話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

前夜祭(April Fool) 6

 狭間と呼ばれた少佐はシアトル港の一角へ車を止めさせると、誰も居ないはずの後部座席へ振り向き、話しかけた。

「もう大丈夫だ」

 その一言を合図に、座席のシートが開かれ、中から一人の白人が出てきた。

「ずいぶんと小芝居が長かったな、オロチ」

 白人は少し訛りの入った英語で、コードネームを呼んだ。

「必要なことさ、グレイ」

 オロチは日本語で応えた。

「あそこの検問所が目標に一番近いんだ。私が言うのも何だが、日本人という奴は一度気を許すと相手を疑うことをしなくなる」
「そのための小芝居か?」
「そうさ。それに我々と違って、多くの人間は言葉を交わした相手に敵意を持ちにくい。言語の本質は、他者との意思疎通にあるからな。意思疎通に敵意は相反する感情となる」
「なるほど、君は学者にでもなれば良かったのにな。いや、外交官でも務まりそうだ」

 グレイは至極感心したように肯き、オロチは複雑な表情を浮かべた。
 その間に、彼の兵士役がトランクの隠しスペースからもう一人黒人を連れてきた。

「ったく、ひでえ乗り心地だ」

 黒人は流暢な仏蘭西フランス語を操った。彼のコードネームはオクトだった。

「奴隷船よりはマシだろう?」

 グレイが茶化すように言った。オクトはむっとした顔になり、何かを言いかける。

「早く行こう。予定時刻まで猶予はないぞ」

 狭間の部下役だった兵士は中国語で急かした。コードネームはサイとなっている。
 それぞれ割り当てられたお互いの言語を理解し、話している。彼等はそういう訓練を受けた部隊だった。

 オロチ達はそれぞれ座席に隠した武器を手にした。彼等の言語と対称的に装備は米国産で統一されていた。M1ガーランド、M1バズーカにM50短機関銃などだ。唯一、オロチだけが見慣れない拳銃を持っていた。銃身が異様に長く数カ所に穴が空いている。中国のトンファーのような形状だった。4人は武器の他に、大きな背嚢を背負っていた。彼等が目標を運ぶ際に必要な物が入っている。
「小芝居が長すぎたな。まあ、想定の範囲内だ。さあ、眠り姫を迎えに行こうか」

 指揮官のオロチが先頭に立って歩き出し、3人が後に続いた。

 彼等の目標は、この先の波止場で安置されているはずだった。
 オロチ達は途中、数カ所で寄り道をしながら目標へ向った。万が一のときを考えてのことだった。はたして彼らの予感は的中した。 

 港内に警報が鳴り響いた。うなり声のようなサイレンと共に、放送が侵入者の存在を知らせた。間もなくして、あちこちで日本兵が忙しく動き始める。

 オロチはオクトへ命じた。

「やってくれ」
A vos ordres了解

 オクトは片方の口角を上げると、手元の起爆装置を押した。港内各所で小規模な爆発が生じ、橙色の火炎が巻き起こった。瞬く間に混乱が拡大し、あちこちで銃声が生じる。

「プランBだな」

 グレイがやれやれという具合にM1バズーカを手にした。

「オクト、君は俺に付き合え。攪乱するぞ。日本人と遊ぼうじゃないか」
「二人とも油断するな」

 オロチがたしなめるように言った。オクトが面白くなさそうな顔で応じた。

「それは相手が日本人だからか? 身びいきってやつかい?」
「いいや、違う。向こうに、我々の同業者がいるかもしれないからだ。そいつなら、恐らく我々の目的に感づくだろう」
「オロチの言う通りだ。東洋のことわざでも言うだろう。浅い川も深く渡れだったか?」
「まあ、そんなところだ。我々の渡る川に浅いものなどないがね。それに今回渡らねばならないのは海だ」
「はは、確かに。じゃあ、また後で落ち合おう」

 グレイとオクトは港内に立ち上る炎の群れへ歩き出した。

「さあ、ここからが本番だ」

 オロチ達は爆発とは正反対の方向へ向かった。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く