話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

太平洋の嵐(Pacific storm) 2

 アームストロング少佐のERB-29より、ハワイBMが消失の報告がもたらされたのは3月17日、午前6時32分のことだった。直後、統合参謀本部長のウィリアム・リーヒ海軍元帥は全軍に警戒態勢を取らせた。彼が想定した最悪の事態は、オアフ島のBM(以後、オアフBM)に北米西海岸を蹂躙されることだった。それだけはいかなる犠牲を払ってでも防がなければならなかった。仮にそのような事態が現出した場合、合衆国は戦争遂行能力を失うことになる。

 まずは西海岸全域の陸海軍の航空基地から哨戒機を発進させた。続いて西太平洋で行動中の艦隊を本土へ呼び戻した。

 同様の措置を日本軍が取ったのは現地時刻における3月16日午前11時すぎのことだった。BM消失の報せは、それよりも遙か前にもたらされていたのだが、陸海軍の首脳部へ伝達する過程で遅延が生じた。合衆国の統合参謀本部のような全軍を統括する機関が、日本になかったためである。後に同様の組織として、日本でも統合軍令部が設立されるが、それは数年先の話であった。

 結果的に、日本では陸海軍がそれぞれ独自の行動をとった。彼等は内地はもちろん、南太平洋に点在する航空基地に対して緊急発進スクランブルをかけ、探索可能な海域を洗いざらい見て回ることになった。

 YS87船団と第三航空艦隊に報せが届いたのは、さらに遅れて3時間後のことだった。その頃、彼等は飛行型魔獣ワイバーンの大群の襲撃の始末をようやくつけたところだった。

 最初にオアフBMを発見したのはガトー級潜水艦フラッシャーSS-249だった。慣熟訓練中で、偶然浮上した先でオアフBMと鉢合わすかたちになった。フラッシャーは位置と時間を打電した直後、消息を絶った。彼女が残した遺言は以下の通りだった。
 
『こちらSS-249フラッシャー、北緯45°西経153°にてオアフBMを認む。時刻は13時36分』

 そこはYS87船団の南方300海里約540kmにあたる。

=====================

【北太平洋上 第三航空艦隊】
1945年3月17日 午後4時

 オアフBM接近の報せを受けて、三航艦司令部は大慌てで航空隊を呼び戻した。加来司令を始め幕僚達は、自分たちに残された選択肢が限られていることを自覚していた。

 このまま推移すれば、YS87船団は確実にオアフBMへ捕捉される。ならば、やるべきことは一つだった。彼らは海軍軍人であり、果たすべき義務がある。

 加来は航空隊の換装と再出撃を命じた。今ならば夕刻にはBMを強襲できるだろう。次いで隷下の艦艇の大半をBMへ対して振り向けた。撃破は困難だろうが、時間稼ぎにはなる。その間に船団を北西へ退避させるつもりだった。

 ワイバーンの迎撃戦闘終結から3時間後、再び制空隊の烈風が大鳳の甲板を飛び立っていった。

=====================

 出撃前、戸張は僚機の飛行曹長二人へ賭け金を渡した。その結果、彼の懐は氷河期へ突入していた。

「ド畜生の唐変木めが! オレは二度と賭けなんてしねえぞ!」

 烈風の操縦席で戸張は毒づいた。今日という日は彼にとっては厄日に違いなかった。確かに大空に敵を求めていたが、いくらなんでも極端すぎるだろうが。よりにもよって、BMを寄越してくるなんて、この世の神全てを呪いたくなってくる。

 是非とも、このまま済ますわけにいかない。オレの懐を氷河期に変えやがった魔獣どもに一泡吹かせなければ、腹の虫が治まらないではないか。

 要するに八つ当たりをしたいわけである。

 無線越しに上官の罵倒を聞いていた僚機二人は、そのような結論を下していた。

=====================

 <宵月>の艦橋で、儀堂大尉は黙り込んでいた。彼は三航艦の要請に従い、オアフBMへ向けて艦を最大戦速で航行させていた。彼女宵月の周囲には三航艦の艦艇が併走している。

 三航艦の加来中将は、わざわざ無線で儀堂に礼を言ってきた。直接会ったことは無いが、人格者なのだろうと思った。三航艦は<宵月>に命じる立場に無いから、断っても問題ないはずだった。

 しかし、儀堂に断る意思は全く無かった。むしろ彼は要請が無くとも自ら迎撃に赴くつもりだった。

 今彼の胸中で渦巻いているのは自身に対する純粋な怒りだった。

――オレは莫迦野郎だ

 気づかなければいけなかったのだ。
 なぜ、ワイバーンどもが、こんな寒空の北太平洋になんぞ現われたのか。
 いや、それも違う。

 現われることが・・・・・・・可能だったのか・・・・・・・、考えを巡らせるべきだった。

 本来ならばワイバーンの体力で長距離を渡洋してくるなど不可能だ。ならばどうやって奴らは渡ってきたのか?

 簡単な話だ。すぐそこにBMがあったからだ。

 思い返せば、ここ数日の出来事も全てそれで説明が付いた。魔獣の襲撃が激化したことも、ネシスが連日見た悪夢も何らかの繋がりがあったのだろう。

――クソッタレが、今になって納得してどうするのだ

 舌打ちをしたいところ、ようやく堪える。彼は努めて感情を表に出さぬようにしていたが、それでも苛立ちを隠しきれずにいた。その点において儀堂は未だに26歳の青年であった。

 無線越しでも儀堂の揺らぎは伝わっていたらしく、ネシスが恐る恐る語りかけてきた。

『ギドー……』
「なんだ?」
『すまぬ。妾の落ち度である』
「……」
『あの悪夢を見たとき、こうなることはわかっておったはずなのじゃ。あれの呼び声が強くなる自覚があったのに、妾は――』
「道理ではないな」
『?』
オレ達・・・の落ち度だ。オレとお前以外に、恐らく今回の事態を予測し得たものはいない。ならば、この始末はオレ達でつけねばならないだろう」
『……そうじゃな』
「ネシス……オレの役に立ってくれ」
『……フフ、何を今更。もとよりそのつもりじゃ』
 <宵月>がオアフBMと接触したのは、一時間後のことだった。

 その頃には既に航空隊による攻撃が開始されていた。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く