話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

上杉山御剣は躊躇しない

阿弥陀乃トンマージ

第2話(1) 目標へ向けて

                     弐

「はっ!」

 目覚めた勇次がガバっと飛び起きる。

「ここは……隊舎か?」

「勇次君! 良かった~」

「どわっ 」

 勇次に対し黒髪のポニーテールの女子が思い切り抱き付く。

「お、お前は 」

「本っ当~に心配したんだからね!」

「な、なんでお前がここに?」

「取込み中の所大変申し訳ないのだが……」

 二人の様子を眺めながら、御剣が話を切り出す。

「どわっ  た、隊長 」

「ふむ……隊長と認識しているか、ではこちらの彼女のことも説明してくれないか?」

「か、彼女……」

 勇次に抱き付く女子はポッと顔を赤らめる。

「え、えっと……」

 勇次は自らに抱き付く女子をゆっくりと引き離し、その顔を見ながら、説明を始める。

「えっと、こいつは曲江愛まがりえあい。俺の家の近所にある神社、曲江神社の娘さんです」

「貴様との間柄は?」

「あ、間柄? 友人っていうか……そう、幼馴染ですよ! 単なる!」

「た、単なる~ 」

「ど、どうした愛、いきなり、首が……な、なんか、く、苦しいぞ……」

 ベッドで繰り広げられる二人のプチ愛憎劇には構わず、御剣は考えをまとめる。

「危惧されていた暴走はしなかった模様、戦闘後の意識や記憶もしっかりしている……『半妖の鬼としての力』を完全とまでは言わないが、それなりにコントロールすることが出来たようだな、宜しい……」

「よ、よろしい……?」

 妙に力のこもった愛の両手をようやく振りほどいた勇次が問う。

「合格だ、勇次。貴様を我が上杉山隊の隊員として、正式に迎え入れよう。初の実戦後、己の思っている以上に体力と精神力が消耗したのであろう。今日はゆっくり休むといい」

「は、はあ……」

「どうかしたのか?」

「あ、は、はい……今俺のことを勇次って……」

「? 貴様の名前は勇次だろう?」

「そ、そうですが……痛っ!」

 愛が御剣の見えない所で勇次の手をつねる。勇次が小声で愛に文句を言う。

「な、なにすんだよ!」

「……勇次君、顔ニヤケていない?」

「べ、別にニヤケてねえよ!」

 愛が御剣の方に向き直る。

「隊長、率直にお尋ねします!」

「なんだ、愛?」

「先日の私との通信では、彼のことを鬼ヶ島と呼んでいました。それが、任務を一つこなしただけで、下の名前で呼ぶようになるとは……新潟でお二人の間に一体何があったのでしょうか 」

「何があったか……まず勇次が女子トイレに転がり込み……」

「女子トイレに勢い良く転がり込み 」

「なんやかんやあって金の棒を口に咥え……」

「き、金の棒をおもむろに口に咥え…… 」

「蜘蛛の妖の下着を覗き見て、殺されそうになっていたな」

「し、下着を厭らしく覗き見~ 」

 愛は勇次の手を思い切りつねる。

「痛っ 」

「勇次君! 貴方何をやっているのよ!」

「ほ、本当に何をやっているんだろうな! 我ながら!」

「ひ、否定しないのね……」

「そ、そりゃ否定したいのは山々なんだが……」

「大分端折っている気がするが……概ね事実だ」

「!」

 バシンっと大きな音が病室に響き渡った。愛の平手が勇次の右頬を打ったのである。

「は、破廉恥極まりないわ! 貴方の顔なんてもう見たくないわ! 失礼します!」

 愛は勢い良く部屋から出て行ってしまう。

「なかなか厄介なことになっているようだな」

「お陰さまでな!」

「怒りの矛先が私に向くのか?」

「もうちょっと、物は言いようだったんじゃねえのかな~って思うんですけどね!」

「まあ、それは良いとして……」

「良かねえよ!」

「誤解が生じたのならば、後で解けばいい」

「簡単に言ってくれる……ってか、あいつの服装……あいつも隊員なんですか?」

「そうだ。ちょうど別の任務にあたっていたからな。紹介が遅れた」

「そんなこと俺には一言も……」

「原則として、妖絶講に所属していることは家族以外の者には口外禁止だからな」

 御剣が愛の座っていた席に腰を掛ける。

「話は変わる。貴様の今後の目標について話をさせてもらおうか」

「目標?」

「又左から聞いたが、姉の行方を突き止める為に妖絶講に入ったのだろう?」

「ああ……はい、そうです」

「妖が人攫いをするという話は古今東西よくある話だ。貴様の読みもあながち外れというわけではないだろう。仮に貴様の姉上が妖によって攫われていたのだとしたら……」

「だとしたら?」

「下級の妖には難しい。我々妖絶士の目もある。上級の妖の仕業と見て間違いない」

「上級……」

「そうだ。級種で言えば、甲・乙・丙位か」

「こないだの蜘蛛女よりも上の連中ってことですか?」

「そういうことになるな。つまりだ……」

「つまり?」

 御剣は立ち上がって、勇次を指差す。

「貴様は優れた妖絶士にならなければならない!」

「優れた妖絶士……」

「まずは霊力、半妖の貴様の場合は妖力になるか。これは申し分ない。ただ……」

「ただ?」

「確かに底知れない妖力を感じるが、それを効率良く引き出す、またはそれに耐え得る、知力・体力・精神力がいずれも圧倒的に不足している! だからそうやって気を失って倒れることになるのだ」

「ど、どうすれば……」

「なに、難しく考える必要は無い。足りないのなら補えば良いだけのこと」

「補う……」

「まずは基礎体力をつけることだな」

「隊長が直々にトレーニングしてくれるんですか?」

「そうしてやりたい所だが、私もこれで色々忙しい。明日、奴の所へ向かえ」

「奴、ですか?」

 翌日、勇次はその者の場所へ訪れる。

「……という訳で来た。い、いや、参りました」

「ったく、姐御め……面倒事をアタシに押し付けてねえか?」

 千景が腕を組んで憮然とした表情で呟く。

「上杉山御剣は躊躇しない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く