! ……よいしょっと」

 アームを片付けた億葉はリュックを背負う。勇次が戸惑い気味に尋ねる。

「億葉さん、その中に何個発明が入っているんですか?」

「いや~細かいことは良いではありませんか、旦那様」

「だ、旦那様 」

「拙者の大事な発明品を命懸けで守って下さいました。そんな方は初めてです。それに……いきなり押し倒されたり、中をまさぐられたり……そんなことも初めてです」

「誤解を生む言い方止めて下さい!」

「拙者のことは億葉とお呼び下さい。もはや夫婦と言っても過言ではないのですから」

「過言だ!」

 顔を赤らめる億葉の横で勇次は頭を抱える。

「上杉山御剣は躊躇しない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く