話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

対獣戦闘(Anti-beast warfare) 1

【北太平洋上 駆逐艦<宵月>よいづき
 1945年3月17日 朝

 翌朝、儀堂は身体の節々をさすりながら儀堂は艦橋に上がった。
 まさに昨夜の睡眠は苦行だった。

 航海日誌を付けた後、床に寝転んだものの、寒すぎてとても眠れたものでは無かった。鋼鉄の床は容赦なく儀堂の体温を奪い、凍死するかと思うほどだった。暦上は3月だが、北太平洋の気候は真冬に等しかった。

 結局儀堂は、簡易机に突っ伏して仮眠をとることしかできなかった。室内の電気ストーブヒーターがまともに機能してくれたことだけが救いだった。二度と、あいつネシスに寝床を貸してやるものかと固く決意した。当の本人は昨夜は安眠だったらしく、ご丁寧にも当直時刻よりも遙か前に起こしてくれた。

「艦長、おはようござ……大丈夫ですか? 顔色が優れませんが?」
 副長の興津中尉が怪訝な顔を向けていた。儀堂は軽く手を振った。
「問題ないよ。それよりも例の意見具申はどうなったのかな?」
「先ほど、(第三航空艦隊)司令部より、許可をいただきました」
「それは何よりだ。これより<宵月>は外周警戒ピケットの任務に就く。機関最大戦速、面舵一杯」

 <宵月>は大きく艦首を回頭させると、船団の外側へ向けて航行を開始した。太平洋の波濤を切り裂いて、進み、彼女が目指したのは船団外周部の海域だった。船団中心部から見て、真南に当たる。

 儀堂が知る限り、ここ連日の襲撃は南方から行われていた。単独個体の襲撃は除くにしろ、大規模な魔獣群は船団を南から押し上げるように、襲来してきている。彼等YS船団から見て、南方にはハワイ諸島があった。今や魔獣の巣窟となって久しい南国の魔境である。

 もし、ネシスの夢が一連の襲撃と関係があるのならば、再度南方から来るであろうと、儀堂は予測した。これは儀堂に限らず第三航空艦隊(以下、三航艦)の司令部の見解とも一致していた。彼等は船団外周の中でも、南へ戦力を集中させるつもりだった。

 本来、儀堂の<宵月>は月読機関所属の艦であり、連合艦隊隷下である三航艦から命令を下すことは出来なかった。あくまでも、三航艦司令部は<宵月>へ要請・・を出すのみで、強制権はない。儀堂の申し出は渡りに船だったのである。

 一時間もしないうちに、<宵月>は指定のあった位置についた。

 <宵月>は電探、聴音、そして肉眼による観測、あらゆる手段を投じて全方位へ警戒を開始した。
 儀堂は対空指揮所へ登り、左舷へ双眼鏡を構えた。波間に漂う無数の船の姿がよく見渡せた。まるで木の葉のように揺らされている。<宵月>とて例外では無かった。彼の視界はピッチング上下動により、万華鏡のごとく目まぐるしく展開している。誰かが吐瀉する音が後背より聞こえた。どうやら船酔いに慣れない見張員がいるらしい。

 この日の北太平洋の気象状況を語るならば、次の通りである。

 天気晴朗なれども波高し。

=====================

【北太平洋上 航空母艦<大鳳>飛行甲板】
 1945年3月17日 朝

 空母<大鳳たいほう>、他2隻の空母は船団後方20キロの位置で遷移していた。周辺には護衛として、数隻の護衛艦艇が取り囲んでいる。

 たった今、彼女大鳳は母艦としての本分を果たそうとしている。

『キヨセ1より指揮室、発艦準備良し』
『こちら指揮室。キヨセ1、発艦位置に着け』

 飛行甲板前部の遮風柵が倒れるのを認め、戸張寛とばりひろし中尉は艦上戦闘機、烈風を移動させた。後続には僚機が2機控えている。

 甲板上部より蒸気がすっと流れるようにまっすぐと伸びている。風向を確かめるために意図的に漏らされた蒸気だった。<大鳳>は最新鋭艦だけに、腕の良い操舵員を配置しているらしい。風上を向いた、理想的な針路だ。

 戸張はスロットルを徐々に開き、誘導員の指示の元で位置に着くと、スロットルを全開にした。
『キヨセ1、発艦する』

 機体が急加速し、操縦席に身体が押しつけられ、一気に飛行甲板から飛び出す。ふいに三半規管が落下の感覚を発信するや、戸張は操縦桿とラダーペダルへ自分の意思を伝えた。機体は頼もしいレシプロエンジンの咆哮を響かせ、上昇へ転じる。

 戸張に続き、僚機2機も無事に発艦を終えた。
 3機は他の編隊と共に直掩任務に就くところだった。

『キヨセ1より、お前等どっちに賭けたんだ?』
『こちらキヨセ2、自分はタコです』
『キヨセ3、私はヘビに賭けました』
『ああ、そう。オレはテングに賭けたぞ』
『またですか?』
『隊長、いい加減にしないと破産しますよ』

 ちょっとした賭け事の話だ。彼等は発艦前に次に現われる魔獣のタイプを予想し、それぞれ持ち金を賭けている。戸張は常にテング(人型の飛行魔獣、米英はデーモンと呼んでいる)に賭けていた。結果は今まで全敗である。

『ほっとけ』

 戸張はぼやくように言った。正直なところ、彼は自分の願望を賭けていた。全く不謹慎なことに、彼は戦闘に飢えていたのである。

 今日に至るまで彼ら戦闘機隊は、まともな活躍の場を得ることが無かった。

 せいぜい上空から海上を監視し、接近する魔獣を発見、船団へ通報するくらいだった。それ自体はかなりの成果であるが、戦闘機の本分とかけ離れているように戸張は感じていた。

 彼は制空戦を望んでいた。機体を縦横無尽に操り、機銃をうならせる戦いだ。

 しかし、太平洋のど真ん中で、そのような自体は滅多に起こりえなかった。いや皆無だった。飛行型の魔獣は体力に劣り、大洋を渡って侵攻することが不可能だった。

――畜生。オレが横須賀にいれば……!

 つくづく今年初めの横須賀空襲のとき、出遅れたのが悔やまれる。彼の編隊は、その当時訓練中で搭載していたのは模擬弾だった。基地に大慌てで帰還し、爆装して横須賀に駆けつけた頃には全てが終わっていた。

 あれから3ヶ月、彼の編隊もようやく烈風に習熟したところだ。そろそろ、そいつを試す機会が訪れてもいいのではなかろうか?

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く