話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

我々は神では無く(God only knows) 1

【東京 霞が関 海軍省】
1945年3月20日 昼

 六反田は再び海軍省の大臣室に居座る羽目になった。彼にとっては異例の事態だった。その部屋はつい4日ほど前に、嫌々ながら訪れた場所だった。付け加えるならば、たった今、彼と席を同じくしているメンバーも4日ほど前と全く同じだった。彼を嫌う(彼が嫌っている)二人、井上海軍大臣と山本軍令部総長だった。

「勘弁してくれませんかね。わざわざ、私をここに呼びつける必要があったのですかね?」

 六反田は後頭部をかいた。草色の三種軍装に白い雪が降った。井上はわずかに眉を潜めつつ、本題を切り出した。彼とて、この場を長引かせるつもりは毛頭無かった。

「君は今回の事態を予測していたのかね?」

 井上の元にオアフBM消滅の報せが届いたのは一昨日のことだった。何も知らなければ、誤報と疑いたくなるような内容だった。しかし三航艦司令部は、一隻の駆逐艦と一機の烈風によって、その大戦果がもたらされたと告げてきた。ならば、信じぬ訳にはいかなかった。少なくとも駆逐艦・・・には心当たりがあったのだから。

「全くしていなかったと言えば、嘘になりますね」

 六反田は胸ポケットからオレンジ色のパッケージの煙草を取り出した。卓上のマッチをすると一息吐いた。

「まあ、可能性のひとつぐらいで考えていました。そうですね。横須賀空襲が偶然の産物とは到底思えませんでしたから。あの鬼のお嬢さんネシスが目を覚ましてから数日も経たずして、横須賀が襲われたわけです。しかも、空襲当日は本人があの場に居たわけで、こいつに因果関係がないと言い切るにはよほどの楽観主義者でしょう。再び、何か仕掛けてきてもおかしくはない。まあ、さすがに私もBMが釣れる・・・なんて思いもしませんでしたが――」
「何にせよ。大手柄にはなったわけだ」

 山本が糖分を過剰に含んだコーヒーをソーサーの上に置いた。

「船団は危機を脱し、驚くほどの軽微な損害で、あのオアフBMを消失させた。満足すべき結果だろう。聞くところによれば、君の仮説は証明されたそうじゃないか」

 山本は含むように言った。彼の手元には、月読機関を介さず独自のルートで手にれた報告書があった。それはBM内へ突入した烈風、その搭乗員の証言をまとめたものだった。

「私の仮説では無く、ネシスの証言ですよ」

 六反田は眉一つ動かさず首をかしげると、内心で舌打ちをしていた。校長室に呼び出されたような気分だった。要するに隠し立てするなと山本は言っているのだ。

「それで、お二人とも何をご所望ですかね? 報告書ペーパーなら、もう少し待ってもらえませんか? <宵月>がシアトルに着くまで、こちらもまともに連絡がとれんのですから」
「僕らじゃない」

 井上は六反田の認識を訂正すると、唐突に電話が鳴った。井上は事前に知っていたかのように立ち上がると、受話器を取った。短い返事の後で、彼は受話器を置いた。

「はて、またぞろ、どこかのBMが消えましたか?」

 六反田は口元に揶揄するように言った。井上は意に返さなかった。

「これから、我々と一緒に来てもらう」
「いったい、どこへですか?」
「首相官邸だ。米内さんが僕らを呼んでいる」

 米内総理大臣の名を出されても、六反田の態度は変わらなかった。

「それで、要件は?」
「合衆国だよ」

 山本がやれやれという具合に立ち上がった。

「駐米大使館から連絡があった。今回の件で合衆国政府が難癖を付けているそうだ。特に君のところの<宵月>についてね。彼等は情報の公開を求めている」
「よもや、<宵月>を引き渡すつもりじゃあないでしょうねえ」

 低い声で六反田は言った。

「莫迦を言え。そうせぬために話をしに行くのだ」
「ならば、構いませんよ」

 打って変わって快活きわまりない表情で六反田は立ち上がった。
 山本の真意を探るために、意図的に反抗を演じていたのだ。反応を見る限り、この戦争における共犯関係は未だに継続中らしい。

「それで、アメさんは何と言ってきているのですか?」
「知らんよ。それをこれから聞きに行くのだ。だが、碌でもないことは確かだろう」

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く