話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

我々は神では無く(God only knows) 5:終

 儀堂の目の前で、鬼が泣き崩れていた。その姿に、かつての自分を重ね合わせる。

 5年前の東京、帝国大学の講堂で家族の残骸を見せられた後、彼の心は完全に停止した。

 あの後、儀堂はほぼ自動的に遺体を引き取る手続きを済ませた。係員が憔悴しきった声で「ご愁傷様です」と言ったのは覚えている。そして確信した。自分はなんと冷たい男なのだろうかと思った。

 彼は自分の家族の死に際して、涙一つ出てこなかったのだ。

 その後、彼の内に残ったのは無尽の後悔と憎悪だった。それだけが彼を生き残らせてきた。

 以来、儀堂は自身の良心というものに疑いをかけてきた。自身の家族を救えなかったことに対して、自分は声を上げて泣けなかった。

 このオレはいったい何なのだ。
 きっとあの瞬間、オレは壊れたのだと思っていた。
 いいや、違う。
 それは誤りだ。
 目前で嗚咽を上げる鬼を見て、彼は自身の認識を改めた。

 オレは弱かったのだ。今でも弱い男なのだ。

 あの瞬間、小さくなった家族をみたとき、オレは何かの間違いだと心の奥底で思っていたのだ。

 自分が犯した過ちの大きさに耐えきれず、現実を否定していた。
 だからこそ、涙を流す勇気を持てなかったのだ。
 あそこで泣いてしまったら、儀堂衛士は家族の死を受け入れてしまう。
 後戻り不可能な事実を肯定し、逃れようのない喪失感に押しつぶされる。

 オレは自分を守るため、悲しむ代わりに憎悪と後悔へ身を委ねたのだ。

 ああ、畜生。
 薄情ではない、オレは臆病なのだ。
 おぞましい。
 なんと醜い男だ。

 肩をふるわせていたネシスが振り向いた。
 赤い瞳に浮かんだ涙が、深紅の光を帯びている。
 綺麗だと思った。

「ギドーよ。妾の選択は間違っていたのであろうか? 妾はありのままに伝えた。この者、シルクにとって果たして――」
「善かったのだ」

 儀堂は被せるように言った。

「君は最善を尽くした。憐憫でも同情でも無く、はっきりと断言しよう。例え、君がその子のことを思い出すことが出来なくても、その子へ向けた思いに偽りは無い」
「ギドー……」
「見てごらん。穏やかな顔だ」

 黒く硬直した顔だが、その面差しは安らぎに包まれていた。そこに一切の苦悩は認められなかった。

「その子は君に救われたのだ」

 彼は言い切った。
 儀堂はネシスとシルクの会話を理解することが出来なかった。彼の言語体系とにつかぬ言葉で交わされていたからだ。しかし、それでも彼の見解に一切の迷いはなかった。

 ネシスの判断が正しかったかどうかなど、神のみぞ知ることだった。

 儀堂は神でも無く、真実を見通す目は持つはずもなかった。
 しかし、彼は願うことは出来た。
 
 どうか、彼女とその妹に救いと安らぎがあらんことを。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く