話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-

弐進座

暗夜航路(Dark waters) 1

【北太平洋上 魔導艦<宵月>】
 1945年3月16日 夜

 儀堂が艦橋を降りたのは、20時を回った頃だった。これで丸一日艦橋へ詰めていたことになる。本来なら正午で副長の興津中尉と交代するはずだったが、魔獣の襲撃によって機会を逸した。
 よくある事態だから、別段気にもとめていない。

 世の中が自分の都合で回っているわけではないのだ。その思考が許されるのは乳飲み子までだと儀堂は考えていた。

 僅かに疲労を感じながら、儀堂は艦内中央の区画へ出向いた。本来ならば、そのまま艦長室へ戻るつもりだったのだが、昼間のネシスとのやりとりがどうも喉奥に刺さった小骨のように心の奥で疼いていた。

 分厚い水密扉を3回、強くノックした。一見すると殴打しているように見えるが、仕様が無いことだった。厚さ15センチ近くある扉ならば、生半可な力で叩いても反対側まで音が響かない。彼は、士官オフィサーとしてあるべき振る舞いを士官学校時代に叩き込まれていた。彼が強引なノックを行使したのも、婦人レディの部屋へ入る際の儀礼マナーをある意味愚直なほど忠実に守ろうと努力した結果だった。

 もっとも、今回に限りその努力は意味をなさなかった。

「失礼……」

 水密扉を開いた先は、<宵月>の心臓部、魔導機関メイガス室だ。すでに戦闘配置は解除されていたため、室内灯の白熱球で照らされていた。室内には二人の女性がいた。

 御調少尉とリッテルハイム女史だった。銀色の筒、ネシスが収まっている魔導接続機を挟んで両側に立っていた。
 御調少尉が敬礼をした。儀堂は軽く手を上げて応えた。リッテルハイムは儀堂の存在など意に介さず、魔導接続機の近くにある演算機を何やら弄っていた。

 御調少尉は手を下ろした。
「艦長いかがなさいました?」
「いや、ネシスはまだそこにいるのかな?」
「いいえ、彼女はつい先ほど出て行きました。恐らく自室へ戻ったのでは?」
「そうか……」
「その、何か、ご用でしたか?」
「いや、大したことじゃない。ありがとう」
 その場を立ち去ろうとした儀堂に背後から声がかけられた。
「ちょっと艦長カピティン、よろしくて?」

 リッテルハイムだった。儀堂は不穏な気配を感じながら、振り向いた。どうも、この独逸人とはそりの合わないところがあった。

「私、甲板デッキへ出てもいいかしら? 外の空気を吸いたいの」
「ええ、かまいませんよ。すぐに誰か呼びましょう」

 リッテルハイムは部外者だったため、自室と魔導機関室以外の立ち入りを原則として禁じられていた。その他の区画へ出入りする際は必ず護衛見張りの兵を付けられることになっている。

「いいえ、それには及ばないわ。あなたにエスコートをお願いしたいの」

 リッテルハイムは口元は笑っていたが、豹のように挑むような目つきだった。儀堂は少し考えた後に、承諾した。要するに話があるのだろう。ここで断ったところで、この独逸人は何かにかこつけて彼へ接近してくるのではないかと思った。そうなると余計な面倒を誘発することになりかねない。下手をして、勝手に艦内を歩き回られてはたまったものではなかった。

 第一、兵の士気へ悪影響を及ぼす。

 長期航海に加え、度重なる戦闘で兵士の神経にかかる負担は相当なものだ。ただでさえ緊張が高ぶっている艦内を、見目も麗しい西洋人が跋扈するなど考えたくもない絵面だった。

 儀堂は爽快ともとれる笑みで返した。
「光栄ですね、フロイライン・リッテルハイム。それでは外套をお持ちになった方が良いですよ。外は目の覚めるような寒さだ」

 二人は連れだって、魔導機関室を出た。

=====================

 後部甲板に出た途端、北太平洋の冷たい風が二人を包み込んだ。今日の海は比較的穏やかな方だったが、北洋の海では珍しいことだった。まるで嵐の前の静けさだ。

「え、こんなに冷えるの……?」

 リッテルハイムは目を丸くして、身体を縮込ませた。先ほどの威勢もどこかへ吹き飛んでいる。どうやら寒いのは苦手なようだ。なんでまた、甲板なぞに出ようと思ったのかと思う。

「冷えると言ったでしょう。北太平洋は初めてですか? だいたいが、こんなものです。むしろ今日は暖かい方だ」
 儀堂は苦笑を堪えながら、言った。
「そ、そうよ……。ああもう、だいたい誰かさんのご命令で、まともに出歩けなかったんだから、仕方ないじゃない」

 言葉こそキツいものだったが、格好が全く伴わなかった。歯の根を鳴らしながら身体を丸めており、まるで借りてきた猫のようである。ある種の可愛げを醸し出していた。

 リッテルハイムは懐から煙草を取り出した。灯火管制下なら止めていたが、今は違う。彼女は自前のライターで火を点けようとしたが、手が震えて難儀なことになっていた。

 儀堂は彼女へ手を差し出した。
「よろしければ――」
「ええ、お願い」
 儀堂はライターを受け取ると、彼女の口元へ持って行った。
ありがとうダンケ
「いいえ――」
「ところで、少し聞きたいことがあるの」

 来たなと思った。直裁的な彼女の性格に感謝した。どうでも良い前置き世間話をする輩を儀堂は好まなかった。

「あの鬼だけど――」
「ネシスですね」

 儀堂が言い直したことに、リッテルハイムは少し驚いたようだった。

「レッドサンブラックムーン -機密解除された第二次大戦における<異世界からの干渉>および<魔獣との戦闘>に関する記録と証言について-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く