話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

太平洋の嵐(Pacific storm) 3

【北太平洋上 オアフBM周辺】

 戸張の烈風小隊がオアフBMを目視で捕らえたのは、発艦から30分後のことだった。ワイバーン迎撃戦と異なり、今度は一番乗りというわけにはならなかった。

 彼等に限らず、三航艦の航空隊全機が先を越されていた。

 彼等が目にしたのは、直径30キロはあると思われる巨大な黒い球体、それを悠然と取り巻く数百機の艦載機だった。複数の機種で構成さていたが、どれもが白星ホワイトスター紋章エンブレムを背負っていた。

 合衆国海軍の攻撃部隊だった。

 数十機単位の編隊を組み、オアフBMへ波状攻撃を仕掛けていた。
 圧巻と言うほか無かった。

 一種の憧憬すら戸張は覚えた。

=====================

【北太平洋上 USS合衆国海軍第5艦隊 戦艦<ニュージャージー>】

 このときオアフBMへ強襲をかけたのは、ウィリアム・ハルゼー中将麾下の第5艦隊より発艦した300機の攻撃隊だった。内訳は艦上戦闘機F6Fヘルキャット120機に、艦上攻撃機TBFアヴェンジャー80機、艦上爆撃機SB2Cヘルダイヴァー100機だった。第5艦隊が保有する航空戦力の全力が投入されていた。

 艦隊司令部に攻撃隊第一波の攻撃開始の報告が入ったのは、戸張が到着する10分ほど前のことだった。まさに間一髪の差だった。

「ジャップに先を越されずに済んだか」

 戦艦ニュージャージーのCIC戦闘指揮所でハルゼ―は満足げな笑みを浮かべた。

「提督、彼等は同盟国です。それに、その呼び名ジャップは止めるようにニミッツ長官から……」

 参謀の一人が恐る恐る、彼に諌言する。ハルゼ―の顔から笑みが消え、眉間に深い皺が刻まれた。まさに猛牛のあだ名に相応しい、鬼気迫る面相だった。

「ジャップはジャップだ。知っているだろう。奴らが真珠湾に何を仕掛けようとしていたのか」
「それは――」

 5年前、真珠湾攻撃が未遂に終わった後で、日本は大規模な演習を北太平洋で行ったと発表した。もちろん、それは真実ではなかった。日本と合衆国は対魔獣同盟締結のために、日米開戦の事実を歴史の闇へ葬り去ることにしたのだった。

 一部の高官は、日本が何を企んでいたのか真実を知っていた。ハルゼ―はその中の一人だった。

 彼は、真珠湾の日1941年12月7日以来、日本に対してぬぐえぬ疑念を抱いたまま艦隊の指揮を執っていた。今だって、いつ裏切って攻撃してくるかわからないと本気で思っている。

 オアフBMが日本の艦隊へ向っていると聞いたとき、彼は放っておけとすら言っていた。いっそのこと好都合だった。どうせ魔獣との戦争が終われば、次は奴らとの戦いになるのだ。BMによって沈められるか、オレ達の手で沈めてやるか二択でしか無い。

 彼が自分の意思を変えたのは、良心によるものではなかった。彼の性格を知り尽くしていた太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツが一本の電文を送りつけたからだ。

"汝は合衆国の仇を日本にとらせるや?"

 『お前は、日本に功を譲る気なのか』と問うたのである。ハルゼ―は遠回しに臆病者と言われているように受け取った。まさにニミッツの思惑通りだった。

 電文は抜群の効果を発揮し、猛牛ブルハルゼ―の闘志に火を点けた。いささか効果を発揮しすぎたきらいがあった。彼は航空攻撃のみならず、戦艦による砲撃でBMを仕留めようとしていた。母艦戦力を少数の護衛と共に切り離し、最新鋭の戦艦アイオワ級二隻を率いてオアフBMの元へ急行していた。

=====================

 待機命令が編隊長より、戸張の小隊へ発せられた。どうやら合衆国軍の攻撃が終わるまで、待ちぼうけを食わされるらしい。

「ったく、早くしてくれよ。日が暮れちまう」

 ぼやきながら、遠巻きにオアフBMを伺う。
 正直なところ、戸張達の出番があるのかすら怪しいと思い始めていた。

 合衆国軍の攻撃隊は、もちうる全ての手段をもって、徹底した攻撃をオアフBMへ加えていた。
 機銃掃射、急降下爆撃、水平爆撃、ロケット弾による制圧射撃。
 あらゆる火器によって、黒い月は毒々しいオレンジ色の火炎に包まれていた。オアフBMのあちこちで小規模な爆発が生じていた。

――派手にやりやがる。

 そう思いながら、しっくりと来ないものがあった。腑に落ちないというべきだろう。

 オアフBMは合衆国軍機の攻撃をただひたすら受け続けていた。全く効果が無いようには思えない。事実、BMの進行は止まっている。だからこそ、戸張は違和感を覚えた。

――なんで、アイツBMやられっぱなしなんだ?

 彼の経験上、そろそろ反撃が来てもおかしくはない。ヤツから一定の距離を取るべきだろう。

 そう思ったときだった。

 オアフBMが鈍い光を放ち始めた。

 全機散開の命令が日米双方の編隊長から発せられた。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く