話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

原石(Rauer Stein):4

【ウィチタ西方 合衆国陸軍仮設滑走路】
 1945年5月20日

 計画はおおむね順調に進捗していた。確かに魔獣の襲撃は予定されていなかったが、スミス少佐にとって、むしろ好天的な誤算となった。今や完全にウィチタ西方の仮設滑走路を彼は掌握していた。
 護衛の戦闘機隊に囲まれて、B-29の2機小隊が到着したのは16時9分のことだった。予定よりも20分近い遅れが生じていたが些細な誤差だった。

 機体の整備と燃料補給を済ませ、2機のB-29が離陸したのは、17時30分ことだった。予定通りだった。母国では大胆さにおいて、定評のあるスミスだが独逸人らしい一面も持っていた。離陸するまでに、過剰なまで彼は任務を忠実にこなしていた。

 すなわちB-29と戦闘機の搭乗員を一人残らず殺害し、用意していた日本人の死体と争ったような演出を行った。その後、補給のために残されていた航空燃料に爆薬を仕掛けると、合衆国製の無線機を用いて、予め決められていた符牒を打電した。

"プロメテウス プロメテウス プロメテウス"

 時限装置が作動し、ウィチタの仮設滑走路を眩いほどの炎が覆った。朱色の空が黒色の煙に染め上げられ、その遙か上空を2機のB-29が飛行していく。

「ゴツい眺めですね、スミス少佐」

 部下の一人が機体の窓から眼下の光景を眺めていた。

「シューゲル、爽快な光景だと私は思うよ」

 少佐と呼ばれた男は胸ポケットから煙草シガーを取り出すと、マッチを擦った。本名で呼ばれたシューゲルSS大尉は、合衆国軍士官アミーの演技を終わらせることにした。

「聞くところによれば――」

 シューゲルは上官に勧められるまま、パッケージから煙草をとった。

「我々が奪取した。この兵器はあの爆発よりも劇的だとか」
「そうだな。少なくともパンター12両よりは価値あるものだ」

 スミスと呼ばれていたスコルツェニーSS中佐は眼下に燃えさかる炎を微笑みながらじっと見ていた。あの紅蓮の中に、合衆国のM10駆逐戦車に偽装を施された、独逸のパンター戦車の残骸があるはずだった。

「もちろん、それだけではない。我々が行った大西洋越しのピクニックは、植民地人と黄色人種の間に少なからず亀裂をもたらす。何よりも勝る戦果になるだろう」

 数日後、合衆国の軍人達はM10によく似た鉄の残骸を発見し、通信施設で腐乱した日米の兵士を発見する。その風景は、日米両国にあらゆる可能性を示唆するはずだった。シアトル軍港の事件以来、疑心暗鬼に陥ってる両国の関係をさらに危うくしてくれる。

 特に反応爆弾ジョーカーを奪取された合衆国は、異端審問官のように厳しい追及を日本へ仕掛けていくだろう。

 シューゲルは魅入られたようにスコルツェニーの横顔を凝視していた。聖職者のように穏やかな表情だった。普段は畏怖の念を覚えさせる頬の古傷が、いっそう荘厳な印象を与えていた。

「今回のような任務はしばらくないことを祈るよ。装備を調えるのに苦労する」

 スコルツェニーは、ふと何か思い出したかのように言った。シューゲルは言葉の意味を数秒考えた後、相槌を打った。

「確かに、パンターの生産台数は限られていますから。シュレンベルク大佐の話では、国防陸軍ヘェーアから、よほど白い目で見られたそうで――」
「パンター? いや、そちらではない」

 スコルツェニーは快活きわまりない笑みを浮かべた。

「日本人のほうだ。新鮮な日本人の死体というものは、中々手に入らないものだぞ。そうだな。次回は南米の入植者あたりで間に合わせるしかないだろう」
「なるほど……」

 シューゲルは背筋に冷たいものを感じながら肯いた。
 B29は機首を南東へ向けた。これより10時間後、秘密裏に建設されたメキシコの飛行場へ降り立つ予定だった。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く