話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

暗夜航路(Dark waters) 4:終

「……何をやっている?」
「見てわからぬのか。お主を待ちくたびれて、寝ていたのだ。それにしても、この寝床は固すぎるのではないか。お主にとって、睡眠とは苦行なのか?」

 儀堂は額に手を当てた。頭痛の気配がしてきた。

「そういうことじゃないと、わかるだろう。なんでここにいる? ここはオレの部屋だ。お前の部屋にはもっと良いベッドがあるだろう。眠たいなら、そこで寝ろ」 

 儀堂は自分の後方にある扉の方を指さした。確かに、今日の戦闘で様子がおかしかったので、ネシスのことが気にはなっていた。だが、正直なところ、今は勘弁して欲しかった。丸一日艦橋で指揮を執った上に、あの独逸令嬢と極寒の甲板で暗澹たる会話を繰り広げた後なのだ。脳みそが休養を欲していた。

 ネシスはそっぽ向くと、黙りこくってしまった。拗ねたようだ。こいつと出会って2ヶ月以上経とうとしているが、相変わらず何を考えているのかわからなかった。妙齢の女性のように、こちらを手玉に取ってくるかと思えば、今日のようにまるで幼子のような態度をとることもある。

 儀堂は取りあえず、ベッドの端に腰掛けた。

「何か、オレに用なのかい?」
「………」
「言っておくが、答えなければオレはこのまま床で眠るぞ」
「最近、よく夢を見るのじゃ」

 ぽつりと呟くようにネシスは言った。顔は向こうを向いたままで、表情はうかがえない。

「夢?」
「ここ二、三日、頻繁に現われおる。今日の戦いの前もそうじゃった。妾は夢を見ておった」
「なるほど」

 相づちを打ちながら、儀堂はあることに気がついた。やはり、こいつ戦闘前に寝てやがったな。

「それで、怖い夢でも見たのかい?」
「……そういうわけではない」

 そういうわけなのだろうと思った。

「妾が、そんな夢ごときで、このような真似に及ぶと思うのか」
「ああ」
「否定せよ!」

 ネシスは怒った顔で起き上がった。怒り顔を初めて見たような気がする。

「無礼にもほどがあろう!」
「すまない。で、どんな夢を見たのだ?」
「夢の中で、誰かが妾の名前を呼んでおった……」
「名前を? つまり、君を知っているものの夢だな。まさか――」

 儀堂は思わず、ネシスのすぐ側まで身を乗り出した。知人が出てくると言うことは、あることを示唆していた。

「記憶が戻ったのか?」
「違う。あ、いいや、わからぬ。誰の声かも、妾には思い出せぬ。ただ、あれは泣いておった。聞くに堪えられないほどの叫びじゃ。心を削り取られるような慟哭であった。妾には聞き覚えがある。何しろ、ほんの少し前に、妾も同様の叫びを上げておったのだ。あの忌々しい、黒い牢獄BMの中で……!」

 ネシスの瞳に光るものを認められた。

「相手の姿は見えたのか? それとも声だけか?」
「声だけじゃ。ギドーよ。あれは妾に助けを求めておった。きっと妾に近しいものに違いない。ああ、あの慟哭、妾の耳にこびりついて離れぬ。妾はどうすれば良いのだ……」
「それは――」

 儀堂はネシスから目を逸らした。誤魔化すつもりは無かった。彼にも似たような経験があるのだ。今でも思い起こさせる。家族の遺体を引き取った日のことを。数秒の間をおいて、再び儀堂はネシスと向き合った。

「二つだけ確かなことがある」
「……なんじゃ?」
「まず忘れないことだ。君に助けを求めるものがいることを、あるいはいたかもしれないことを。君はその人物が誰か思い出す義務がある。これは私からすれば自明だ。なぜならば、君が思い出さねば、恐らくその者は報われる機会を永久に逸するからだ」
「………」
「次に、君がここにいるということだ。ここは帝国海軍所属の<宵月>であって、あの黒い月ではない。君を束縛するもの、できるものは皆無だろう。帝国海軍はおろか、人類の中で君を制約できるものはいない。ああ、そうだ。オレは例外だからな。君をこき使う心づもりだ」

 ネシスは吹き出すように笑った。

「お主とはそういう約束じゃからな」
「そうだ。存分に働いてもらう。ただ、そのためには君が万全でなければ困る。というわけで、もう寝ろ」
「ギドー、一つ頼みがある」
「なんだ?」
「この寝床を妾に預けよ」
「……そこで寝るのは苦行と口走らなかったか?」
「そんなこと言ったかのう」

 ギドーは首を振った。ここで自室へ戻して、悪夢とやらに精神を乱されても困る。

「勝手にしろ」
「無論、そうさせてもらう」

 ネシスはそういうと再び寝転がった。

「ああ、そうじゃ。妾と同衾するのを許すぞ」
「断る」
「なんじゃ、つれないのう」
「オレにはやることがあるのだ」
「艦長とやらの仕事か?」
「そうだ。だから、早く寝ろ」

 ギドーはベッドから立ち上がると、備え付けの簡易机の方へ向った。実際、彼には仕事が残っていた。今日の航海日誌を書かねばならない。ネシスは、机で何やら書き留める儀堂の姿をしばらく見ていたが、やがてネジが切れたように寝息を立て始めた。

――ようやく眠ったか。

 机から振り向き、寝顔を確認すると、儀堂は航海日誌の続きを書いた。全く今日は書くネタだけは困らなそうだった。もっとも全てを書くことはできないだろう。特にあの独逸令嬢との会話は。

「夢か……」

 あのネシスが、ああも怯えるとは相当な悪夢だったのだろう。ここ二、三日前から続いていると言っていたが、今後も続くようならば軍医に診せる必要が出てきそうだ。医者に診せて何とかなる類いのものならばいいのだが、望み薄だった。

「よりにもよって、魔獣の襲撃が活発化してきているというのに――」

 日誌のページをめくり、過去を振り返る。ちょうど三日前から魔獣の襲撃頻度が活発化してきていた。しかも日を追うごとに、襲撃の規模が大きくなっている。
 儀堂は、妙な因果を感じてしまった。

――ただの偶然だろうか?

 それにしては不穏な一致だった。
 しばらく考えた後、儀堂は備え付けられた高声電話は手に取った。小声で呼び出し先に話しかける。

「儀堂だ。副長、ひとつ頼みがある。三航艦第三航空艦隊の司令部へ意見具申をする。陣形の再編だ。<宵月>を警戒ピケット担当に当ててもらう。位置は――」


「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く