話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

前夜祭(April Fool) 13:終

【東京 首相官邸】
 1945年4月9日 午後

 首相官邸の執務室には、正装をした2人の海軍軍人が訪れていた。

「これは困ったねぇ」

 部屋の主は東北の訛りのキツい言葉でしゃべった。第42代内閣総理大臣は英国仕立ての三つ揃いスーツに身を包み、髪を七三にわけ、鼻眼鏡をかけている。その手には、分厚い報告書が握られていた。北米、シアトルで起きた襲撃事件の顛末が記載された書類だった。

「トルーマン氏に逮捕状でも出すかね。ハーグへ出頭願おうか」

 米内光政よないみつまさは鼻眼鏡越しに、2人の軍人を見据えた。2人とも、江田島では彼の後輩だった。

「米内さん、勘弁して欲しいなあ。俺はこいつを冗談で済ます気にはなれないんだ」

 山本軍令部総長は眉間に深い皺を刻んでいた。彼が尊敬する米内の前で、ここまで怒りを露わにするのは珍しかった。

「何しろ、うちの兵が死んでいる。陸軍だって少なからず被害を受けているんだ。米内さんも知っているでしょう? 一昨日から凄まじい抗議文や怪文書が、霞ヶ関で出回っている。国士さまの集会もあちこちで開かれるわで、憲兵が泡くって鎮圧に乗り出しているところだ」

「米内総理、私も総長と同じ意見です。このままでは、せっかく大人しくなった陸軍がまたぞろ騒ぎ出します」

 井上海軍大臣が深刻そうな表情で肯いた。米内は一分たりとも動じず、2人を交互に見ると鼻眼鏡を執務机に置いた。

「何か具体的な動きが?」
「今のところはありません。しかし、彼等は国政の主流を取り戻したがっていますから。いつ何が起きておかしくはありませんよ」
「二・二六の再来か」

 日本における陸軍の発言力は、往時に比べて圧倒的に弱まっていた。

 1941年、中国大陸に現われたBMと魔獣に対し関東軍が無様な敗走を繰り広げてしまったのが、主たる要因だった。加えて、同時期にハワイ沖でBMの撃退に海軍が成功したのも間接的に響いていた。日本海海戦の記憶を引き継いでいた国民は、国難に対抗できるのは海軍であると思い込んだ。それは現実逃避の一種だったが、国政における海軍の影響を広げる追い風となったのは確かだった。

 止めを指したのは、翌年に東京に現われたBMと魔獣だった。彼等は霞ヶ関を蹂躙し、主要な閣僚を殺戮した。当時、帝都防衛を担っていた陸軍第一師団は為す術も無く敗走し、玉体を安全な場所へ避難させるだけで力を使い果たした。魔獣たちが、陸海軍の首脳部を分け隔て無く腹に収めたところでようやく救援が到着し、数万人の犠牲と引き替えに帝都は奪還された。しかし、国民の陸軍に対する不信は確定的なものとなった。

 米内達が無事だったのは、全くの偶然だった。米内は体調を崩し、予備役となっていた。山本と井上はそれぞれ任地にいたため、BMの惨禍から逃れていた。

「しかし、六反田君は合衆国の可能性は極めて低いと結論づけているがね」
「私だって、確証は持っていません。エリオット湾に侵入した潜水艦の乗組員の大半はロシア人でした。基地内で見つかった犯人の遺体も、それぞれ人種、国籍ともにバラバラで共通点が全く無い。だからこそ合衆国が疑わしいと思われているのです。かの国は日系を含め、民族構成が圧倒的に多彩だ。支配層の実態がアングロサクソンだったとしても、それを知るのは我が国でもほんの一握りでしょう」

 井上は続けて、報道管制も時間の問題だと告げた。

「国民が今回の事件について知ったら、真っ先に合衆国を疑います。そうなったら世論は沸騰、不信感が生まれ、かの国との同盟維持も難しくなるでしょう」

 山本が畳みかけるように言った。

「つまり、どうにかして落とし前をつけなきゃならんわけだ。合衆国へ逮捕状をつきつけるにしろ、俺たちは国民、兵に納得のいく説明をせにゃならん」

 井上が血相を変えた。

「山本さん、合衆国との対立は避けなければ――我々の敵はあくまでもBMと魔獣ですよ」
「わかっている。だが、殺された兵に申しわけがたたんのは事実だろう」

 米内は立ち上がった。そろそろ時間が迫っていた。彼は国政の長として、説明の義務を果たす必要があった。

「すまないが時間だ。二人とも、この話は夜に改めて頼むよ。場所は赤坂のいつものところで。私は陛下のご宸襟を安んじ奉らねばならんのだ」

 二人の海軍大将は神妙な顔で肯いた。

 その夜、彼等は赤坂の料亭では無く、再び首相官邸に集うことになった。臨時閣議が開かれたからである。

 独逸で政変が起きたと一報が入ったのだ。駐独逸大使館は平文で情勢を送ってきた。

 曰く、ベルリンで大規模なテロが発生、最高指導者のデーニッツ総統、凶弾に倒れる。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く